7月、ノートパソコンを購入しました。

 

11.6型の計量が売りで、Microsoft Office付きで5万円。

無くても困らないけど、あったらうれしいな、と言う程度のものを購入。

 

なんとなく私の財布のひもが緩くなったのは、ボーナスが出たのと私の誕生日が重なったからかな。

 

でも、私は誕生日だから、ボーナスが出たからと買い物をするタイプではないので、すっごく珍しいことです。考えに考えて購入を決めました。

 

スポンサーリンク



 

そして同じころの夏休み前、次男が学校で大学受験を据えた説明会を聞いて、ちょっとやる気になりました。

 

先生にとって高2の子どもをその気にさせるのはお手のもんです。

 

勉強頑張る!というので、個別指導塾の無料体験に行きました。

 

高2の次男が頑張るって言っても、一人で黙々と勉強するなんてとても無理だろう。塾に通えば宿題が出るし、人目があるから何とか勉強できるかな、という私の判断です。

 

夏休み前にその気になったけど、しばらく経つと、やる気があるんだかないんだか。

子どものやる気なんてこんなもんです。

 

こんな中途半端な状況でしたが、次男本人がやる!というので結局、入塾決定。

 

月4回1教科(英語)です。

 

夏休み中、部活にも入ってないので、ダラダラ過ごされるのもイヤだし、塾が長い夏休みのワンクッションになってくれればいいかな。

 

 

申込書を7月最終日に提出。

塾は8月から開始です。

 

そして1週間、早速請求書が送られてきました。

ひと月2万3千円(税込み)で、2カ月分の請求書、計4万6千円。

 

パソコンの値段と変わらない・・・

 

5万円のノートパソコンは考えに考えてやっとの思いで購入したのに、微妙なやる気の次男の塾代はポンポン出す。

 

教育費って恐ろしい。親の金銭感覚をマヒさせますね。