カテゴリー:教育

高校生用語?

先日高校を卒業した次男が時々発しています。

 

親、マジ、リスペクトぉ~

↑すごーく軽い感じ

 

って。

次男は夫をマジリスペクトしてるらしい。

 

あ、そうなんだ。

よかった、育て方、間違ってなかったかな。

 

スポンサーリンク


 

大学受験にほとんど口を出さなかった夫

 

今年の次男の大学受験は大失敗でした。

私の見解が甘かった。

もうちょっとできると思ったのに、次男は思ったよりバカだった。

反省、反省。

 

夫は私が次男の受験のスケジュールを楽しそうに組んでいるのを見てただけ。

 

夫は大学受験のことはよく分からないからと、全面的に私に任せてくれていました。

 

夫が時々発する受験の話はどこかとんちんかんで、あまり口を出さなかったことは、良かったかなと思ってます。

 

しかし、次男が全落ちした時はさすがに「甘かったよね?○○大学とか受けろって言ったじゃん。」と反論されました。

○○大学より偏差値低いとこ受けてたんだけどね、それもダメだったんだよ(;´Д`)

とまあ、反論内容もとんちんかん。

 

 

夫「専門学校でもいいんじゃない?あいつ(次男)が真面目に浪人生やれるとは思えないけど」

 

私「うん、分かる、私もちょっとそう思う。

だけどね、次男自身が浪人したいって言うんだよ。学費も無料だし、長い人選、1年くらい棒に振ってもいいんじゃない?」

 

夫「あいつ、俺には浪人したいなんて一言も言わないよ。誰が受験料出したと思ってんだよ」

 

あ~受験料、30万以上を棒に振ったことを言ってるんだね。

確かに確かに。

 

私「私には浪人したいって。んじゃ次男に聞いてみれば?」

 

で、夫が次男に聞いたところ浪人したいって言ったらしい。

なんとなくモヤモヤした感じですが、夫もこれで納得出来たっぽい。

 

次男から夫にきちんと伝えてほしい

 

浪人を決めたなら、次男から夫にきちんと挨拶してほしなと思った私は、次男に言ってみました。

 

私「夫に『浪人させてください』ってちゃんと言うんだよ。夫はそういうきちんと挨拶されるの好きだから。母はそういうの苦手だけどね。」

 

次男「そうなんだ、了解」

 

と返事したものの、どうもタイミングをつかめなかったようで、言わずじまいの次男。

 

以前、夫に浪人したいかを聞かれ、したいって答えてるし。

確かに今更わざわざ挨拶するのもしにくいよね。

 

でもやっぱり夫のモヤモヤ感が伝わる。

う~ん、どうしたものか・・・

 

ここは助け船を出してやるか。

 

人って人づてに褒められると嬉しい

 

人って褒められるのは嬉しいです。

○○さんってこんなところが凄いよね!

照れくさいけど、やはり嬉しい。

 

しかし、それよりもっと嬉しいのが、Aさんが○○さんってこんなところがすごいって言ってたよ~って○○さんに伝えること。

 

何でなんでしょうね、誉め言葉って人伝いだとすっごく真実味が増す?

うれしさ倍増です。

 

なので、夫に次男が言っていた言葉をそのまま伝えました。

 

私「次男ね、夫のことマジ、リスペクト~って言ってたよ。」

 

夫「どこが?」

↑すでに嬉しそう(^^;

 

私「いろいろあるだろうけど、今は学費とか出してあげてることかな。周りの友だちとかお金の問題で進学を断念してる子もいるらしいの。

そういう話を聞くと、自分って恵まれてるなーって感じるんじゃない?

で、その結果、マジ、リスペクト~だって」

 

夫「あいつ、軽いな。」

↑もう、ごきげん♪

 

こういうことってかしこまって言うより、冗談っぽく言うほうが更に真実味が増すのは何故なんだろう・・・

 

おかげで、夫のモヤモヤ感は払しょくされたようです。

よかったよかった。

 

次男の大学受験がなかなかうまくいきません。
現在、半分を過ぎたところ。

全部で9校受ける予定です。

 

滑り止め 2校
本命校 2校
いけるかも校 1校
チャレンジ校 4校

 

スポンサーリンク


 

チャレンジ校4校は多かったかな
2校でで良かったかも?

それでも、絶対現役のつもりだったので、後悔したくないなと思い、チャレンジ校は4校にしました。

 

それが、初日の滑り止め校で躓きました。

 

なんかねー、手も足も出なかったそうです。
予備校で対策していた問題形式と全然違ったらしい。

滑り止めだと思って全く過去問題をやって行かなかったのも敗因の一つでしょう。

 

大学によって問題形式が違うから対策が必要だよ!

と、聞いたことがあります。

 

だけどね、この「過去問はやらない」というのは予備校の方針でもあるんですよね。

予備校曰く、

 

 

『受験が近づいてくると、やたらと過去問を解く人もいます。こういう人で成功した人はほとんどいません。大切なのは予備校のテキストの復讐です。
過去問はあくまでも過去問、予備校のテキストを繰り返し復習してください。』

 

 

と呪文のように問われます。

これで長男は大成功したので、決して間違ってないのです。

 

しかし、長男が成功したのは浪人してからなので、次男の滑り止めがここまでダメだということは、現役では間に合わなかったのかも?
という思いがぬぐえません。

 

勉強が得意だったり、自頭がいい子なら現役でも行けたのかもしれません。

とかく、我が家の息子たちの勉強の出来は常に中の下だったので、そんなに得意な方じゃないです。

 

中の下が予備校の戦略に従ったらそこそこの大学に合格できた、というシナリオを描いていたのですが、なかなかうまくいきませんね。

やはり甘かったかなー

 

いけるかも校の受験終了時、あまりにも次男ができなかったというので、かなり私は落ち込みましたが、4~5日経った現在は結構、落ち着いてます。

なるようにしかならないな~ってね。

 

私は落ち込んでしまいましたが(次男にはそんな素振りは出してないです)、当の次男は最終試験まであと2週間あるから、できるところまでやる!
ってはりきってるし。

 

本心は私と同じように落ち込んでいるのかもしれませんが、実際、机に向かってがんばっているので、この精神力は我が息子ながら尊敬してしまいます。
例えダメでも、この経験はきっと将来役に立つんじゃないかと。

 

 

とりあえず、私ができるのは運気を上げることくらいかなと、部屋の掃除をしました。

次男の勉強している部屋を軽く片付け。

↑汚部屋(--;

消しゴムのカスを掃除機で吸ったり、絨毯を念入りにコロコロしたりとか。

 

あと、トイレ掃除とかリビングの水拭きとか・・・
ん?これは受験の時だけじゃなく普段からやらないとね~

 

高3次男の大学受験がなかなか手こずっています。

心配で心配で昨日はまともにご飯が食べられなかった(私が)

当の本人は「まだまだ!」ってがんばってます。

 

なんといっても、一番最初に受けた滑り止めの大学の撃沈に堪えています。

もう、全落ちかも。

 

二次も視野に考えないといけないかなー

視野に入れて何とかなればいいんだけど。

 

スポンサーリンク


 

次男が受けるのは全部で9校。

 

一番最初に受けた大学が偏差値40台の滑り止めの大学。

ここはいけるだろうと息込んで行ったのですが、頼りの数学が撃沈。

英語と国語もボチボチで、手ごたえが全くなかったそうです。

 

次に偏差値55超えのチャレンジ校。

ここは、英語と国語はものすごく手ごたえがあったそうです。

英語と国語が終わった時点で、「え、オレこの大学受かっちゃうんじゃね?」と思ったそう。

しかし、ここも数学で撃沈。

 

まじか!頼みの綱になると思った数学がまさか足を引っ張るなんて!!

 

そして次に受けた、いけるかも校も滑り止め校と同じ結果に。

 

もうね、手ごたえが全くないそうです。

受験科目に数学を選んだのが失敗だったのかもーーー

 

あんなに頑張ってたのに次男が不憫で不憫で。

で、珍しく食欲がなくなった私。

晩ご飯もいつもの半分くらいしか食べられませんでした。

 

すっごくショックでしたが、次男には気にしてない素振りで過ごしました。

 

でも、本心は浪人は長男の時でコリゴリなんです。

1年、すごーーく長いんです。

 

 

次男「このままじゃ浪人か?」

 

長男「げ、浪人するの?家族に浪人生がいるのはしんどいんだよ~」

 

私「自分だって浪人してるくせによく言うよ!」

 

長男「あ、そうか。でも、浪人はきついよ~」

 

 

長男自信が浪人はしんどかったと何度も言うので、私もできれば浪人は嫌なんだけど・・・

 

二次募集見ても、次男が受けた滑り止め校以下の大学なんて見当たらないし。

 

気分が滅入って滅入って落ち込んでいましたが、仕事に入るとこういうことは忘れちゃうんですよね。

仕事ってありがたい。

 

こういうことって、はっきり決まるまでモヤモヤモヤモヤしてしまいます。

決まってしまえば、それに向かっていけるのですが、どっちにも転ぶ段階の時が一番精神的にきついんです。

 

どうしよう、どうしよう、どうしようって。

 

次男本人はあっけらかんとしてるんですけどね。

(そこが救い。すばらしい心臓の持ち主だわ~)

 

 

現状では足を引っ張っている数学は、家に帰って長男に教えてもらっていると、「あ、そうか」と分かるそうです。

あと一歩。

 

ちょっと時間が足りなかったみたいーー

 

でも、まだあと半分残ってるので、毎日トイレ掃除を頑張って運気を上げるぞ!

 

とうとう次男の大学受験が始まりました。

初日は滑り止めのA大学でしたが、手ごたえは「ビミョー」なんだとか
大丈夫かな(心配)
(^^;

 

スポンサーリンク


 

今年に入ってからずっと自宅で勉強していた次男。
外にはほとんど出ず、引きこもっていました。

 

そして、久々に電車に乗って受験に行ったところ、筋肉痛になったらしい。
運動不足にもほどがあるだろ!

 

 

A大学の試験問題は問題の形式が今まで勉強してきた形式と違った感じで出たそうです。

滑り止めだから大丈夫!と考え、ほとんど過去問をやってないのが敗因でしょうね。

 

終わったことをくよくよしても仕方ない。

こんな時は、すっごく心配でマイナス思考になりがちですが、私はそんな姿は次男に一切見せないようにします。

 

一番ショックなのは多分次男だし、本人が一番わかっていると思うので、私は終始気にしてないそぶりです。

 

 

次男の受験戦略は「数打てば当たる」作戦です。

もうね、博打と一緒。

もちろん、次男の努力があって立てた博打なんですが、やはりすっごく心配です。

 

「全部落ちたらどうしよう・・・」って。

 

おそらく、今の次男には浪人する気力はないと思うんですよね。
そのくらい次男はここんとこ頑張っています。

 

集中しだしたなぁ~と感じたのが11月のセンター模試が終わった頃なので、3か月が経とうとしています。

頑張ってはいますが、そろそろ集中力が切れるときですよね。

しかし、A大学が上手くいかなかったのを気にしているようで、試験が終わってものんびりすることなく勉強を続けていました。

 

私「大丈夫だよ~9校も受けるんだからどこか一つくらい当たるって。これだけ受けて全落ちしたら実力不足の何物でもないね!」

 

と励まして(?)おきました。

どこか受かってくれよ~
(><)

 

高3受験生の次男、センター撃沈しました

(^^;

 

想定の範囲内で、まだまだ大丈夫なのですが、次男本人、結構ショック~と落ち込んでました。

一晩寝ればたぶん復活するかな。

 

スポンサーリンク


 

11月のセンター模試からの上昇率

 

国数英の3教科で私立文系大学を目指している次男の11月のセンター模試の結果が、3教科で得点率30.7%でした。

 

1年間予備校で勉強してコレ?とかなり焦った次男は、ここからスパート。

単語の暗記も数学の練習も2倍に増やして毎日コツコツコツコツ。

 

それが、2か月半後の今回の本番で50%まで持って行けたので、万々歳だと思います。

英語と国語だけなら65%でしたが、数学30%で撃沈、3教科で53%です。

 

数学はかなり勉強したらしいですが、センターの数学はどうしても点数がとれないらしいです。

私立大学志望なのでセンターよりの勉強をしていないのは確かですが、こうも取れないとショックみたい。

 

こんな次男でも、MARCHの文系数学の過去問なら8割はとれるそうです。

目指しているのは私立文系大学なので、数学は優しく作ってあるのかもしれませんね。

 

文系大学はやっぱり英語!英語の点数が取れないと話になりません!!

 

 

センター利用が撃沈、母が次にやること

 

もともと、センター利用で願書を出した大学は、次男の志望校です。

よっぽどうまくいけば受かるかな、程度のもの。

 

なので、ぜんぜん想定の範囲内なのですが、結構落ち込むーーーと嘆いていた次男。

もうちょっとできると思っていたのかもしれませんね。

 

 

母「これでスッキリ次目指せるからいいじゃん。万が一、ボーダー超えてたら『もういいかな』って、今後の勉強に身が入らないかもしれないし」

 

次男「そうだよねー『やばい、どこも受からないかもしれない』という気持ちでいないと集中力続かないよね」

 

 

どこまでも前向きな親子。

でも、一番最初の長男の時にはこんな風に考えられなかったです

(;´・ω・)

 

 

センター利用は希望校1つしか申し込んでいません。

なので、現状、次男は一つも合格をゲットしていない状態です。

 

私がやることは、希望校と滑り止め校の一般入試の申し込みです。

チャレンジ校はもう既に申し込んであります。

 

センターが上手くいけば、チャレンジ校しか受けない予定でしたが、ダメだったので

滑り止め校2校、希望校2校、計4校の申し込みをします。

 

1校約3万5千円なので、計14万円かぁ・・・

 

がんばって働こ。

 

高3次男のセンター試験が始まりました。

次男の場合、センター英語は時間が足りないので、絶対最後まで解けないらしい。

 

なので、問題をぱぁーっと見て、「これは捨て」と決めた問題は一番最後に取り組むそうです。

そして、いよいよ時間が無くなったら、解答欄に「2」を埋める。

 

センター試験はマークシートなので、何も書かないより何か書いておけば当たるかも~作戦です。

 

スポンサーリンク


 

これは、予備校で教えてくれるテクニックです。

解答は「2」か「4」が多いんだとか。

そうは言っても、もちろん外れることがほとんどです。

 

何も書かないよりは、いいでしょうってことです。

 

 

山があたった?

 

今回、次男は英語の問4を飛ばし、取り組んだところ、やはり時間が無くなって駆け込み「2」を書いたところ、4題中3題の解答が「2」

 

おー、75%じゃん!

適当に書いたほうが成績いいじゃん

(^^;

 

 

ただ、残念ながら数学はこのテクニックが使えないんです。

 

数学は選択問題ではなく、例えば答えが「256」だったらマークシートに「2」「5」「6」と記入するそうです。

 

山が当てられないので残念です。

 

予備校の授業は12月中頃で終わり、あとは各自ひたすら復習、というカリキュラムです。

 

長男は自宅では勉強できないからと授業がなくても毎日予備校に行っていましたが、次男は自宅で勉強できるらしく、12月末ごろから全く予備校に行かなくなりました。

 

スポンサーリンク


 

そんな次男が、センター前の先日、久々に予備校に行きました。

センターの前後に無料の授業をポツポツやってくれるというので、気分転換に出かけていきました。

 

冬休みはほとんど家から出ないで過ごしていたので、外に出かけるのはリフレッシュになるようです。

 

授業はわりと簡単な問題を解く、というようなものだったそう。

センター直前のこの時期に、あんまり難問を出されて自信を無くされるのも困るからなのかもね~

 

次男は楽しかった~と言っていました。

 

今まで厳しかった講師の先生が少し優しい口調になっていたりとか。これは予備校側の戦略の一つなんだろうか?

 

そんな予備校の先生が、センターが終わったからといって、気を抜くなよ~とアドバイス。

 

受験生はこのセンターに向けて勉強しているので、センターが終わると成功しても失敗しても気が抜けて、それ以降の勉強に身が入らなくなる子がすっごく多いそうです。

 

国立なら2次試験があるし、私立狙いの場合、センター利用で決まっちゃう子もいるかもしれませんが、私立大学を目指している子はほとんどがセンター利用で受かる大学は滑り止めと考えていると思うんですよね。

なので、本番は一般試験!

 

気を緩めず引き続き頑張らないと、ですね。

 

 

次男の場合はセンターはおまけ程度にしか考えてない(つか、受かると思っていない)ので、気は抜かないと思いますが・・・

 

万が一、志望校に受かったら、「もういいかな」なんて思うかもしれませんね。

 

次男ならありうる

(^▽^;)

 

なんかタイトルの付け方がイマイチ・・・ま、いいか。

 

受験生の高3次男、受験戦略を試行錯誤しています。

11月に行われたベネッセの模試の偏差値が40切ってました。

こんな成績で前向きな我が家ってなんだかすごい。

と、自分で自分に関心

 

「11月に偏差値40でも実際の試験まで3か月もあるじゃん!

今までインプットインプットだったからあと3ヶ月頑張れば大丈夫だよー」

 

って。

長男の時はとてもこんな風に考えられませんでしたよ。

(^^;

 

スポンサーリンク


 

センター利用でなんとか一つでも合格をゲットできれば気持ち的に楽な気がするので、得点率が低い医療系の大学を申し込もうかな、と考えていましたが、次男本人が全く興味を示さないので止めました。

 

ちょっと前まで看護師もいいな~とか言ってたんだけどな

 

医療系の大学は、PT(理学療法士)や看護師の資格が取れるので、偏差値が低くても将来的には普通の大学より役に立つ気がします。

 

しかし、本人にその気がないところを受けてもね。

 

というところで、センター利用は受かればラッキーという大学1校だけ申し込みました。

 

入試戦略の立て方。偏差値50位の大学を目指している子にセンター利用って必要?

こんな風に考えられるのもやはり2回目だからです。

初めての時はセンター利用って何??

って感じでしたもん。

 

先ほども書きましたが、長男の時にはこんな風に考えられませんでした。

センター利用で何が何でも1校は合格をゲットしないと!なんて考えていたので、なんだかよく分からないとりあえず偏差値の低い大学と、受かればラッキー大学2校(得点率同じくらい)を申し込みました。

 

今考えると、得点率が同じくらいの受かればラッキー大学を2校も申し込んだのはお金の無駄の何物でもありませんでしたね。

 

 

我が家の受験戦略はセンター利用よりも一般。

一般受験で幅広くいっぱい受ける。

滑り止め2校、希望校2校、いけるかも校1校、チャレンジ校3校の予定です。

全部で8校。

チャレンジ校3校は多い気もしますが、1校くらい神が下りるかも~

(実際、長男の時はチャレンジ校3校受けて1校神が下りたのです)

 

お金はかかりますが、受験は今年でおしまいにしたいので、お金ごときで後悔はしたくありません。

私はお金に細かく、ケチケチな性格ですが、こういったことにはどーーんと使います。

そのために普段ケチケチしているというのもある。

 

受かったら受かったでさらにお金がかかりますけどね~

(;´・ω・)