カテゴリー:予備校の記事一覧

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

カテゴリー:予備校

大学受験の為、高校生の後半から予備校に通いました。

勉強の目標を立てるだけじゃもったいない!評価をつける習慣を

先日、予備校をサボる事件以来、それなりに頑張っている次男です。

それなり・・・

 

頑張っていると言っても、集中力はそんなに続かないみたい。

1日6時間机に向かうのが限界かもーーー

6時間のうち集中できているのはどのくらいなんだろ?

 

ま、私の息子なのでこんなもんでしょ

(^^;

私は勉強してこなかったからなー(反省)

 

 

そう思うと、お笑い芸人のロザン宇治原は京大受験に向けて1日11時間勉強しようと心に誓い、それを実行したのはすごいですねぇ。

 

スポンサーリンク



 

中だるみの次男に、予定(目標)を立て、評価を付ける提案をしてみました。

これも我が家の息子には「さりげなく」言うのがポイント。

家事の合間とか、さらっと。

 

私「今週1週間の勉強予定を立てて見よっか。んで、どのくらいできたか毎日聞くから、なんでもいいから絞り出して!」

 

仕事で学んだんだ事なのですが、この目標を立てて評価をするっていう行為はとっても大切です。

 

これをやらないと、なんとなく毎日仕事してて~なんとなく日々が過ぎ~どのくらい出来たか出来なかったかがよく分からず、なんとなく毎日忙しかったなーという感じで過ぎてしまいます。

 

予定を立て、評価することで自分の反省点が見え、次はもうちょっとがんばろ、となる訳です。

 

仕事では目標&評価は1年単位(半年に1回位中間評価かな)。賞与月にあわせている職場も多いんじゃないかな。

 

今回の目標は半年先の「合格」なので、仕事のように1年単位では長すぎます。

 

この目標と評価は、最初はなかなかうまくいきません。

目標の立て方や自己評価の付け方がよく分からないんですよね。

 

しかも相手は高校生。

 

最初はうまくできなくていいんです。

最初からうまくできる人なんていません。

 

まずは1週間の予定表の枠をエクセルで作りました。

 

 

私「今日はどのくらい勉強できた?」

 

次男「どの位って・・・普通」

 

私「普通って例えば目標の何%くらい?」

 

次男「60%くらい?」

 

私「60%のうち何が一番がんばれた?もうちょっとこうすればよかったなーということは何?」

 

 

しつこくならない程度に聞きます。

聞いたことを簡単に予定表に記入。

これも、最初の1~2週間はなるべく毎日聞くようにして、しばらくしたら1週間に1回位にします。

 

で、目標評価が定着してきたころには夏休みが終わるころ。

評価はもう本人に任せます。聞いたりしません。

この時期にのんびりしてるようならもうあきらめた方がいいでしょう。

 

 

こんなことを実践し始めたころ、予備校から「1週間の計画を立てるように!」という指示がありました。

 

予備校、グッジョブ!

(^◇^)

 

こういうことって親に言われるより予備校の先生に言われた方が息子は素直なんですよねぇ。

 

小学生の夏休みに1日の予定を立てることはやったことがありますが、こうやって評価を付けることまでやったことがありませんでした。

 

小学生の時にもうちょっとちゃんと見てあげていれば、もうちょっと効率よく勉強に取り組めたかも?

これをもうちょっと気を付けてあげていればよかったなーと反省点です。

 

高3受験生、6月は中だるみの月らしい。予備校をサボったのがバレた日

高校3年受験生の6月は中だるみの時期だそうです。

ここで踏ん張れるかどうかが勝負?

 

スポンサーリンク



 

先日、予備校から電話がかかってきました。

 

『次男くん、授業に来ていませんが自宅にいますか?』

 

授業に出ているもんだとばかり思っていました。

 

もしかしてサボってる?

今年の春休みから予備校に通うようになった次男。

あんなに張り切って予備校に通っているように感じたのに、もう嫌になっちゃった?

 

受験が嫌になったならそれはそれでさっさと別の道を考える必要があります。

授業料を払うのももったいないし。

 

授業に出ていないことを知らせてくれる予備校でよかった。

 

 

さて、その日、いつも通り予備校に行った風に、しら~っと帰ってきた次男。

早速、問い詰めます。

 

 

私「さっき予備校から電話があったけど、授業出てないって?」

 

次男「別の勉強がしたくて。今日はまとめの授業だから出なくてもいいかなと思って。」

↑すごい反抗的な言い方

 

 

お、さすが言い訳の達人。

次男は悪びれもなく嘘がつけるので、私は全く信用していません。

 

 

私「連絡もしないでそんなこと勝手にやったらダメじゃん。周りの大人たちはそんな理由納得しないよ」

 

次男「言ったらサボってもいいってなった?」

↑さらに反抗的な言い方

 

 

なったわけないじゃんーーーーと私が言う前に、これを一部始終聞いていた夫が激怒!

 

 

夫「お前ふざけんなよ!×××××」

 

 

!! (`Д´)ゴゴゴ… !! (`Д´)ゴゴゴ… !! (`Д´)ゴゴゴ…

 

ヾ(・ω・`;))ノぁゎゎヾ((;´・ω・)ノぁゎゎヾ(・ω・`; )ノぁゎゎ

 

 ム━━━[○・`Д´・○]━━━ヵ

 

\(*゜ロ\)*゜ロ\)*゜ロ\)

 

ドン、バン、ガン

 

 

次男の私に対する口の利き方がすんごい生意気で、夫激怒

(-_-;)

 

普段は穏やかな人なんですけどね。

普段穏やかな人が怒るとめっちゃ怖い。

 

 

「誰が金払ってるんだと思ってんだよ!

そんなんだったら止めちまえ!

自分で勉強できるんだったら予備校なんか行く必要ないだろっ!」

 

 

こんな感じだったかな。

 

次男大泣き。

予備校には通いたいようで、大泣き&反省文で許してもらえました。

 

こういうのは母親がグチグチ説き伏せるより、父親が怒った方が迫力もあるし、堪えますね。

 

ダメなものはダメなんだよっ!

 

ってな感じ(^^;

 

 

なんとなく中だるみなのは分かっていたんです。

集中できてないなぁ~って。

 

こんなんで反省して頑張れたならいいんですけどねぇ・・・

 

下の上にいる居心地の良さ

高3次男、はりきって予備校に通っています。

まだ2週間ですが・・・このやる気はいつまで続くかしら?

 

スポンサーリンク



 

予備校に入ると、最初にテストをします。

そして、テスト結果と志望校によってクラス分けします。

 

次男は一番下のクラスです。

クラスのメンバーは次男と同じように予備校に入ったばかりの生徒が多いようです。

まだまだ勉強慣れしていなくて、単語の暗記もどうやればいいのか試行錯誤している状態です。

 

次男はテストの点数は取れませんが、母塾で5か月ほど自己学習をしているので、単語の暗記は他メンよりもできる!と自慢します。

 

今まで勉強で他メンより秀でたことがなかったので、すっごくうれしそう。

 

 

家の息子は無理してレベルの高いクラスに行って「なにくそーー」って頑張るより、レベルの低いクラスで上位にいる方がやる気が出るようです。

 

 

子どもの頃からやっているサッカーも、上手な子の中で本格的にやるより、クラスの素人集団の中でちょっと上手いくらいが一番楽しいんだって。

なんとも情けない話ですが、分からなくもない

(^^;

 

予備校の授業料と私立理系大学の授業料が我が家にのしかかる

予備校の授業料、高いですね。

月72000円(税込)です。

4、5、6、8、9、10、12月が72000円。

それプラス、7月夏期講習、11月冬期講習がそれぞれ10万円位?

全部で70~80万位かかる計算です。

 

我が家は長男が私立理系の大学生なので、この授業料が年間170万。

 

今年度、80万+170万=250万

授業料だけでこれだけかかるってことですね。

 

ひえーーーです。

 

1年間で250万って考えると、すっごい金額ですが、なんとか払えそうです。

息子たちが大学に行くときのために、夫をごまかしながら貯金してたので、なんとかなりそうです。

 

ただ、これは今年1年の話。

 

来年、次男が大学生になったら二人分の学費です。

 

再来年、長男が無事就職してくれれば次男の学費だけになります。

次男が大学を卒業するまでにあと5年です。

 

5年後、我が家に貯金は残ってるかしら?

 

頑張って働こー

(´・ω・`)