• 投稿 2016/07/21
  • 雑談

スイカの季節
私は子どもの頃からスイカが大好き♪
子どもの頃、ケーキはあまり好きじゃなかったので、誕生日にはスイカを丸ごと買ってもらってました。

 

昨日、スーパーでスイカ1/4が美味しそうだったので買ってきました。
大好きだけど、丸ごと1個は買いません。そんなに冷蔵庫に入らないからねー

 

そんなスイカを見ると、私が入院していた時のことを思い出します。

 

今から3年前、次男が中1の時、私は2週間ほど入院しました。
病気は大したことなく、元気だったので、退屈な入院生活を送ってました。
入院生活で何故か急にスイカが食べたくなり、次男に2、3回買ってきてもらい、一緒に食べたんです。

確かにスイカは大好きだけど、そんなに食べたくてたまらなくなることはなかったのに、この時は何故か食べたくて食べたくて。
スーパーで売ってるカットされているスイカを次男に買ってきてもらってました。

なので、スイカを見るたびに入院して次男と食べたことを思い出すんです。

 

これは次男もそうみたいで、昨日、私がスイカを買ってきたのを見て

 

次男「母が入院した時、俺、買いに行ったよねー」
私「あの時、何故かスイカが食べたくて仕方なかったんだよね。ありがとね」

 

次男「あの頃、病院まで結構遠く感じたんだよねー」

 

あ、そうだったんだ。
病院まで自転車で20分くらいだから、次男からすればぜんぜん大したことない距離だと思ってた。

今の次男は高校まで自転車で30分なので、大したことない距離だけど、中1の次男にとっては、ちょっとキツイ距離だったらしい。

 

それなのに、次男ってば、毎日お見舞いに来てくれたんですよね。
夫は週末に1回だし、長男は何か持って来てと頼めば来るくらいでした。
でも、それでいいと私も思ってたんですよね。家族にもそれぞれの生活があるし、私がいない分、家事という仕事が増えて、それなりに大変だし、入院してても私は暇なだけで元気だし、毎日お見舞いになんて来なくても。

 

次男が毎日来てくれるから、「毎日来なくてもいいんだよ」って何回か言ったんだけど、結局次男は毎日来てくれたんですよね。

 

次男のこういうことが出来ることに、ちょっと感動。

こういう子っているんだ〜
私だったら、来なくていいよと言われたら、その言葉を間に受けて行かないなぁって。

でも、次男はそれをしない。それも全く押し付けがましくない。

これぞ、The人間力!

 

毎日来なくてもいいよ、と言いながら、それは本心だったけど、やっぱり私は次男が毎日来てくれたことが嬉しかったみたい。

 

そして、今、「あの時、ちょっときつかったんだよね」なんて言うのも、かわいい。

 

きつくても私のために頑張ってくれた、ということに、また感激するわけだ。

きっと私はスイカを見るたびにこのことを思い出すんだろうなぁ(*^_^*)