カテゴリー:節約の記事一覧

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

カテゴリー:節約

春の支払いー我が家の場合ー夫の行動が怪しい

春は何かとお金がかかる月です。

 

長男私立理系大学学費前期分 80万円

長男の年金1年分 19万円

次男予備校2ターム分 14万円

自動車税 4万円

お風呂のガス給湯器交換 14万円

 

計131万円

 

ははっ

こうやって並べるとすごい金額。

毎月かかる生活費以外にこれだけ払わないといけません。

 

我が家は普通のサラリーマン家庭なので、この金額を捻出するのは結構大変。

 

今のところ奨学金のお世話になっていません。

できれば借金なしで息子たちを社会に送り出したいので、引き続きがんばる。

 

ただねぇ~夫の行動がまたちょっと怪しい

困ったもんだ(--;

 

GPSでも持たせて常に監視したいくらい

 

予備校代をnanacoで払おうと思ったらできなかった

光熱費や税金をnanacoで払うとポイントが付くよ♪

そんな裏技を知ったのは3~4年前。

愛読しているブロガーさんがサラッと書いてくれていたのを読んで知りました。

 

スポンサーリンク



 

節約ブログを読んでいる人はこんなこと百も承知なはずなんだけど、世間ではまだまだ周知されていません。

 

リアル友の節約上手ママさんも知らないし。

説明しても反応が「???」です。

この「ほんのひと手間」を理解するのが面倒なんですね。きっと。

 

nanacoで税金を払ってもポイントは付きません。

nanacoにチャージするときにクレジットカードでチャージすれば、クレジットカードのポイントがつきます。

それを「光熱費や税金をnanacoで払うとポイントが付くよ♪」と言っています。

 

以前は楽天カードでポイント1%つきましたが、楽天カードのこのサービスはなくなってしまいました。
年会費無料のYJカードはnanacoチャージでポイントが付くのでオススメです^^

 


 

予備校代をnanacoで払おうと思ったらできない

 

今回、予備校代をnanacoで払おうと思ったのですができませんでした。

予備校代は14万円。

これをYJカードでチャージしたnanacoで払えれば、1400円分のポイントがGetできる計算です。

 

1400円分のポイントって結構嬉しいですよね!

 

しかし、nanacoのクレジットチャージはマックス3万円まで。

14万円もチャージできませんでした(;-;)ザンネン

 

そんなに甘くなかったーーー

 

振込手数料無料の住信SBIネット銀行に変更!節約に疲れた話

振込手数料無料の住信SBIネット銀行の申し込みをし、無事キャッシュカードも届きました。

 

キャッシュカードにはVizaデビット機能が付いています。

できればついてない普通のキャッシュカードがよかったのですが、なかったので仕方ないです。

以前はあったようですが、今は発行してないそうです(残念)

 

スポンサーリンク



 

住信SBIネット銀行は振込手数料が無料

 

住信SBIは振りこみ目的で口座を作りました。

今までネットバンクはジャパンネット銀行を利用していたのですが、住信SBIの振込手数料無料を知って寝返りました。

 

ジャパンネット銀行は振込手数料が270円(他銀行3万円以上)かかっていました。

他銀行も大して変わらないだろうと思い込んでおり、調べもしませんでした。

 

まさか振込手数料無料の銀行があるなんてねぇ・・・

 

無料と知っても、しばらくは「まあいいか~」と行動しませんでした。

振込なんて年2~3回しかしないし。

 

しかし、ここ最近の私は節約キャンペーン中。

たかが手数料、されど手数料、ちょいとがんばってみるか。少しの手間であとずっとお得になるんだから!

 

お金は大事だよ~

 

で、住信SBIを申し込んだわけです。

 

 

手数料無料の住信SBIネット銀行で一番最初の振込

 

さて、やっと開通した住信SBI。

この時期は我が家で一番大きなお金を振り込まないといけません。

長男の大学の学費です。

 

約80万~( ̄ー ̄)

 

学費を貯めこんでいたジャパンネット銀行のキャッシュカードで現金を引出し、住信SBIのキャッシュカードで現金を入金しました。

 

ジャパンネットは三井住友銀行で引き出すと月1回は手数料無料なので三井住友銀行で引き出す。

 

住信SBIは三井住友のキャッシュディスペンサーでは入金できないので、コンビニに移動し入金しました。

 

そして無事、手数料無料で学費を振り込みました。

パチパチパチパチ

 

 

こうやってかなりの手間をかけて手数料無料を実現!

今回は変更したばかりだから色々手間がかかりましたが、一度やってしまえば今後は楽になるはず!

 

あーーでも疲れた。

 

 

光熱費の支払いをクレジットカードに変更!スマホでできるんだぁ

還元率0.5%のクレジットカードから、1%のYJカードに変更し、これを機に光熱費の支払いを口座引き落としからクレジットカードに変更しました。

 


 

クレジットカードに変更するには、書類を記入して郵送するのかと思っていたら、今はネットで簡単にできるんですね。

 

手続きの変更は平日の昼間しか電話がつながらなかったので、なかなか日程が合いませんでしたが、ネットでさっさとやってしまうという手もあったんですね。

シラナカッター

 

契約している光熱費の会社によりけりかもしれませんが、平日になかなか休めない方は一度ググってみるのもいいかもしれません。

 

私ってばかなりネット依存なのに、なんでこんなこと思いつかなかったんだろー

固定概念って怖いです。

 

スポンサーリンク



 

光熱費の支払いをクレジットカードに変えて年間3500ポイントゲット計画

 

『光熱費を引き落としから還元率1%のクレジットカードに変えて年間3500ポイント分ゲット計画!』

 

を遂行するために3月末からいろいろ行動しました。

 

新しいクレジットカードを申し込んだり~

今までのクレジットカードを解約したり~

光熱費の領収書を整理したり~

水道局に電話かけたり~

東京電力に電話かけたり~

ガス会社に電話かけたり~

 

並べてみるとやることリストがいっぱいに感じますが、一度やってしまえば、あとはまた何もしなくてもOK!

 

クレジットカードの引き落とし先も光熱費の引き落とし先も同じところなので、これから私のやることリストは今までと全く変わりません。

 

しかし、この「一時のやること」が面倒でなかなか行動できないんですよね。

 

100円くらいいいか~

100ポイントくらいいいか~

 

人間心理はこんなもんでしょうか?

 

 

光熱費の支払いをクレジットカードに変えた場合の我が家の利益

 

今回、光熱費をクレジットカードに変更するにあたり、年間3500ポイントゲットする予定でしたが、結局、その半分くらいしかゲットできないことが分かりました。

 

水道

 

引き落とし割引108円があるので、クレジットカードは止めました。

 

口座引き落とし時と比べて ±0

 

電気

 

電気は引き落とし割引54円がありました。(これもシラナカッター)

 

ただ、我が家の電気代は月平均1万円。割引54円よりポイントの方が多いのでクレジットカードにしました。

年間1200ポイントゲットできますが、現金で645円損する計算。

 

口座引き落とし時と比べて+555

 

ガス

 

ガスは引き落とし割引がなかったので、クレジットカードにすると丸々ポイント分プラスです。

 

口座引き落とし時と比べて+1200

 

結果

 

結果、年間1755ポイントゲット!っつーことですね。

 

何もしなかった時より年間1755ポイント潤います。

毎年毎年潤うんです。

これってすごくないですかーーー?

 

年間で考えると大した金額ではありませんが、何もやらなくてもこれだけUPするんだから頑張ってよかった

(*´ω`*)