まだまだ私が若かった20代前半。子どもが生まれる前。

仕事終わりに飲みに行ったりカラオケに行ったり、友だちの家に泊まりに行って夜通しおしゃべりしたり。

リア充です。

過去の思い出なので多少美化されてる気もしますが、とても楽しかった20代前半。

 

スポンサーリンク



 

その後、欲しくて欲しくて仕方がなかった我が子が生まれたのは20代後半。

長男はそれはそれはかわいくて愛おしくて。

 

しかし、かわいい我が子と引き換えに私はリア充を失いました。

私も夫も実家は遠方で頼れず、夫は子育てにはほぼノータッチだったので頼れず、必然的に保育園のお迎えは私の仕事でした。

 

仕事終わりにいつでも飲みに行くことはできなくなりました。

飲みに行くときは仕事が休みの土日に夫に任せて、とか。

 

でも、そういう飲み会ってあんまり好きじゃない。

仕事終わりに職場の仲間となんとなく今日行こうか~なんてノリの方が好きです。

 

こんな生活が10年くらい続き長男が10歳くらいのとき、始めて子どもたち二人をお留守番させて夜出かけた時はちょっとした感動ものでした。

 

とうとうこんな日がくるほど子どもたち大きくなったんだ~

 

ってね。

 

でもね、そうできるようになったころには、職場の仲間と飲みに行くのがそんなに楽しくなくなっていた自分がいました。

ママ友と美味しい料理を食べに行ったり、家族でラーメンを食べに行ったり、一人でカフェに行ったりする方が楽しい。

仕事帰りに飲みに行くより、さっさと家に帰ってゆっくりしてる方が楽しい。

年齢的に体力が衰えたせいもあると思いますがーーー皮肉なもんです。