カテゴリー:2000年生まれの次男の記事一覧

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

カテゴリー:2000年生まれの次男

高校のPTA役員に当選!考え方によっては悪くないかも

今年度、次男の高校のPTAで会計の仕事を行うことになりました。

会長程ではありませんが、なかなか責任が重い仕事です。

 

今まで、PTAのお仕事はお手伝い程度に参加してきました。

長男次男で1回ずつリーダー的なポジションを経験したこともありますが、それはあくまでもクラスの委員長レベルです。

 

スポンサーリンク



 

のらりくらりと負担の大きい仕事は避け、決められた最低限のお手伝いをこなしていただけでした。

 

それが一番末っ子の、しかもPTAが存在するであろう最後の高校3年生でドンピシャ当選です。

 

PTAの役員なんてやりたい方、またはやってくれる方はあまりいません。

 

高校ともなれば、殆どのお母さんたちが仕事や介護を抱えています。

 

高校のPTAは小学校より負担は少ないですが、やらないで済むならやりたくないなーと言うのが本音です。

 

そんな状態なので、今年度はくじ引きで選出された何名かの話し合いで決定しました。

 

 

くじ引き大当たり!おめでとーーー

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 

って、忘年会のビンゴも大したものが当たらないのに、最後の最後でPTA役員に当選しちゃうかなー

(*´Д`)

 

 

それでも、こうやってPTAに入れば必然的に学校に行く機会も多くなるわけで。

PTAに参加すれば自ずといろんな情報が入ってきます。

 

今まで息子たちの高校生活については、あまり気にしてませんでした。

校長先生どころか担任の先生すら顔を知らないという体たらく。

 

それが、学校に行く機会が増えると次男との会話も増えるし、学校が配布しているはずのプリントを次男が出していないという状況も分かるので、良かったかもしれません。

 

PTAの仕事も要領よく、ほどほどにこなしていけば悪くないかも

(#^.^#)

 

 

ケチな性格が災いして負担になるお弁当

結婚して20年、ほぼ毎日お弁当を作っています。

子どもの成長や私の仕事内容によってお弁当が2個になったり4個になったりしましたが、夫には20年間作り続けています。

 

スポンサーリンク



 

フルタイムで仕事しているのにお弁当作りを続けてるなんてすごいなぁと自分でも思う時もあります。

ありますが、それもこれも、私の根本的な性格が「ケチ」でできているために続いているお弁当作りです。

 

夫の勤め先は都内駅前。

お昼を外食しようもんなら、最低でも500円、気が緩むと1000円なんてあっという間に超えてしまいます。

コンビニでお弁当を買ったとしても約500円。

夫のことだから、飲み物やスイーツを買いそうなので500円で済むとは思えません。

私的にはコンビニの100円コーヒーですら控えてほしいくらいなのに。

そんなお金を出すくらいなら、お弁当を作ったほうが私の心は安定します。

 

なので、夫には毎日お弁当プラス水筒にコーヒーを入れて持って行ってもらってます。

それでもお小遣いが1日1000円(飲み代は別)で足りないってどういうことかしら?と思っていますが、ここは最近うるさく言うのは止めました。

 

 

私の職場は職場に食堂があって、1食250円です。

250円でご飯、みそ汁、おかず、サラダ、デザートというかなり破格な金額で食べれます。

しかし、私はこの250円がもったいない。

やっぱりお弁当を作ります。

お弁当メニューを冷凍食品で埋めると、250円超えちゃうのでは?という失敗も多々ありますがーーー

 

 

高校生の次男にもそうです。

お昼代、お弁当作らないなら300円まで出してあげると言ってたのですが、この300円もだんだんもったいなくなってきました。

 

私のこんなケチ臭い性格のせいで、毎日私の手作り弁当を食べさせられている夫と次男はコンビニ弁当大好きです。

コンビニのサンドイッチとかマックとかも大好き。

 

さすがに毎日コンビニだと嫌がるかもしれませんが、そんなこととてももったいなくて私にはできないので、たまにコンビニ弁当だと、すっげー喜びます。

 

 

ショックショックショック・・・あれ、そうでもない

 

前置きが長くなりましたが、先日、次男の部屋の窓を開けようとしたときに何か引っかかりました。

何だろな?と思って見たところ、私が作ったお弁当がごっそりビニール袋に入って捨てられていました。

お弁当箱からご飯やらおかずやらをビニール袋にポイッと入れて、お弁当箱だけ洗い物で出してたんです。

おかずを見ると、どうやら3日前のお弁当。

残飯の入ったビニール袋は2重になっていましたがちょっと生ごみ臭かった。

 

おそらく、私に見つからないようにこっそり捨てようと思ってたのに忘れちゃったんでしょうね。詰めが甘い(--;

 

この日は午前中で授業が終わると言っていたので、友だちとラーメンでも食べに行ったのかな。

んで、お弁当を食べないと私が悲しい思いをするから、こういった手段に出たんだと思います。

 

この件については、今のとこ次男に何も言ってないんですよねーーー

どうしようかな。

やっぱりちゃんと話したほうがいいのか?

 

ただね、お弁当を捨てられたからと言って私の懐は全く傷ついてないわけですよ。

次男がお弁当を捨てて自分の好きな別のものを食べてもそれは自分のお小遣いが減るだけ。私の懐は全く痛んでいません。

こうなると、どうも別にいいかなーと思っている自分がいます。

でも、それってモラル的にどうなの?って

 

何でもかんでも自分の懐の増減で物事を判断しちゃってるので、何かいけないような気が。

次男にどう話したらいいのか。

こうさせちゃってる私にも責任がある気がします。

 

って言うかさ、の意味

次男と話している時、ちょっと間が空いて(5秒くらい)、続けて次男がタイトルのことを言い、全然違う話をしだしました。

 

スポンサーリンク



 

私「○○○でさ、○○じゃん」

次男「○○だし、○○○なんだよ」

 

(5秒ほど間)

 

次男「って言うかさ、△△は△△だし」

私「ん?『って言うか』って何?○○と△△って何の関係もないじゃん」

 

次男「え?『って言うか』って話題変える時に普通に使うじゃん。何でそんなところに引っかかるの?」

私「いやいや、『って言うか』というのは前の話を続ける時に使う言葉だよ!『しかし』とか『言い変えると』とか」

 

次男「違うよーー話題を変える時に使うんだって!」

 

 

今となっては○○と△△の話の内容はすっかり忘れましたが、次男の『って言うか』の使い方にすっごく違和感を感じました。

 

『って言うか』ってそんな使い方でしたっけ?

私の方が間違ってる?

 

長男に聞いてみると次男と同じ意見だし。

 

グーグル先生に聞いてみると、「言い直す時に使う」「一度言ったことを軽く否定し、さらに適切な言葉で言い換える場合に使う」など。

やはり「しかし」とか「だけど」という接続しに近い言葉のように感じます。

 

長男や次男がおかしいだけかもしれませんが、もしかしたら若者言葉なのかもしれません。

あと何年かすると、私も子どもたちと同じように話題を変える時に使っているようになるかも?

 

言葉って変化するし。

 

 

『確信犯』は不正解の意味で使ったほうが相手に伝わりやすい昨今。

不正解:悪いことと分かっておきながら犯罪を犯す
正解:その行為を正義だと思いこんでいる。

とかね。

高校の部活は特別。辞めるのはよーく考えて

高校の部活ってどんな印象ですか?

 

強豪校だとレギュラー争いが厳しかったり、全国大会行くぞ!とか?

弱小高なら目指せ1回戦突破だ!とか?

 

何はともあれ、高校生の部活って「とても一生懸命」という印象です。

一生懸命じゃなくても、辛い練習を共に頑張ってきた友人たちはとてもいい関係が築ける場所でもあるかな、なんて。

 

スポンサーリンク



 

野球、サッカー、バスケ、バレー、卓球、ダンス、吹奏楽は部活の花形じゃないかな?

吹奏楽は運動部よりハードなのはどの学校でもよく聞く話です。

 

高校時代にこういった部活に所属しているだけで、日常生活が生き生きとできそうです。

 

 

物心ついたころにはサッカーをしていた息子たち

 

我が家の息子たちは子どものころからサッカーをやっていました。

私が土日を持て余していたので、地域のサッカークラブに入れたのがきっかけです。

 

私は休みの日はずっと家でゴロゴロしていても全く気にならないのですが、男の子はそれだと体力が余って仕方がないため、外に連れていくしかありません。

 

毎週毎週あっちの公園、こっちの公園と行っていましたが、それもなかなか辛く、チラシで見つけたサッカーチームにお世話になることにしました。月2千円とかなり破格♪

 

お陰様で、このサッカーチームは子どもたちにフィットしたようで、小学校卒業までお世話になりました。

 

で、なんとなく流れでずーーーっとサッカーをやってました。

 

中学生になってもやっぱり続け(そんな雰囲気だった)、高校になると他にできることがないのでやっぱりサッカー部に入りました。

 

バスケやダンスも興味はあったようですが、高校でいきなりダンス!は敷居が高いようです。

 

そんな感じで、なんとなく入った高校のサッカー部。

 

それなりに一生懸命やってました。

楽しそうだったし。

 

 

はじめてサッカーと離れる

 

次男は高1でサッカー部に入ったはいいが、1か月くらいでやっぱ辞める~と言い出し、友人に止められて続けましたが、結局、高1の3月で辞めました。

 

次男が私に「部活止める」と言ったとき、「せっかく今まで続けてきたのに。後悔するよ?」と返しましたが、高1の3学期に入ると、時々部活をサボっていたのを知っていたので、本当は続けてほしかったけど、もう仕方ないかな、とあっさり退部届にサインしました。

 

 

その後、次男はバイトをはじめ、高校生にしては高額なお金を持つようになり、ロードバイクを買ったり(3ヶ月で飽きる)、洋服を買ったりしていました。

 

バイトは最初のころは週3~4位入っていましたが、4ヶ月くらいすると週2になり、5か月過ぎると週1になり、半年過ぎた頃には勉強に専念するということで休職しました。

なので、現在は部活もバイトもしていない状態です。

 

そして、ある日、ポロっと「部活止めなきゃよかったなぁ」と言う次男。

 

 

次男「結構、後悔してるんだよね」

 

私「だから言ったでしょー!後悔するよって。」

 

次男「もっとちゃんと止めてくれればよかったのに。」

 

 

おいおい(^^;人のせい?

夏頃は辞めたこと全く後悔してないって言ってたけど、暫くすると気持ちも変わってくるんですね。

 

無理やり止めて続けていても、結局ダラダラ過ごしてただけだと思うんですよね。

この後悔した気持ちをバネにこれから進んでいくしかないねぇ。

 

次男はもう3年生。

3年生は早ければ5月で部活は引退、これから部活に戻るのは無理です。

 

残念だったな。