• 投稿 2016/08/31
  • 雑談

夏です。

夏と言えば怪談、子どもたちも怖い話が大好きです。但し、リアルに怖い話はNGかな。

 

 

10分で読めるこわい話

10分で読めるこわい話

posted with amazlet at 18.08.02
熊谷 多津子
学研マーケティング
売り上げランキング: 236,163

 

子どもたちが小学生のころ、読み聞かせのボランティアをしてました。

親が教壇に立ち、朝の10分位を使って、本を読んだり紙芝居を読んだりしていました。

 

読み聞かせボランティアをやれる人たちが交代で行っていたので、1学期に1回位しか回ってきません。

 

どうせ読むなら、子どもたちの食いつきがいいものを聞かせたい、そう考え、毎回はりきって本を選んでいました。

 

やはり夏に読んだ怖い話はなかなかの食いつきでした。

 

 

中々のヒットだったお話に「エミリーの赤い手袋」というのがあります。

 


世界のこわい話


 

この本に入ってるお話の一つです。

 

何気なくテレビをつけていたら「エミリーの赤い手袋」のアニメが放送されてて、何気なく見てたら、

 

 

怖っ!(((( ;゚Д゚)))

 

 

淡々とた話し口調がさらに怖さを増長させるというか・・・

子ども向けアニメだったんだけど、つい見入ってしまった。

 

こんなお話しあるんだ~

このお話、読み聞かせに使いたいなぁ

 

そう考えた私は早速ググる。

紙芝居とか絵本とかあればベストなんだけど

 

 

しかし、あったのは世界のこわい話 (民話と伝説 呪いの巻物)の分厚い本だけ。残念。。。

 

まあいいや、そして図書館で借り、いざ読み聞かせへ!!

 

次男が小3くらいの時に読み聞かせしたと思います。

決して読み方に感情を入れず、凹凸なく、アニメの口調と同じように淡々と読む。

 

読み終わると、教室全体がシーーーン。

 

そうそう、これこれ、この反応

( ̄ー ̄)v

 

小3のプライドか、全然怖くない風を装っていますが、聞き入ってくれたのは確か。

 

次男が学校から帰ってくると、

 

「今日のお話、怖かったねー」

 

こちらが嬉しくなるこの反応。