漫画村がアクセスできなくなった、しかし、また復活してる!

とネットで話題です。

 

漫画村は違法?

違法かどうかは分かりませんが、正規ではなさそうです。

 

スポンサーリンク



 

漫画村は現在の日本の法律では取り締まれないという意見が多い中、政府は漫画村を含む悪質性の高い3サイトに対してブロッキングを行うよう、インターネット接続業者に要請。

 

日本インターネットプロバイダー協会は、「通信の秘密の侵害」に当たるとして反対の声明を発表。要請があっても原則応じることはできないとしましたが、2018年4月11日、漫画村はアクセスできない状態となりました。

 

今後どうなることやら。

 

 

電子コミックは漫画村のような海賊版でない正規のサイトもたくさんあります。

LINEまんがとかKindleとか。

あと、麻生久美子と神木隆之介がCMしてる電子書籍レンタルサイト「Renta!」とか。

 

これらね、けっこう高いんです。

コミック1冊約500円。

新刊だったら500円でもいいかな~と思いますが、ふっるーーいコミックも同じような値段。

Renta!なんて「レンタル」とうたってるくせに新刊1冊購入するのと金額が変わらない。

 

 

これが紙のコミックなら中古で100円、TSUTAYAで1冊100円以下で借りれるのに、電子コミックだと500円。これじゃあなかなか買う気になりません。

 

TSUTAYAのレンタル100円と同じくらいの金額なら読むんだけどなぁ~というコミックがたくさんあります。

 

とりあえず1回読みたい、そんなコミックを電子で100円位でレンタルできるシステムを作れば利用する人も増え、停滞している漫画業界も潤うんじゃないかな~~

1週間100円とかね。

期限が過ぎたら見れなくなるようにしてさ。

 

Amazonビデオみたいなシステムをコミックで導入してくれるといいんだけどなぁ。

もちろんずっと持っていたい人は500円で購入すればOKとかにしてね!

 

そんなことが頭によぎる。

近い将来そうなるかな。