現在浪人生の次男、受験勉強をそれなりに頑張っています。

 

そんな次男は偏差値が中の下の都立高校に通っていました。

中の下なので、毎年、上位クラスが日東駒専、マーチが一人二人いるかなーという合格実績です。

半分くらいは専門学校かな。

 

そんな中、去年、次男の同級生が現役で二人、早慶に合格しました。

今まで、マーチレベルが一人二人だったのに、早慶が二人です。しかも早慶の中でも人気の学部。

 

 

たい子
たい子
次男の高校で早慶ってすごいね~

 

次男
次男
一人は1年の時からコツコツコツコツ頑張ってたんだけど、もう一人は3年になってからいきなり出てきたんだよ

 

たい子
たい子
自頭がいいのに全然勉強しないで次男の高校にやってきて、高3になって勉強してみたら思わずできちゃったって感じかな?

羨ましいね~

 

次男
次男
そいつがね、去年の秋ごろ、「英語は終わった」って言ってたんだよ。

 

たい子
たい子
英語が終わる?終わるってどういうことなの?

 

次男
次男

 

「ね」って(^^;

 

英語は「単語・文法・長文」

 

大学受験の英語で必須とよく言われているのが「単語の暗記、文法の理解、長文読解」の3つです。

 

単語の暗記と文法の理解、長文読解の3本柱が終わることってどいうことなんでしょう。

 

単語の暗記は大学受験の単語帳を覚えるということですよね。

早慶クラスだと最低7000語と言われています。

 

 

文法の理解は、文法の参考書を他人に説明できるレベルまで理解し、それを使って文章を作れるようになればOKなんだとか。

 

英文を作れるようになるというのはなかなか難しそう・・・

 

そして長文読解は、過去問や問題集の長文をいっぱい読んで解く。しかもスピーディに。

 

センター英語は文章自体はそんなに難しくないので、じっくり読めば理解できるそうですが、じっくり読んでる時間がないので、ひっかかりやすいんだとか。

 

スピーディに正確に読む訓練が必要になるんですね。

 

英語は終わるのか?

 

これら全て網羅すれば「英語は終わった」という感覚になるんでしょうか?

 

たい子
たい子
次男も英語が終わったという感覚が味わえるといいねぇ

 

次男
次男
うんうん。今のところそんな兆しは全くないけど(^^;

 

次男に、英語が終わる日は来るのだろうか?

 

ちなみに次男と同じように浪人した長男は、英語が終わった感覚は全くないまま受験突入!

英語の配点がなるべく低いとこばかり選んでましたよ。