月別:2017年06月
ホームPage 1 / 212
  • スマホ

我が家のスマホ代、私と長男次男の3台分で5千円以下です。
もちろん、格安スマホ。
我が家は格安スマホのOCN モバイル ONEを利用しています。

 

スポンサーリンク


 

この話をすると、未だに時々ビックリされます。

 

巷では格安スマホのCMがバンバンに放送されてるし、ネットの広告もそこら中に出ています。なのに、何でみんな検討しないのか不思議でたまらない。

 

今月の我が家の請求料金です。

 

 

スマホで動画を見たりもしますが、我が家はWiFi環境が整っているので、高いデータ通信料金は必要ありません。

 

少ないデータ通信料金(1日512M)でもLINEや普通のサイトを見たりするのは十分です。

 

息子達は多少不便なのかもしれないけど、特に何も言わないです。

 

外出先で動画はしんどいですが、ツイッターやFacebookは何の問題もなく使えます。

 

何かのためにと一応、電話可能な契約にしていますが、電話はほとんどしません。この月の電話料金は80円ですね。

 

格安スマホと言えど、docomo回線を使っているので通話やネット環境は特に問題ありません。

 

 

これが、3キャリア(docomo、au、ソフトバンク)なら、1台5千円くらいしますよね。

 

途中解約すると違約金を払わないといけませんが、違約金を払ってもさっさと変えた方があっという間に元が取れる。

 

 

 

とまあ、こんな風に職場のお昼の時間に力説するんですが・・・この話をしたからと言って格安スマホに変える人って私の周りではほとんどいないんですよね。

 

日本人の感覚なの?

 

よく分からないですが、不思議でたまらない。。。

 

 

一つの契約でSIMカードを3枚ご提供!「OCN モバイル ONE 容量シェアSIMタイプ」登場

先日、味噌汁に冷蔵庫に残っていたある食材を入れたら、味噌汁がすっげー美味しくなってビックリした。

 

いままでこの食材入れたことなかったけ?そう言えば入れたことなかったかも。こんなに美味しくなるなんて全然知らなかったね~

(*´▽`*)

 

と家族にも大好評。

 

気をよくした私は、この食材を味噌汁以外にもカレー、トマトソース、グラタン、野菜炒め、牛丼など入れれそうなものに入れてみたところ、やっぱりすっごく美味しくなってる!

 

多分、出汁がいいんだと思う。

 

その食材とは・・・なんと、

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

 

 

 

 

舞茸~

(^o^)

 

 

そう、スーパーに必ず並んでいる舞茸です。

 

私は普段、舞茸じゃなくてシメジに手が届いていまして、舞茸を選ぶことはまずなかったんですよね。

 

舞茸よりシメジの方がつるんとしててかわいいイメージなので、つい、シメジを選んでました。値段もシメジの方が安いことが多いし。

 

それが、たまたま舞茸が安くて舞茸を買って、味噌汁に入れてみたらすっごく美味しくて♪

 

で、カレーとか野菜炒めに入れたらいつものカレーや野菜も絶品になってるからビックリ!

 

舞茸、すげーーー

(≧▽≦)

 

って訳です。

 

舞茸は包丁を使わなくても細かくなるので使いやすい♪

 

最近は舞茸2パック入りを購入して、入れれそうなメニューには入れるようにしています。

 

今のところ失敗はない。

オススメ食材です♪

 

 

最近、長男の歯の矯正を考えている。

 

矯正するほどではないか、とずっと思っていたんだけど、大学生になってちょっと気になるなぁ~と思ってきた。

 

私はかなり我が子びいきで、我が子はかわいくって仕方がない。

そんな私が気になるんだから、我が子とは全く関係がない他人はもっと気になるだろうなぁ~と思う。

 

長男は前歯二本のサイドの二本が引っ込んで陰になっており、歯抜けのように見える。

笑うと、超~間抜け。

 

お笑い芸人とか目指してるなら武器になるかもね~

(^▽^;)

 

スポンサーリンク


 

しかし、歯の矯正は高額で有名な治療。

100万位、というのはよく聞く話。

 

一応、ネットで検索してみると、80万~という表記が多かったかな。

80万~、期間は1年半~2年位。

 

これも目安で、もっとかかる人もいるし、2年で終わらない人もいるらしい。

そういうのを読むと、躊躇しちゃうなぁ。

 

 

矯正しないことの後悔

 

私の実弟が受け口。

下の歯が前に出てて、顎が出てるやつ。

 

私が小学生の時、実母になんとなく言われたことがある。

 

実母「○○(実弟)の受け口、治さなくていいよね。治療するんだったら100万位かかるんだって」

 

私が小学生の時だから今から40年くらい前の話。

40年前の100万って今のいくら位なんだろ?きっと物価が違うからすごい金額だよね。

 

しかも小学生の私にとって100万なんてとんでもない金額だったし、その頃、実弟の受け口のことなんて全然気にならなかったので、

 

私「100万もかけて治す必要ないんじゃない?」

 

って答えた。

 

実母も「治さなくていいんじゃない」という返答をしてもらうつもりで私に言ってたようだし。

 

 

それが現在、実弟の受け口は大人になるにつれて酷くなっていたので、あのとき、やってあげればよかったかも、と思っている。

 

実弟自身は気にしてないようなので、これ以上は私が口出しすることじゃないけど、自分の息子が実弟みたいだったら絶対矯正させるな、と思っている。

 

 

つまり、私は長男の歯抜けに見える歯を矯正しないと、実弟のように「私が」後悔しそうなのだ。

 

実は、長男の歯抜けも、長男本人は全然気にしていない。

最近まで私も気にしてなかったので、

 

私「気になるんだったら自分で稼げるようになってから治療しなね~」

 

なんて言っていた。

 

 

現在、学費だけでいっぱいいっぱいの我が家だけど、出せない金額じゃない。きっと何とかなると思う。けど、やっぱりしんどい。

 

やる気のない長男の高額な治療費を考えると私の腰はどんどん重くなる。しかし、私は私のために長男の夏休み前には実行しようかと考えている。

 

私のためにやるくせに、長男に恩着せがましく言っちゃうんだろうなぁ。私ってばそういう卑怯な奴なんです。

 

私は仕事してせこせこお金を稼ぐのが好きです。

なので、子どもが生まれても仕事を続けたかったので、保育園に入れることは決めていました。

 

近くの公立の保育園が生後半年以上からだったので、子どもが6ヶ月すぎたらその保育園に入れるように申し込みし、念願叶って一発合格!

 

当時はまだ子どもが0歳で働くお母さんは少なかった。1歳すぎたら働く、という人は多かったけど、0歳のうちに働く人は少なかったので、保育園も入りやすかった。

 

スポンサーリンク


 

子育てより仕事が好き

 

子どもが小さいうちは自分の手で育てたい、なんてこれっぽっちも思わなかった。利用できるものは利用して、子育ては手を抜けるところは手を抜いて、仕事中心の生活を送った。

 

我が家の息子たちの目に映る私はずっと働くお母さんなんだと思う。

 

朝から仕事に行って、帰って来てからご飯を作って食べる。洗濯して片付けして・・・夫は遅くまで仕事。毎日毎日そんな生活。

 

夫も仕事が好きな人なので、忙しそうだけど充実している感じを醸し出している。

 

 

そして、こんなに仕事好きな夫婦に育てられた長男にとって、私たちはどうやら半面教師になってしまったようで、なんでそんなにせこせこ働いているんだろう・・・自分はもうちょっと楽に仕事したいな、と思っている節がある。

 

 

ゆとりの美学。 力を抜くこと、サボることを恐れない
ゆとりの美学。 力を抜くこと、サボることを恐れない

 

 

蛙の子は蛙

 

夫の両親は私たち夫婦のように子どもが小さいときからずーーーっと働いていた。義父もよく働いた人だけど、義母もさらによく働く。

現在74歳、まだ現役バリバリ。

 

そんな義父母の元に育ったので夫はよく働くのかな・・・と思いきや、夫の妹、つまり私にとって義理の妹は

 

「犬になりたい・・・」

 

というような子。

 

 

義母に長男の無意欲な性格を話すと

 

「親がせこせこ働いていると、そういう子が一人くらいは出てくるよ」

 

と言う。

 

人ってトータルで考えると平均値って言うもんね。

私たち夫婦のせこせこ分が長男ののんびりで調整されてるのかもしれない

(--;

 

実家からじゃがいもをたくさんもらった。

このままだと半分以上芽が出すぎて食べれなくなる。

 

そうだ、コロッケを作ろう!

コロッケ(牛肉)10個【楽天マート(ネットスーパー)】

 

スポンサーリンク


 

手作りコロッケなんていつぶりだろう・・・

多分、オリンピック以上経ってる。

 

 

様々な条件がそろわないと、まず作らない。

 

条件1:ジャガイモがタダでたくさん手に入る

条件2:時間がある

 

条件2はなんとかなるんだけど、ジャガイモは自分ではわざわざ沢山は買わないので、条件1が揃うことがまずない。

 

今回、たまたま条件1が整ってしまったので、コロッケでも作ろうかなと。

 

 

コロッケのコスパ

 

以前、職場の人と料理の話題になった。

 

 

同僚「料理はやりますか?」

 

私「あんまり料理は得意じゃないけど、一応、子どもがいるので毎日やりますよ~焼いたり煮たり揚げたりくらいですが・・・」

 

同僚「コロッケは手作りしますか?

 

私「コロッケはしないなぁ。コロッケってすっごく面倒なんですよ。買った方が安いの。」

 

同僚「料理に手をかける人とかけない人を見分けるのにこの質問するんですよね~」

 

 

おぉ~~!当たり当たり!

私は料理に手をかけない。的を得てるわ~と感心したことがある。

 

 

料理は適当な私がコロッケを手作りするのはかなり大変なことなんですよ。

 

 

しかも慣れてないので時間がかかるかかる。

それなりに美味しかったけど、お惣菜の方がおいしいような・・・慣れてないだけ?

 

暫く手作りコロッケはいいや~

 

 

  • 雑談

以前、実母が入院したことがある。入院期間は2週間。

 

私の自宅から実家まで車で3~4時間の距離。公共の交通機関を使っても同じくらい時間がかかるところだけど、実母だし、何か手伝わないといけないかなと入院前に実母に確認してみた。

 

スポンサーリンク


 

実母によると、入院中の着替えなどはお嫁さんがやってくれるし、他にやることないから別にいいよ~ということだった。

ただ、お嫁さんの手前、お見舞いに1回位は顔出してねって言われた。

 

2週間の入院で実の娘がお見舞い1回、なんとも味気ない話だけど、母の意見通りに事(こと)を進めた。

 

仕事が休みの日にお見舞いの予定を立て、入院中の母にメール。

 

私「○日に行こうかと思うけど大丈夫?」

実母「大丈夫だよ~」

 

ところが、○日当日、雪のため午前中は高速道路不通。

 

お見舞いの予定を立てたのは確かに2月だったけど、私の実家はめったに雪なんか降らないのでビックリ!

だけど滅多に雪が降らない地域にちょっこっと雪が降ると立ち往生してしまう。

 

そのニュースを見て早速母にメール。

 

私「高速道路が雪で不通だからちょっと遅れるね。大した雪じゃないからすぐ開通すると思うよ。」

実母「そんな状況じゃ仕方ないから今回は来るのは中止にしな!」

 

実母は入院中なのに自分のことより私の方が心配なんだろうね。多分、私が同じ状況だったら息子に同じことを伝えるだろうなぁ・・・

 

そして高速道路が開通したのは夕方過ぎだったので、お見舞いは断念。

結局、入院中にお見舞いには1回も行かなかった。

 

実母は別に来なくても大丈夫だよ~と気丈で穏やか。

多分、病気的には本当に大丈夫だったと思う。

だけど、やっぱりお見舞いは1回でも行っておけばよかったな、と少々反省。

 

 

入院中の息子のお見舞い

 

4~5年前に私も2週間ほど入院したことがある。

長男が高校生で次男が中学生の時。

 

夏休みの間だったので、長男次男が協力して家事をこなしていたと思う。(夫はほとんど仕事で、多分、おおむね次男が担当)

 

晩ごはんはコンビニ弁当とかクックドゥーの麻婆豆腐だったり、チャーハン作ったり、卵やハムを焼いたりしてたと思う。

 

そんな中、次男ってば毎日私のお見舞いに来てくれたんですよね。

夏休みと言えど、次男にだって部活とか友だちとの約束とか色々あったと思うのに、毎日お見舞いに来て、30分くらい私と過ごしてくれました。

 

私「母は大丈夫だからそんなに毎日来なくてもいいよ。大変でしょ」

次男「来たいから来てるだけだよ」

 

え!?

(;・∀・)

 

この返答、すごくない?

私はすごいと思ったんだけど・・・

 

この時、次男は中学生なので、もう母に甘える年でもなかった。だけど、こういうことができる子なんだ、すごいな、と思った。だって私だったら面倒くさくなるもん。

 

私はどちらかと言うと、親の言葉を真に受けて、「来なくてもいいよ」って言われたら「ラッキー」と本当に行かない。

 

まあ、これが命にかかわるような病気だったら行動は違ってたかもしれないけど、至って元気な入院生活だったので、「お見舞い面倒だから(←言わないけど)必要なときは言ってね」となる。

 

長男も私と同じタイプで、次男に誘われたり、用事があるときは来たけど、毎日は来なかった。それはそれでいいと思う。

 

入院生活と現実生活ってかけ離れているので、現実生活を送っている人に入院している私が負担になるのがいやだったりするんですよね。

 

なので、現実生活を送っている人の負担はなるべく最小限にしたい。そう考えていたのに、次男は毎日来る。私は心配になりながらも、やっぱり嬉しかった。

 

「来なくてもいいよ」って言われても、「来たいから来てるだけだよ」って言う。こういうことを負担に感じずできる次男って本当にすごいなぁと思った。

 

病院の売店で次男にお菓子を買ってあげるのが嬉しかったよな。

 

 

自分でも白状だなと思う

 

つまり、入院している人は現実生活を送っている家族に負担をかけたくないと考えているので、「来なくてもいいよ」って言うけど、実際来てくれたらうれしいんだよ。(会社の人とかは絶対来てほしくないけど)

 

だから、多分、実母は私がお見舞いに行ったほうが嬉しかっただろうなぁと反省している。

 

だけど、面倒くさくてついつい実母の言葉に甘えてしまう私

(--;

 

長男が通学に使っている自転車が壊れた。自転車屋さんで見てもらったところ、修理不能。

 

2年前に1万円で購入したママチャリ。たった2年で壊れるなんてちょっと早くないかい?

 

しかし、毎日16~7キロ走っているママチャリ。2年で1万円なら安い方かもしれないとも思う。

 

交通費をかけて通学することを考えると、よりよっぽど安上がりね♪

 

スポンサーリンク


 

私「んじゃ、明日困るから今から買いに行こうか。また一番安いのでいいよね~」

 

我が家から徒歩10分のところにホームセンターがあるので、さっさと買いに行こう・・・

 

 

いや、待てよ、我が家にはもう1台使ってないママチャリがある。

後ろタイヤがパンクしたまま放置してあるママチャリ。

 

新しいママチャリを購入するより、こっちを修理した方が安くないか?

 

放置チャリは放置していたのでサドルとグリップは明らかに劣化しているが、タイヤはパンクはしてるけど、溝はしっかりあってキレイ。

 

私「壊れたチャリのサドルとグリップを放置チャリに付け替えてもらって、パンク直した方が安くない?」

 

しかし、タイヤのパンクはパンク修理だけなら数百円だけど、チューブ交換となるともっとかかる。

他にも傷んでいるところもありそうなので修理代やら部品代を考えると新しく買った方が安く上がるかもしれない。

 

とりあえず、2台を自転車屋さんに持ってって相談してみるか。

 

実は、放置チャリはわりとデザインが気に入っているママチャリなので、これが直るなら嬉しいなぁという思いもあった。

 

徒歩10分のところにホームセンターがあって、その一角で自転車の販売や修理をしているので我が家はいつもここを利用している。

 

ホームセンターに自転車を2台持って行って相談すると、チューブ交換が約2500円で、その他修理代を含めてもそんなに高くならなそうだったので、お願いした。

 

 

ママチャリ修理代が思ったより安かったけど

 

で、見てもらった結果、800円で済んだ

(*´▽`*)

 

1万円で新しい自転車を買おうかと思ったところ、800円。

すっごく安上がりに済むで良かった。

 

良かったけど・・・800円で仕上がった自転車は元は放置自転車。

きっといろんなところにガタが来ている。

今後、別の修理代がかかってしまうかもしれないので、油断はできないな。

 

毎日大学には行っている長男だけど、部活にもサークルにも入らず、友だちもできない、どこも寄り道せずまっすぐ帰ってくる。

 

バイトもしないで土日はずっと家に引きこもり。

 

スポンサーリンク


 

現在、大学2年生。

1年の前期にかなり単位を落としたので、単位奪回を目標に勉強は真面目にしている様子。

 

バブル世代の私からすると考えられない生活を送っているわけです。

 

真面目に勉強って・・・

 

バブル世代の私は大学なんて入ってしまえばこっちのもの。

 

大学にはあんまり行かず出席は友人に代返を頼んだり、先輩にテストの過去問を貰って単位をゲット、バイトや飲み会、ドライブなんかに明け暮れた生活を送っていた。

 

ん?私の大学生活を長男がやったらやったでスッゴク心配しそう

(^▽^;)

 

「全然帰ってこないよ~」「ちゃんと学校行ってるのかなぁ」「高い学費払ってるんだから真面目に勉強してよ!」

 

なんて言ってそう。

親なんて勝手なもんだ。

 

そう考えると、長男の真面目な行動は、親(私)の深層心理通りに行動しているのかもしれない。

 

最初は友達ができない長男をとっても心配したけど、大学には実験があるので全くしゃべらないわけではないらしい。(そんな環境で友だちができない方が不思議だけど)

 

なので、今は心配と言ってもそんなに心配しているわけではない。

ただ、ちょっと愚痴る程度。

 

 

大学2年生の夏休みの過ごし方

 

先日、夫の実家に行ったとき、長男のことをちょこっと愚痴ってみたら、思わぬ答えが返ってきた。

 

義父母「だったら夏休みの間にこっちで仕事手伝ってみたら?」

 

義父母はお年寄り向けのデイサービスを経営している。

お年寄りを病院に連れて行ってあげたり、一緒に麻雀やったり。

 

おお!長い夏休み、ずっと家に引きこもってるより全然いい過ごし方じゃないか!

なんてありがたい申し出なんだ(*´▽`*)

 

長男は生まれてからずーーっと自宅にいるもんだから親に甘えてるんだと思うんだよね。

一度離れるのもいいかもしれない。

 

あとは長男を説得するだけね(これが一番厄介)

 

 

私「長男の夏休み決まったから。デイサービスで仕事させてくれるって♪」

長男「げ、それは無理」

 

私「だってもう決まっちゃたし」

長男「夏休みは自宅のおさんどん(家事全般)やるって言ったじゃん!」

 

今年の夏休みはバイトもしないでゴロゴロしてるなら家事全般をやる約束になっている。

 

私「でも、いい経験になると思うよ。コミュニケーション能力もアップすると思うし。」

長男「なんで次男は好きなことやってるのに俺には無理強いするんだ!!」

 

 

なかなかの抵抗。

まあ、こうなるだろうな。

 

それでも一段階完了。

こういうことは何度も何度も言い続け、「それくらいだったら大丈夫かな」と思わせることが大切。

 

それに、夏休みのおさんどん、デイサービスに行くくらいならそっちをやろう!って思わせ、実行させることも大切。

 

ぼーーーっとしてると、おさんどんの約束もフェイドアウトされそうだしね。

 

 

 

ホームPage 1 / 212