• 投稿 2018/05/20
  • 雑談

私は宝くじに興味はなく、今まで買ったことありません。

宝くじを買うお金がもったいないからです。

 

もしかしたら6億円当たるかも

(*´ω`*)

 

そんな夢は何故か持てない性分です。

 

スポンサーリンク



 

そんな私とは裏腹に、実家では毎年年末ジャンボを楽しみに購入しています。

20年以上前に3000円分を初めて買ってみたら10万円当たったらしく、それから毎年買い続けているそう。

1万円分買ったり、3000円分買ったりと買い方はいろいろだそうですが、

買い続けています。

買い続けていますが、最初に当たった10万円を最後に、それ以降、当たったことはありません。

もう、当たった10万円以上の金額を使っていそうです。

 

 

宝くじは連番で10枚購入すると、必ず1枚300円の当たりくじが入っています。

先日、実家に行ったらその300円当たりくじをくれました。

 

実母「これ、あげるよ」

私「え、いらないけどーーー」

 

と、断りましたが、強引に無理やりくれました。

(--;

 

 

何かのついでに換金しよう

あれ、ちょっと待て、私ってば宝くじの換金方法知らない。

私は自分の興味のないもの、関係ないものは脳に全くインプットされません。

 

 

夫「宝くじを売っているところに持って行けば300円くれるよ」

 

私「宝くじってどこに売ってるの?」

 

夫「駅前とか」

 

私「んじゃ、夫が換金してきてよ」

 

夫「宝くじ売り場が開いてる時間に駅前なんか行かないし」

 

 

私なんて駅前すらめったに行かないのにーーー

そう、たった300円の換金のために手間暇かけるのが嫌なんですよね。

 

宝くじ売り場以外にも、みずほ銀行で換金できるようです。

みずほ銀行ならどこにあるか頭に浮かびます。が、たった300円で銀行行くの恥ずかしいなぁ。

 

しかし、されど300円です。

節約好きな私が300円の券を捨てられるわけがありません。

実母ったらなんて迷惑なものをくれたんだ。

 

このままだと期限が過ぎるまで財布の中に放っておきそう。