カテゴリー:1996年生まれの長男

今度、職場の忘年会があります。

 

あまり行きたくないのですが、総務なので忘年会と言えど半分仕事みたいなもの。

「行かない」とはっきり言えないので、右に習えで参加します。

当日の晩ご飯は大学生の長男に頼んでみました。

 

スポンサーリンク


母
今度、母は仕事で忘年会に行かないといけないから、晩ご飯は長男頼むね

 

長男
長男
えーーご飯は炊いてもいいけど

 

母
得意の豚丼とかそぼろの材料があるから。あとお味噌汁作れば十分!

 

長男
長男
次男にやらせよう。

 

母
次男は勉強があるから(次男は大学受験生)

 

ということで、交渉成立してませんが、きっとやってくれることでしょう。

なんだかんだ言って、頼られるの嬉しそうなんですよね
(*^^*)

カーナビって便利ですね。

カーナビのおかげで地図を見ながら出かけることがなくなりました。

これからは地図の見方が分からない若者がいっぱいになりそうで心配、と夫が言う。

 

しかし、時代の進化の一つなので、地図が読めるよりカーナビの使い方が上手いほうが時代には求められるんじゃない?

電卓があるのにそろばん使ってる人見ると「えーーー」って思うでしょ?

 

というと、妙に納得してくれました。

 

ファンヒーターの季節

 

寒くなってきました。

特に朝が寒い(><)

布団からガバッと起きたら、速攻でファンヒータを付けます。

台所に向けて。

 

ファンヒータを背にお弁当作りです。

ファンヒーターのおかげで寒さを感じることなく台所に立てます。

 

しかし、このファンヒーター、一つ問題点が!

 

それは、灯油。

 

スポンサーリンク


 

そう、灯油を入れないとファンヒータは点かないんです!

そして、使っていると数日でその灯油は無くなるんです!

無くなったら灯油を入れないといけないんです!

 

とまあ、至極当たり前のことを並べました。

 

ファンヒーターは温かいんだけど、この灯油がなかなか厄介者。

灯油が切れれば寒い中入れないといけないし、タンクに無くなったらガソリンスタンドまで買いに行かないといけないし。

 

最近は大学生の長男が灯油を買ってきてくれるようになったので、幾分か楽になりましたが・・・

 

ガソリンスタンドは我が家の目の前にあるので、楽といえば楽なんですが、大学生男子といえど、18リットルはやっぱ重いよねーーー

 

灯油を運ぶためのカートでも買ってあげようか?

 

 

長男が灯油を買えるようになるまでは、私が車に灯油タンクを積んでガソリンを入れるついでに買っていました。

我が家には灯油タンクが2個しか置けないので、1つ無くなったら車に積んでガソリンを入れるときについでに買う、というやり方です。

 

灯油タンク↓西の方は青い灯油タンクらしいです。関東は赤しか見ません。

 

ガソリンがなくなるタイミングと灯油がなくなるタイミングが合わないときは、車で灯油だけ買いに行ったりしてました。

 

しかし、車で灯油だけ買いに行くのってスタンド側から見ると邪魔ですよね?

まー、重いから仕方ないし、そんなお客さんいっぱいいるんだろうけど、なんか悪いなーという気になってしまいます。

 

それが、長男が買いに行けるようになって解決!

私のマイナスエネルギー分が長男を使うことによって解決されました!

↑長男にストレスが加算されてるかもしれないけど

 

子どもはね、なるべく使え!というのが我が家の教育方針です。

教育方針なんてちょっと大げさですが

(^^;

 

そうやって灯油を買いに行かせることで灯油の買い方知るし。

灯油買うのって大変なんだなって感じるし。

灯油買うことで母の役に立ったという重要感も持てるし。

 

 

灯油を入れるポンプ

 

さて、灯油を買えるようになった長男に今度はファンヒーターに灯油を入れられるようになってもらいたい。

 

我が家の灯油ポンプは手動のポンプ。

寒い時期はスーパーでよく見かけます。

 

 

この灯油ポンプ、正式名は「醤油チュルチュル」。発明家のドクター中松さんの特許商品です。

 

でね、長男が中学生くらいの時に灯油の入れ方を教えたんですよ。

教えたら、見事失敗!

 

栓を緩めずに出しちゃったもんだから、玄関に灯油がびちゃーってなっちゃって、私も慌てちゃって怒鳴っちゃったんですよね。

 

それから灯油を入れることを避けるようになってしまった長男。

 

なんかねー、長男ってほんと不器用なんですよ。

灯油の入れ方なんてちょっと考えれば簡単じゃないですか。

 

①灯油タンクをちょっと高いところ(我が家の場合、玄関上がったところ)に置く

②ストーブのタンクをちょっと低いところ(我が家の場合、玄関の下)に置く

③ポンプの堅いほうを灯油タンクに入れて、ストーブタンクにふにゃふにゃのほうを入れる

④栓を締めて赤いところをしゅぽしゅぽ何回か押す

⑤ストーブタンクのメモリに灯油が入っているのが見えたら栓を緩める

 

これを一度やって見せてやらせたにもかかわらず、栓を緩めるの忘れたんですよねぇ。

 

次男はこういったことは特に教えなくてもサクッとできちゃうんですよ。

それなのに長男はねぇ・・・

 

 

大学生になった今ならさすが灯油入れられるだろ

 

先日、ファンヒーターに灯油がなくなったので、長男にやってもらってみました。

 

 

私「灯油入れてくれる?

 

長男「え、オレ入れられないから」

 

私「大丈夫だって、さすがにもうできると思うよ。栓の開け閉めだけ気を付けて」

 

 

ちょっと抵抗しましたが、やってもらいました。

 

 

私「できたでしょ?」

 

長男「う~ん、たぶん・・・」

 

 

ファンヒーターのボタンを押してみるとちゃんと点きました^^

 

 

私「ほら、できたじゃん♪」

 

 

よかったよかった、長男もレベルアップ!

 

 

と、暫くするとまたもや灯油がなくなるときに鳴る音が。

 

あれ、さっき入れたばっかりなのに?

 

あ、長男ってばちょっとしか入れてないじゃん!!

 

ちゃんと入れられなかったのね・・・

 

 

自動の灯油ポンプ

 

最近は、スーパーに売っている灯油ポンプは手動ではなくて自動のものが多いです。

 

ボタン一つで入れられて、満タンになったら自動で止まるやつ。

 

 

長男が手動だと入れられないから、もう、コレ買っちゃおうかなーと手が伸びました。

 

伸びましたが・・・

 

 

「いやいや、灯油ぐらい入れられるようにならないと!」

 

 

手動の灯油ポンプってそろばんと同じかなぁ?

長男が小学校4年生のとき

子ども用マウンテンバイクを買ってあげました。

 

こういうの

 

半年後、自宅の駐車場で盗まれました。
鍵をかけていたのですが、朝、無くなっていました。
我が家の駐車場はわりと広い道路沿いにあり、狙われていたんだと思います。

おそらく、車でひょいと持っていったのではないかと。

 

この自転車は出てきませんでした。

 

仕方ないので、同じようなマウンテンバイクを買いました。

 

スポンサーリンク


 

中学生になったとき、ママチャリ1号を買ってあげました。

 

このママチャリ1号は何度もパンクしたリ、タイヤ変えたり、かごを変えたりしながら、高3春まで乗りました。

約5年間。

もう買ったほうが安いかな、となり、同じようなママチャリ2号を買いました。

 

そして、このママチャリ2号、2年後の夏、またまた自宅の駐車場に置いておいたら、無くなっていました。

 

タイヤ変えたばっかりだったのに・・・(;-;)

 

この時は鍵をかけてなかったし、夏休みだったので、誰かが乗って行っちゃったんでしょう。

 

仕方ないのでママチャリ3号を買いました。

 

ママチャリ3号を買ってから半年後、ママチャリ2号が見つかったと警察から連絡がありました。

 

 

ママチャリ2号は暫くの間ストックで使うも、2年後、ママチャリ3号と同じころダメになりママチャリ4号を買いました。

これが1年前の話。

 

そして、ママチャリ4号が、先月、大学の駐車場に置いておいたら盗まれました。

鍵をかけてなかったので、誰かが載って行っちゃったのでしょう。

 

仕方ないのでママチャリ5号を買いました。

 

ママチャリ5号を買った1か月後、ママチャリ4号が見つかったと警察から連絡がありました。

 

現在我が家にはママチャリ4号と5号、2台あります。

 

結局、長男は小学生の時のマウンテンバイク、ママチャリ2台と計3台の自転車を盗まれています。

 

ママチャリ2台は鍵をかけていなかったという不注意もありますが、なんか、多くない?

 

次男なんかまったく鍵なんか書けないのに盗まれたことがありません。

 

これってただの偶然?

 

ハンバーグをよく作ります。

 

玉ねぎは20年前に買ったみじん切り器でみじん切り、

ニンジンは結婚式の引き出物でいただいたすりおろし器でおろします。

 

スポンサーリンク


 

玉ねぎは大きめを2個みじん切りにし、ニンジンは1本すりおろします。

 

 

この作業、力を使うのでしんどいです。

なので、夫か長男か次男にやってもらいます。

 

私は出来上がった玉ねぎとニンジンをひき肉に入れて混ぜるだけ。

長男はひき肉に手を突っ込んでコネコネする感触が気持ち悪いからニンジン擦るほうが好きなんだそうです。

 

私は全く気にならないので、うまく役割分担できています。

 

 

一人でハンバーグ作りはキツイよ

 

先日、晩ご飯をハンバーグにしようと思い、長男を待っていたけど、全然帰ってこない。

この日は夫も次男も遅いのは分かっていたので、長男頼りです。

 

しかし、長男も一向に帰ってきません。

 

ふー仕方ない・・・

 

 

仕方ないので、私が頑張って全部やりました。

ホント、一人だときつい~

(><)

 

ある程度ハンバーグの種は出来上がり、最初の3個を焼いている途中で長男が帰ってきました。

 

 

私「遅いよーーーもう作っちゃったよ~」

 

長男「火曜はいつもこんな時間なんだよ」

 

私「母、これ、全部一人でやったの!頑張ったでしょ。ありがとうは?」

↑恩着せがましい

 

長男「え、あぁ、ありがと。」

 

私「そうじゃなくてもっと感情込めて『うぉ~すげー一人で作ったんだ~助かるぅ~ありがと~うまそーー』って褒めて」

↑恩着せがましい

 

長男「・・・・いや、口で言っても味変わんないし」

 

私「いやいや、言葉って大切だよ。ちょっとした言葉一つで他人は気持ちよく働くんだから!」

 

 

言葉って本当に大切だと思います。

ちょっとしたことでも「ありがとう」って言えると、人間関係が円滑に進みやすくなると思うの。

 

最初はぎこちない「ありがとう」でも、恩着せがましく言わせた「ありがとう」でも、何回も使ってると自然に「ありがとう」って言えるようになると思うんですよね。

 

今回、長男は私の相手がめんどくさくなって放っておかれましたが、いつか「母が言ってたのはこれか!」と分かる日が来ると嬉しいな。

 

我が家は大学生の長男のスマホ代は親が払ってあげています。

格安スマホで長男分は1500円ほどなので、そのくらいいいかなと払ってあげています。

 

ママ友の中には、大学生になったらスマホ代は自分で出すようにしてもらってるという方もいます。

 

「そのほうが金銭感覚とか節約とか学べると思うから」

 

とのこと。

高校生までは家族割で子どもにスマホを与えているけど、大学生になったら親子割も切り、自分でスマホ会社を選ばせ、自分の口座から支払うようにさせているそうです。

 

スマホ代を親が払ってあげていると、通信料金や電話代など気にしないでじゃんじゃん使う子もいるでしょう。

 

自分のバイト代から出すとなれば、自分で払うもんだから、もちろん3キャリアなんて使いません。

ちゃんと調べて自分に合う格安スマホを選んでいるようです。

 

スポンサーリンク


 

なかなか徹底してますね。

 

別契約にするより家族割の方が安いので、私だったら子どもの分を現金でもらう、なんてやり方にしちゃうかな。

 

それだとついつい面倒でもらい忘れたり、なあなあになっていつの間にか払ってもらわなくなったりしそうです。

 

別契約にすればお金を払わなかったらスマホが使えなくなるのは困るので、子どももきちんと支払いしますよね!

 

 

我が家は今のところ3台で5千円なのでこのくらいいいかなと払ってあげていますが、ママ友のこういった話を聞くと、甘えさせすぎかなぁと考えてしまいます。

 

 

先日、長男にこの話をしてみました。

ママ友の子どもは長男の友人Tくんです。

 

 

私「Tくん、スマホ代自分で払ってるんだって、えらいよね。長男も自分で払ってみない?」

 

長男「自分で払うくらいならスマホ持ち歩かない」

 

 

・・・

 

そうだった。

長男はこういうやつだった。

 

長男が高校生の時、スマホは別にいらないというのを私が無理やり持たせたんだった。

ちゃんと使いこなせるようにならないと、時代に取り残されそうなのを心配して私が与えたんだった。

 

未だその考えは変わってなかったのねーーー

 

スマホ代を自分で、となったら、スマホは自宅のWiFi下でつかえばいいか、となるだろう。

 

ほんと、変わった子だ。

 

とりあえず大学生の間は払ってあげよう。

 

だがしかし、このまま社会人なっても払ってあげないと持たないつもりなんだろうか?

払ってあげないと本当に持ち歩かなそうでメンドクサイなぁ。

 

カードが欲しいな、と言いだした大学生の長男。

 

クレジットカードがあれば、ネットショッピングのとき銀行に行ってわざわざ現金を振り込んだりしなくてもいいのが便利です。

 

しかし、大学生の身分でクレジットカードを持たせるのはちょっと抵抗があるので、デビットカードを勧めました。

 

スポンサーリンク


 

大学生におすすめカードはクレジットカードじゃなくてデビットカード!

 

おススメはやっぱり楽天デビットカード

 

楽天デビットカードを使えば、楽天カードと同じようにポイントが貯まります。

 

 

楽天デビットカードと楽天カードの違い

 

楽天デビットカード:

銀行口座に入っているお金が即座に引き落とし。口座にお金が無ければ買い物できない。

 

楽天カード:

クレジットカードのこと。次月にまとめて銀行から引き落とされる。お金が無くても買い物ができ、下手するとすごい借金になっちゃう危険性あり
ということで、まだ収入減がない長男はデビットカードに決まりです!

 

 

スマホで楽天デビットカードを申し込む

 

私「カードならデビットカードね。クレジットカードはまだダメ!デビットカードならとりあえず楽天でいいとおもうよ!」

 

デビットカードは楽天以外の会社でもたくさん出ています。

 

長男は三井住友銀行のキャッシュカードを使っているので、SMBCデビットカードにすれば銀行口座を増やすことなくそのまま使えますが、楽天デビットのポイントに勝るものはないかなと今のところ考えています。

 

使いにくかったら解約すればいいだけですしね。

 

 

キャッシュレス時代に突入?

 

コンビニのバイトを始めた長男、お客さんが電子マネーやカードで支払いをしてくれるととても助かるそうです。

 

長男「やっぱりこれからはキャッシュレスだね!」

 

これで楽天デビットカードが届けば、晴れてキャッシュレス生活ができるようになります。

 

ところで、楽天デビットカードの申し込みは長男が自分のスマホでポチポチやりました。

楽天銀行の口座を作って、名前や住所を入力し、免許証の写真撮ってアップロードしたり。

 

一通り終えるのに15分~20分くらいかかってたかな。

 

 

長男「いや~なかなか手間がかかったなー。こんなのお年寄りには無理だよね!」

 

私「確かに・・・」

 

 

政府はキャッシュレスを推進し始めたようですが、この手続きを年配の方にやらせるのは無理がありますね。

もちろん、サクサクできる人もいるでしょうが、私の実母には無理だなぁ・・・

 

また新たな詐欺が横行しそうで心配です。

 

ワーママ歴20年超えのベテランです←自分で言う💦

 

仕事から帰ると、『着替え→片づけ→夕食づくり→夕食を食べ→お風呂』だいたいこの順番で一気に行います。

洗濯ものが溜まってたら洗濯したり、ホコリが気になったら雑巾がけをしたり。

 

スポンサーリンク


 

帰宅は6時半頃。

お風呂までの一連の流れがだいたい8時~8時半ごろで終わります。

 

終わったら、一気に休憩モード。

こたつにゴロンです。

 

ブログ読んだり、書いたり、テレビ見たり、漫画読んだり

うだうだうだうだ。

 

おそらく、体と脳のリセットしてるんだと思います。

家事って結構、脳も使ってるんだと思うんですよね。

 

あれやって、これやって、明日こうだからこれもしといて・・・とかね。

 

そんなうだうだしているときに、夫が仕事から帰ってきます。

夫は仕事から帰ってくると「着替え→ご飯を温めたりよそったり→食べる」の流れのみで家事は一切やりません。

 

私が作ったご飯を温めたりよそったりするだけです。

 

それをね、私にやって欲しがるんですよ。

一通りの家事をこなした私ですが、夫から見るとのんびりしていて時間がたっぷりある妻にしか見えません。

 

でもね、私は家事をこなして、やっと、やっとゆっくりしてる訳ですよ。

夫はご飯も作らないし片付けもしない、ただただ自分が食べるだけのご飯をよそうくらい自分ですれば?と思いませんか?

 

一度ゆっくるすると、再度起き上がって家事をするのってすっごいパワーがいるんですよね。

 

夫からすると、「暇なんだからご飯よそう位してよ」と思うわけですが・・・

 

 

地球の原理に沿っている

 

先日、長男に晩ご飯のから揚げ作りを頼んでおいたら、大学から帰ってきて一休憩もしないで一気に作りかかっていました。

 

私「帰ってきて休憩もしないで作るなんてすごいねぇ」

 

長男「勢いでやらないとやる気が失せちゃうんだよ」

 

私「あーーー分かる~。休んでるときに父のご飯よそうだけなのもめんどくさいんだよね」

 

長男「それは運動エネルギーに沿った現象だから地球上では当たり前のことなんだよ」

 

私「は?何、運動エネルギーって」

 

長男「動いているものを更に動かすのは少ないエネルギーで済むけど、止まってる物を動かそうとするのはものすごくエネルギーが必要でしょ。だから当たり前のことなんだよ」

 

 

ほーー、なるほど、納得。

 

納得したけど、リケダン(理系男子)長男、モテなさそう・・・

 

業務スーパーの豚ロースカツは安くて便利。

 

豚ロースカツは衣がついたトンカツで、5枚入りで642円。

揚げるだけでボリューミーなトンカツが出来上がります。

 

 

1枚128円と、とってもリーズナブルで美味しいです。

お惣菜のトンカツが1枚300円くらいするので、それと比べると安さが際立っている!

 

スポンサーリンク


 

そして今日の晩ご飯はこの豚ロースカツを揚げてトンカツ。

 

トンカツ用お肉を買ってきて、衣をつけて揚げてとなると、仕事終わりにはとてもできませんが、この豚ロースカツなら揚げるだけなのでなんとかなります。

 

しかし今日はそんな揚げるだけもやりたくない。

 

ということで、本日休講で1日家に引きこもっていた長男にやってもらいました。

 

 

私「長男ーートンカツ揚げてーー」

 

長男「へーーい」

 

 

助かるわ・・・

おさんどんやらせてホントによかった。

 

理系大学2年生の春休みは主婦業に専念?

 

ラクですが、心配な面もある。

 

大学生の息子がすっごい「いい子」で怖いんですけど

 

文句言わなさ過ぎて怖いところもあるんだけど、どうすれば正解なのかよくわからないので、今のところそのままです。

 

とりあえず褒めておきました。

 

 

私「二十歳そこそこでこんなに晩ご飯作れる子っていないとおもうよ。きっと役立つからよかったねーー」

 

長男「こんなの料理って言わないじゃん。」

 

 

確かにそうかもしれないけど、こうやって晩ご飯を用意できるってことが長男の財産になってると思うんだよね。(買いかぶりすぎ?)