久々にママ友たちと飲み会を行いました。

息子の少年サッカーで一緒だったママ友たちなので、やはり話題は子どもの進学と就職の話で盛り上がります。

 

長男は現在大学3年生で浪人しているので、同級生たちは就職活動真っ盛りです。

 

スポンサーリンク



 

三兄弟の2番目は何故浮くのか?

 

ママ友Aさんが息子Tくんのことで思いっきり愚痴ってました。

 

Tくんはチームの中で一番サッカーが上手で、勉強もできたので、高校も大学も推薦でサクサク進路が決まりました。

 

大学では青春を謳歌し、単位も順調、就職も順調、全く正反対の息子を持つ私からすると羨ましい限りです。

 

しかし、ママ友Aさん曰く、Tくんは家族の中で少し浮いているらしい。

Tくんには兄と弟がいるので3兄弟。

3兄弟って一番上と一番下は仲がいいけど真ん中は少し浮いてるって話、よく聞きますよね。

 

しかもTくん、父親と上手くコミュニケーションがとれないそうです。

 

父親はTくんの行動がとても気になるらしく、つい口を出してしまい微妙な雰囲気になってしまうんだとか。

 

父親は兄と弟とは普通の親子関係なのに、何故かTくんだけ気になって仕方ないといったところです。

 

 

大学生の就職活動、大企業と零細企業

 

そんなTくんの就職活動、誰もが知っている大手の企業に内定をいただいたそうです。

さすがです。

 

しかし、Tくんが決めたのは名前も聞いたことがない零細企業。

 

ママ友Aさんも父親もビックリです。

 

何で何で何で???

 

その零細企業は別に大卒じゃなくても入れるような、バイトでも入れる会社。

しかし、大手企業は新卒の今じゃないと絶対雇ってもらえない!

大手行ってダメなら零細でもいいんじゃない?

 

とまあ、散々説得したらしいのですが、Tくん本人が零細のほうに行くと言い張るそうです。

 

確かに親としては大手に行って欲しいですよね。

私も息子が同じような選択をすればAさんと同じことを息子に言うと思います。

 

しかし、実際働くのは息子本人なわけで、親の言う通り大手に就職して上手くいかなくなったら絶対親のせいにされます。

 

仕事なんて上手くいかないことや思い通りにならないことが無いわけないんですから。

 

そこであの時、親の言うこと聞いとけばよかたなぁと思うこともあるかもしれません。

あっても、自分で決めたことなら踏ん張れます。

 

Aさんも本人が決めたことだから仕方ないと諦めたようですが、やはりどうしても愚痴は出てしまう。

 

「何のために大学行ったんだか」

「今までの勉強が全部無駄じゃん」

「何を考えてるのか全く分かんない!」

「騙されてるのかも!?」

 

こんな感じ(^^;

 

私たちも「親としては大企業に行って欲しいよね~何でTくん零細なんだろうね?」

 

なんて慰めていました。

 

 

大企業に行かないと後悔するのか?

 

そんな話で一通り盛り上がり、家に帰ってふと思い出しました。

 

私が就職活動をしたときはバブル真っ盛りで、大した実力もない私でも大企業に内定をいただきました。

周りのみんなもバンバンもらってました。

 

しかし、私も大企業に内定貰っといて実際に就職したのは小さなソフトウェア会社でした。

 

私は一人暮らしで親は就職に口出しできなかったので自分の気持ち一つで決めちゃったけど、親が傍にいたらきっと今の私と同じように大企業を勧めただろうな。

 

私がソフトウェア会社を選んだ理由は確かプログラミングをやりたいというそれだけの理由でした。

プログラミングなんて別に大学出てなくてもバイトでもできる仕事ですね。

 

Tくんのことがあるまで自分のことはすっかり忘れていました。

今の私は大企業に就職しなかったことは全く後悔がありません。

 

そう思うと、親って勝手なもんです。