カテゴリー:予備校の記事一覧

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

カテゴリー:予備校

大学受験の為、高校生の後半から予備校に通いました。

下の上にいる居心地の良さ

高3次男、はりきって予備校に通っています。

まだ2週間ですが・・・このやる気はいつまで続くかしら?

 

スポンサーリンク



 

予備校に入ると、最初にテストをします。

そして、テスト結果と志望校によってクラス分けします。

 

次男は一番下のクラスです。

クラスのメンバーは次男と同じように予備校に入ったばかりの生徒が多いようです。

まだまだ勉強慣れしていなくて、単語の暗記もどうやればいいのか試行錯誤している状態です。

 

次男はテストの点数は取れませんが、母塾で5か月ほど自己学習をしているので、単語の暗記は他メンよりもできる!と自慢します。

 

今まで勉強で他メンより秀でたことがなかったので、すっごくうれしそう。

 

 

家の息子は無理してレベルの高いクラスに行って「なにくそーー」って頑張るより、レベルの低いクラスで上位にいる方がやる気が出るようです。

 

 

子どもの頃からやっているサッカーも、上手な子の中で本格的にやるより、クラスの素人集団の中でちょっと上手いくらいが一番楽しいんだって。

なんとも情けない話ですが、分からなくもない

(^^;

 

予備校の授業料と私立理系大学の授業料が我が家にのしかかる

予備校の授業料、高いですね。

月72000円(税込)です。

4、5、6、8、9、10、12月が72000円。

それプラス、7月夏期講習、11月冬期講習がそれぞれ10万円位?

全部で70~80万位かかる計算です。

 

我が家は長男が私立理系の大学生なので、この授業料が年間170万。

 

今年度、80万+170万=250万

授業料だけでこれだけかかるってことですね。

 

ひえーーーです。

 

1年間で250万って考えると、すっごい金額ですが、なんとか払えそうです。

息子たちが大学に行くときのために、夫をごまかしながら貯金してたので、なんとかなりそうです。

 

ただ、これは今年1年の話。

 

来年、次男が大学生になったら二人分の学費です。

 

再来年、長男が無事就職してくれれば次男の学費だけになります。

次男が大学を卒業するまでにあと5年です。

 

5年後、我が家に貯金は残ってるかしら?

 

頑張って働こー

(´・ω・`)

 

母塾、そろそろ卒業です

予備校の春期講習が始まりました。

現代文と数学基礎と英語基礎の3教科です。

 

次男が受けられる春期講習は3/26~29の4日間だけでした。4月に入ってからの授業は難関大学向けの授業だったのでパス。

 

予備校教師の授業はとっても楽しいそうです。

やはり、我が家の息子は個別指導や家庭教師のようなマンツーより、ちょっと厳しい講師にカツを入れてもらいながら授業を受けているのがあっているようです。

 

スポンサーリンク



 

予備校に通うために事前準備

 

春から予備校に行くことは決めていましたが、それまで母塾で英語を勉強していました。

去年の10月末から始めたので5カ月経ちました。

 

大学受験の英語対策を母塾ではじめました

 

 

母塾①単語の暗記

 

英単語の暗記は最初の2ヶ月は次男に付き合っていました。

次男が覚えた英単語を私が読み上げて次男が日本語を言うだけ。

 

3か月目に入ったころ、単語の暗記は自分でやる!というので、そうしていただきました。

ちゃんとやってたかどうかは分かりませんが、それなりにやってると本人は言ってるので、まあいいか。

 

 

母塾②長文和訳

 

長男の時に母塾①しかやらなかったら、長男は「単語の意味は全部わかるのに文章の意味が全然分からん」となってしまったので、文章を読む訓練もしてみることにしました。

 

その文章読解に使った本が速読英単語です。

 

最初に「速読英単語 入門編」をやり、次に「速読英単語 必須編」に進みました。

現在、必須編の半分くらいまで進んでいます。

 

速読英単語 入門編 [改訂第2版]

速読英単語1必修編[改訂第6版]

 

そうそう、速読英単語は、次男と母で単語を調べながら一緒に訳してましたが、最近は最初に次男が一人で一通り勉強し、ある程度できたところで母に説明する、という形に変わってきました。

 

だって、もう、母は必須編の英文についていけないんだもん

(*´Д`)

 

最初から母と一緒にやってたら時間ばっかりかかってしまうの。

 

予備校の通常授業が始まったら、予備校の勉強でいっぱいいっぱになると思うので、必須編は途中でおしまいかな。

 

そろそろ母塾も終わりに近づいてきました。

母の役目はお金を用意すること、ですね。

 

予備校の説明会に行ってきました

予備校の説明会に行ってきました。

 

長男が通っていた予備校だし、説明会なんか行かなくてもだいたいのことは分かってます。

 

スポンサーリンク



 

それなのになんで説明会に行くかと言うと、「説明会に参加すると春期講習3コマ分無料!」目当てです。

それに、こういのって受験に向けてモチベーションを上げてくれますからね。聞いておいて損はないかと。

 

 

予備校の説明会って基本、早慶以上の設定でお話してくれるので、「東大、早慶、医学部」なんていうキーワードがよく出てきます。

 

これを聞いていると「うちの子も慶応BOYになるかも?」なんて勘違いしそうです。

 

我が家は大学のレベルを2ランクぐらい落として置き換えないとね💦

 

 

予備校選び

 

私が息子に合うだろうな、と考えた予備校は、「面倒見がいいところ」です。

 

定期的に勉強のモチベーションを上げてくれるところ、です。

 

予備校は宿題がいっぱいあります。

いっぱいありますが、それをこなすかこなさないかは自分次第。

別に勉強しなくても怒られたりしません。

 

勉強したい人には教えるし、やる気がないのも本人次第です。

 

 

それを、宿題をしてこなかったり、単語テストの成績がイマイチだったりした場合、逐一注意してくれる予備校を選びました。

 

おそらく、自分のペースで勉強したいというタイプの子には向いてないかもしれません。

 

我が家の息子たちは、すっごく「流される」タイプなので、予備校という受験を意識した集団の中に入れば、うま~く渦にはまってくれるかな、と考えています。

 

実際、長男の時はそうでしたから。

 

 

私立文系大学で数学選択

 

予備校の説明会は次男ともう一家族の二人でした。

すっごく細ーい30代くらいの女性アドバイザーが私たちのモチベーションを上げてくれます。

 

説明会に二人しかいないということは、今の時期から予備校スタートはちょっと遅いのか?

たった二人の説明会なのでよそ見が出来ません。

1時間超えの説明会は聞くのもハードでした。

 

 

説明会が終わった後は個別面談。

次男の希望大学や受験科目を説明しました。

 

次男は私立文系大学を国数英で受験することに決めております。

 

私立文系大学受験で数学選択もアリだと思うPart2

 

その旨を伝えたところ、やはり社会じゃなくて数学で大丈夫?という反応をされました。

しかも、次男は学校で数学を一切とってない状況も説明したので、なんだこの親子?と思われたかもしれません。

 

そこで、もともと数学の成績の方が良かったこと、数学の方が好きなこと、長男が予備校の数学だけで理系大学に合格した話をしました。(長男は理系を選択しましたが、学校の数学は1教科も選択しませんでした)

 

それなら、とアドバイザーの方も納得していただき、国数英で春期講習の申し込みもしました。

 

国数英受験はもう後戻りできません。

しかし、アドバイザーさんの反応で受験は数学より社会の方が有利なのかな?と一縷の不安がよぎりました。

 

やるしかないよね、次男!