長男は高3の3学期に単位がとれず、卒業できないことが決定しました。

今から2年前のことです。

 

取れなかった単位は「情報」

 

なんでこんな教科が取れないかな、適当に課題さえ出しておけば単位を貰えそうな教科なのにね。

 

スポンサーリンク



 

 

高校退学!?

 

この時、大学受験に向けて一生懸命勉強していたため、高校を卒業できない事実がショックでショックで。

 

この時の長男の選択肢は3つ。

 

①高校を退学して高認試験を受け、次の年の大学受験を目指す

②地獄のような課題をこなしてなんとか卒業し、次の年の大学受験を目指す。

③もう1回高校3年生をやり、次の年の大学受験を目指す。

 

そして、長男が選んだのは①でした。

この3つのうち、長男にとって一番ラクな選択肢でした。

 

今思えば、どうせどれを選んでも浪人決定だったから②にすればよかったかな、と思ったり。

 

ただ、長男にとって②の選択はイチバン苦痛だったんですよね。

 

長男「②にするくらいなら③の方がぜんぜんいい!」

 

と言うんです。

 

言ったけど、私や夫がもっともっと必死で説得すれば②にしただろうな、とは思います(長男は押しに弱い)

 

しかし、私も夫も長男の選択にOK出しました。

 

そして、高3の2月に退学届けを提出。

 

退学届の書類を書くのは辛かったなぁ・・・

(´・ω・`)

 

 

高認試験

 

高認試験、正式名は高等学校卒業程度認定試験です。

昭和世代の私は大学検定という言葉の方がなじみ深い。

 

そんな高認試験の季節が近づいてきました。

 

高認試験は年に2回あります。

8月と11月。

 

長男は8月の高認試験に無事合格することができ、次の年の大学受験の合格し、現在大学生になっています。

 

 

とまあ、長男が大学生になるために紆余曲折してるので、私の次男に対する意気込みがちょっと低くなっています。

 

「とりあえず高校卒業してくれれば・・・」って

 

多分、次男は要領がいいので、長男みたいになることはないと思いますが、人生、何が起きるか分かりませんもんね