カテゴリー:大学受験

センター試験の合格得点率がメチャ高ーい

(><)

 

いや~ビックリするくらい高い。

 

マーチは一番低いところで85%

もうこれは除外(--;

 

日東駒専の一番低いところで70%

大東亜帝国の一番低いところで68%

大して変わらないじゃん

このへんもきついなー

 

関東上流江戸桜が60%ってとこ?

 

これら、我が家から通えそうな大学で出している数字なので、もっと低いところもあります。

 

センターでコケたらセンター利用はアウトだな。

コレ、受ける意味あるのかなぁ

 

スポンサーリンク


 

それでも、センター利用で1校は併願校をとっておきたいところ。

浪人中の次男は今年度全落ちしたら専門学校と言っているけど、できればどこかに滑りこんで欲しいなぁなんて思ってしまう。

 

長男は理系でした。

理系のセンター利用の得点率は文系のマイナス15~20くらいだったので、あまり高く感じませんでした。

長男はセンターでコケましたが、5割ちょいはとれてたので、センター利用で併願校をゲットできたんですよね。

 

だけど、文系は5割じゃどこも受からなそうですね。

 

地方国立も視野に入れてみる?

 

3教科で受けれる国公立大学もいくつかありますね。

次男は国数英の3教科受験です。

 

東京外国語大学も国数英の3教科で受けられる学部があるんですね。

得点率が83%だって

(;´∀`)

それでも、マーチより低いじゃん!

 

青森や岩手に61%という数字が出ている国公立大学がありました。

 

関東上流江戸桜レベルの大学に行くなら3教科受験できる地方国公立の方のほうがいいんじゃない?

とも思えてきました。

 

う~ん、やっぱり仕送りするのがしんどいな。家賃と生活費で例えド田舎でも月8万円くらいは必要ですよね?

家電とかも揃えないといけないし。

 

一人暮らしは子どもの自立にはとてもいい経験だと思いますが、私立文系の方が安いとなると、あまり勧められないか。

 

浪人したので日東駒専くらいはなんとかなるかなーなんて思っていましたが、なかなか厳しそうです。

 

現在浪人生の次男、受験勉強をそれなりに頑張っています。

 

そんな次男は偏差値が中の下の都立高校に通っていました。

中の下なので、毎年、上位クラスが日東駒専、マーチが一人二人いるかなーという合格実績です。

半分くらいは専門学校かな。

 

そんな中、去年、次男の同級生が現役で二人、早慶に合格しました。

今まで、マーチレベルが一人二人だったのに、早慶が二人です。しかも早慶の中でも人気の学部。

 

 

たい子
たい子
次男の高校で早慶ってすごいね~

 

次男
次男
一人は1年の時からコツコツコツコツ頑張ってたんだけど、もう一人は3年になってからいきなり出てきたんだよ

 

たい子
たい子
自頭がいいのに全然勉強しないで次男の高校にやってきて、高3になって勉強してみたら思わずできちゃったって感じかな?

羨ましいね~

 

次男
次男
そいつがね、去年の秋ごろ、「英語は終わった」って言ってたんだよ。

 

たい子
たい子
英語が終わる?終わるってどういうことなの?

 

次男
次男

 

「ね」って(^^;

 

英語は「単語・文法・長文」

 

大学受験の英語で必須とよく言われているのが「単語の暗記、文法の理解、長文読解」の3つです。

 

単語の暗記と文法の理解、長文読解の3本柱が終わることってどいうことなんでしょう。

 

単語の暗記は大学受験の単語帳を覚えるということですよね。

早慶クラスだと最低7000語と言われています。

 

 

文法の理解は、文法の参考書を他人に説明できるレベルまで理解し、それを使って文章を作れるようになればOKなんだとか。

 

英文を作れるようになるというのはなかなか難しそう・・・

 

そして長文読解は、過去問や問題集の長文をいっぱい読んで解く。しかもスピーディに。

 

センター英語は文章自体はそんなに難しくないので、じっくり読めば理解できるそうですが、じっくり読んでる時間がないので、ひっかかりやすいんだとか。

 

スピーディに正確に読む訓練が必要になるんですね。

 

英語は終わるのか?

 

これら全て網羅すれば「英語は終わった」という感覚になるんでしょうか?

 

たい子
たい子
次男も英語が終わったという感覚が味わえるといいねぇ

 

次男
次男
うんうん。今のところそんな兆しは全くないけど(^^;

 

次男に、英語が終わる日は来るのだろうか?

 

ちなみに次男と同じように浪人した長男は、英語が終わった感覚は全くないまま受験突入!

英語の配点がなるべく低いとこばかり選んでましたよ。

 

センター試験の検定料を払いました。

18000円。

センター試験の検定料は銀行窓口でしか払えません。

 

三井住友銀行で払い、合格鉛筆を2本貰いました。

 

センター試験の検定料

 

この鉛筆、5角形なんです。

ゴウカクとゴカクをかけてるんですよね。

 

5角形鉛筆

 

この鉛筆は実際の受験では使わないので、私が職場で使います。

 

我が家はセンターの受験料を払うのはこれで4回目。

子どもが二人しかいないのに、4回も払っています。

そう、二人とも浪人したから~

(:-:)

 

スポンサーリンク


 

もうこれで本当に最後です。

来年の受験に全落ちしたら、専門学校か就職してもらいます。

本人も了承済み。

2浪するパワーは残ってないんだって。

 

そもそも、次男はコミュ力が高く、調子がいいので、大卒という学歴なんてなくても何とかなりそうな気がします。

 

なんて構えていられるのも、まだ受験まで4~5カ月あるからかな。

年を越し、センターが始まるころには、私が落ち着かなくなります。

もうね、気が気じゃなくなるのぉ~

 

心配したって仕方ないのは分かってるんですけどね。

決まってしまえばそれに向けて行動するのみなんですが、決まるまでがソワソワ

 

こんな心配、いつまで続くんだろ?

 

そう言えば、同僚が30歳近い息子さんが転職することを心配してました。

大丈夫かなぁって

親って言うのは、一生そうなんでしょうね

 

高校生用語?

先日高校を卒業した次男が時々発しています。

 

親、マジ、リスペクトぉ~

↑すごーく軽い感じ

 

って。

次男は夫をマジリスペクトしてるらしい。

 

あ、そうなんだ。

よかった、育て方、間違ってなかったかな。

 

スポンサーリンク


 

大学受験にほとんど口を出さなかった夫

 

今年の次男の大学受験は大失敗でした。

私の見解が甘かった。

もうちょっとできると思ったのに、次男は思ったよりバカだった。

反省、反省。

 

夫は私が次男の受験のスケジュールを楽しそうに組んでいるのを見てただけ。

 

夫は大学受験のことはよく分からないからと、全面的に私に任せてくれていました。

 

夫が時々発する受験の話はどこかとんちんかんで、あまり口を出さなかったことは、良かったかなと思ってます。

 

しかし、次男が全落ちした時はさすがに「甘かったよね?○○大学とか受けろって言ったじゃん。」と反論されました。

 

○○大学より偏差値低いとこ受けてたんだけどね、それもダメだったんだよ(;´Д`)

とまあ、反論内容もとんちんかん。

 

 

夫「専門学校でもいいんじゃない?あいつ(次男)が真面目に浪人生やれるとは思えないけど」

 

私「うん、分かる、私もちょっとそう思う。

だけどね、次男自身が浪人したいって言うんだよ。予備校の学費も無料だし、長い人生、1年くらい棒に振ってもいいんじゃない?」

 

夫「あいつ、俺には浪人したいなんて一言も言わないよ。誰が受験料出したと思ってんだよ」

 

あ~受験料、30万以上を棒に振ったことを言ってるんだね。

確かに確かに。

 

私「私には浪人したいって。んじゃ次男に聞いてみれば?」

 

で、夫が次男に聞いたところ浪人したいって言ったらしい。

なんとなくモヤモヤした感じですが、夫もこれで納得出来たっぽい。

 

次男から夫にきちんと伝えてほしい

 

浪人を決めたなら、次男から夫にきちんと挨拶してほしなと思った私は、次男に言ってみました。

 

私「夫に『浪人させてください』ってちゃんと言うんだよ。夫はそういうきちんと挨拶されるの好きだから。母はそういうの苦手だけどね。」

 

次男「そうなんだ、了解」

 

と返事したものの、どうもタイミングをつかめなかったようで、言わずじまいの次男。

 

以前、夫に浪人したいかを聞かれ、したいって答えてるし。

確かに今更わざわざ挨拶するのもしにくいよね。

 

でもやっぱり夫のモヤモヤ感が伝わる。

う~ん、どうしたものか・・・

 

ここは助け船を出してやるか。

 

人って人づてに褒められると嬉しい

 

人って褒められるのは嬉しいです。

○○さんってこんなところが凄いよね!

照れくさいけど、やはり嬉しい。

 

しかし、それよりもっと嬉しいのが、Aさんが○○さんってこんなところがすごいって言ってたよ~って○○さんに伝えること。

 

何でなんでしょうね、誉め言葉って人伝いだとすっごく真実味が増す?

うれしさ倍増です。

 

なので、夫に次男が言っていた言葉をそのまま伝えました。

 

私「次男ね、夫のことマジ、リスペクト~って言ってたよ。」

 

夫「どこが?」

↑すでに嬉しそう(^^;

 

私「いろいろあるだろうけど、今は学費とか出してあげてることかな。周りの友だちとかお金の問題で進学を断念してる子もいるらしいの。

そういう話を聞くと、自分って恵まれてるなーって感じるんじゃない?

で、その結果、マジ、リスペクト~だって」

 

夫「あいつ、軽いな。」

↑もう、ごきげん♪

 

こういうことってかしこまって言うより、冗談っぽく言うほうが更に真実味が増すのは何故なんだろう・・・

 

おかげで、夫のモヤモヤ感は払しょくされたようです。

よかったよかった。

 

高3の次男、大学受験に全落ちちて浪人決定しました。

滑り止めだと思っていた大東亜に撃沈した時に嫌な予感はしたのですが、まさか本当に全部落ちると思わなかったなぁ・・・

完全な実力不足でした。

 

スポンサーリンク


 

長男も浪人していて、1年間モヤモヤして過ごしたのがすっごく嫌だったので、次男は絶対現役!とはりきって9校も受けました。

受験料は30万超え。

それでも現役で受かるなら、と投資しましたが、撃沈。

 

この際、専門学校でもいいんじゃない?

専門学校なら今からでも行けるところあるよ。

別に「大卒」っていう学歴がなくても、資格を取っていけばいいし。

受験勉強した経験はきっと資格の勉強の役に立つと思う。

 

と勧めてみましたが、本人が浪人したいというのでそうすることにしました。

長男も浪人してるし、次男はダメとは強く言えません。

どうやら我が家は大学受験に恵まれていないようです。

 

浪人してまたどこも受からなかったらどうしよう・・・

とモヤモヤした1年を過ごすのかと思いましたが、意外や意外、長男の時とは違って何となく気楽。

 

浪人してダメだったら納得して専門学校にでも進むと思います。

こんなふうに思えるのは、やはり高校卒業できたからです。

長男は高校退学をせざるを得ない状況に陥ってしまったので、大学に行けなかったらどうしよう・・・とずっとモヤモヤしていたんでしょうね。

 

予備校の授業料が無料

 

こんな簡単に浪人を選ぶのは、次男の通っている予備校は浪人すると授業料が無料になる、というのもあります。

 

もちろん無料になるのは条件があります。

この条件をクリアすると、現役生と同じように授業が受けられます。

毎日、朝8時半に普通の学校と同じようにホームルームがあります。

ホームルームでは指導員が「活」を入れてくれます。

 

現役生が学校に行くように予備校生は予備校に行くのです。

授業料無料ですが、現役生より手厚いです。

 

浪人生にとってはとてもいいかもしれませんが、この制度のせいで現役にしがみつかない気もします。

無料で予備校に通えるからいいかな、と少し安易です。

 

物欲が止まらない

 

次男の入学金でお金がすっごくかかる予定でしたが、こういった状況なので、現在少しお金が浮いております。

浮いてるといってもいずれ必要にあるお金なのは分かっていますが、なんとなく残っている気がしてしまう危険な状況。

 

消費税アップも相俟って、物欲が止まりません。

 

突っ張り棒も買っちゃったし。

も買っちゃったし。

 

欲しかった空気清浄機買います!

↑なに、いきなり?

 

 

次男と同じ高校の同級生がマーチ理系に合格したらしい。

 

次男の高校の偏差値は中の下なので、マーチに受かるなんて万々歳。

しかし、進学を断念した。

 

理由は「お金」

 

なんでも、同級生は母子家庭でとてもそんなお金出せないんだとか。

 

でも、ほんとにお金?

だったら最初から受けなきゃよかったのに・・・

 

我が家の長男も私立理系なので、学費がすんごく高いのは知ってます。

高いけど・・・私なら奨学金を借りるな。

 

4年で卒業したとして学費が600万円超。

自宅から通えるなら生活費まで借りなくていいよね。

 

理系は文系に比べて忙しいというけれど、アルバイトは普通にできます。

高校生活より時間あるよ?

夏休みと春休みが2か月ずつあるので、稼ごうと思ったらいっぱい稼げる。

 

600万を10年で返すとして年間60万。

月5万円かぁ・・・確かにちょっときついかな?

 

新卒の月給が20万、いろいろ引かれて17万円くらい。

自宅から通勤するなら月10万は返せるし。

しかも、残業代や賞与、昇給もあるとおもうので、本気で返そうと思ったら5年くらいで返せそうじゃん?

 

と、余計なお世話な計算をしてしまった

(;^_^A

 

価値観や人生は人それぞれだけど、せっかく受かったマーチをお金を理由に諦めるなんてもったいないな、と思ってしまった。

 

次男の大学受験がなかなかうまくいきません。
現在、半分を過ぎたところ。

全部で9校受ける予定です。

 

滑り止め 2校
本命校 2校
いけるかも校 1校
チャレンジ校 4校

 

スポンサーリンク


 

チャレンジ校4校は多かったかな
2校でで良かったかも?

それでも、絶対現役のつもりだったので、後悔したくないなと思い、チャレンジ校は4校にしました。

 

それが、初日の滑り止め校で躓きました。

 

なんかねー、手も足も出なかったそうです。
予備校で対策していた問題形式と全然違ったらしい。

滑り止めだと思って全く過去問題をやって行かなかったのも敗因の一つでしょう。

 

大学によって問題形式が違うから対策が必要だよ!

と、聞いたことがあります。

 

だけどね、この「過去問はやらない」というのは予備校の方針でもあるんですよね。

予備校曰く、

 

 

『受験が近づいてくると、やたらと過去問を解く人もいます。こういう人で成功した人はほとんどいません。大切なのは予備校のテキストの復讐です。
過去問はあくまでも過去問、予備校のテキストを繰り返し復習してください。』

 

 

と呪文のように問われます。

これで長男は大成功したので、決して間違ってないのです。

 

しかし、長男が成功したのは浪人してからなので、次男の滑り止めがここまでダメだということは、現役では間に合わなかったのかも?
という思いがぬぐえません。

 

勉強が得意だったり、自頭がいい子なら現役でも行けたのかもしれません。

とかく、我が家の息子たちの勉強の出来は常に中の下だったので、そんなに得意な方じゃないです。

 

中の下が予備校の戦略に従ったらそこそこの大学に合格できた、というシナリオを描いていたのですが、なかなかうまくいきませんね。

やはり甘かったかなー

 

いけるかも校の受験終了時、あまりにも次男ができなかったというので、かなり私は落ち込みましたが、4~5日経った現在は結構、落ち着いてます。

なるようにしかならないな~ってね。

 

私は落ち込んでしまいましたが(次男にはそんな素振りは出してないです)、当の次男は最終試験まであと2週間あるから、できるところまでやる!
ってはりきってるし。

 

本心は私と同じように落ち込んでいるのかもしれませんが、実際、机に向かってがんばっているので、この精神力は我が息子ながら尊敬してしまいます。
例えダメでも、この経験はきっと将来役に立つんじゃないかと。

 

 

とりあえず、私ができるのは運気を上げることくらいかなと、部屋の掃除をしました。

次男の勉強している部屋を軽く片付け。

↑汚部屋(--;

消しゴムのカスを掃除機で吸ったり、絨毯を念入りにコロコロしたりとか。

 

あと、トイレ掃除とかリビングの水拭きとか・・・
ん?これは受験の時だけじゃなく普段からやらないとね~

 

高3次男の大学受験がなかなか手こずっています。

心配で心配で昨日はまともにご飯が食べられなかった(私が)

当の本人は「まだまだ!」ってがんばってます。

 

なんといっても、一番最初に受けた滑り止めの大学の撃沈に堪えています。

もう、全落ちかも。

 

二次も視野に考えないといけないかなー

視野に入れて何とかなればいいんだけど。

 

スポンサーリンク


 

次男が受けるのは全部で9校。

 

一番最初に受けた大学が偏差値40台の滑り止めの大学。

ここはいけるだろうと息込んで行ったのですが、頼りの数学が撃沈。

英語と国語もボチボチで、手ごたえが全くなかったそうです。

 

次に偏差値55超えのチャレンジ校。

ここは、英語と国語はものすごく手ごたえがあったそうです。

英語と国語が終わった時点で、「え、オレこの大学受かっちゃうんじゃね?」と思ったそう。

しかし、ここも数学で撃沈。

 

まじか!頼みの綱になると思った数学がまさか足を引っ張るなんて!!

 

そして次に受けた、いけるかも校も滑り止め校と同じ結果に。

 

もうね、手ごたえが全くないそうです。

受験科目に数学を選んだのが失敗だったのかもーーー

 

あんなに頑張ってたのに次男が不憫で不憫で。

で、珍しく食欲がなくなった私。

晩ご飯もいつもの半分くらいしか食べられませんでした。

 

すっごくショックでしたが、次男には気にしてない素振りで過ごしました。

 

でも、本心は浪人は長男の時でコリゴリなんです。

1年、すごーーく長いんです。

 

 

次男「このままじゃ浪人か?」

 

長男「げ、浪人するの?家族に浪人生がいるのはしんどいんだよ~」

 

私「自分だって浪人してるくせによく言うよ!」

 

長男「あ、そうか。でも、浪人はきついよ~」

 

 

長男自信が浪人はしんどかったと何度も言うので、私もできれば浪人は嫌なんだけど・・・

 

二次募集見ても、次男が受けた滑り止め校以下の大学なんて見当たらないし。

 

気分が滅入って滅入って落ち込んでいましたが、仕事に入るとこういうことは忘れちゃうんですよね。

仕事ってありがたい。

 

こういうことって、はっきり決まるまでモヤモヤモヤモヤしてしまいます。

決まってしまえば、それに向かっていけるのですが、どっちにも転ぶ段階の時が一番精神的にきついんです。

 

どうしよう、どうしよう、どうしようって。

 

次男本人はあっけらかんとしてるんですけどね。

(そこが救い。すばらしい心臓の持ち主だわ~)

 

 

現状では足を引っ張っている数学は、家に帰って長男に教えてもらっていると、「あ、そうか」と分かるそうです。

あと一歩。

 

ちょっと時間が足りなかったみたいーー

 

でも、まだあと半分残ってるので、毎日トイレ掃除を頑張って運気を上げるぞ!