毎日大学には行っている長男だけど、部活にもサークルにも入らず、友だちもできない、どこも寄り道せずまっすぐ帰ってくる。

 

バイトもしないで土日はずっと家に引きこもり。

 

スポンサーリンク



 

現在、大学2年生。

1年の前期にかなり単位を落としたので、単位奪回を目標に勉強は真面目にしている様子。

 

バブル世代の私からすると考えられない生活を送っているわけです。

 

真面目に勉強って・・・

 

バブル世代の私は大学なんて入ってしまえばこっちのもの。

 

大学にはあんまり行かず出席は友人に代返を頼んだり、先輩にテストの過去問を貰って単位をゲット、バイトや飲み会、ドライブなんかに明け暮れた生活を送っていた。

 

ん?私の大学生活を長男がやったらやったでスッゴク心配しそう

(^▽^;)

 

「全然帰ってこないよ~」「ちゃんと学校行ってるのかなぁ」「高い学費払ってるんだから真面目に勉強してよ!」

 

なんて言ってそう。

親なんて勝手なもんだ。

 

そう考えると、長男の真面目な行動は、親(私)の深層心理通りに行動しているのかもしれない。

 

最初は友達ができない長男をとっても心配したけど、大学には実験があるので全くしゃべらないわけではないらしい。(そんな環境で友だちができない方が不思議だけど)

 

なので、今は心配と言ってもそんなに心配しているわけではない。

ただ、ちょっと愚痴る程度。

 

 

大学2年生の夏休みの過ごし方

 

先日、夫の実家に行ったとき、長男のことをちょこっと愚痴ってみたら、思わぬ答えが返ってきた。

 

義父母「だったら夏休みの間にこっちで仕事手伝ってみたら?」

 

義父母はお年寄り向けのデイサービスを経営している。

お年寄りを病院に連れて行ってあげたり、一緒に麻雀やったり。

 

おお!長い夏休み、ずっと家に引きこもってるより全然いい過ごし方じゃないか!

なんてありがたい申し出なんだ(*´▽`*)

 

長男は生まれてからずーーっと自宅にいるもんだから親に甘えてるんだと思うんだよね。

一度離れるのもいいかもしれない。

 

あとは長男を説得するだけね(これが一番厄介)

 

 

私「長男の夏休み決まったから。デイサービスで仕事させてくれるって♪」

長男「げ、それは無理」

 

私「だってもう決まっちゃたし」

長男「夏休みは自宅のおさんどん(家事全般)やるって言ったじゃん!」

 

今年の夏休みはバイトもしないでゴロゴロしてるなら家事全般をやる約束になっている。

 

私「でも、いい経験になると思うよ。コミュニケーション能力もアップすると思うし。」

長男「なんで次男は好きなことやってるのに俺には無理強いするんだ!!」

 

 

なかなかの抵抗。

まあ、こうなるだろうな。

 

それでも一段階完了。

こういうことは何度も何度も言い続け、「それくらいだったら大丈夫かな」と思わせることが大切。

 

それに、夏休みのおさんどん、デイサービスに行くくらいならそっちをやろう!って思わせ、実行させることも大切。

 

ぼーーーっとしてると、おさんどんの約束もフェイドアウトされそうだしね。