2016年10月の記事一覧

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

月別:2016年10月

肌が弱く髭剃りが使えない君へ

髭剃りで髭を剃るとどうしても肌が荒れて赤くなり吹き出物が出来てしまう長男。

そうなると、ものぐさな長男は「髭なんて剃らなくてもいいや」となってしまい、みっともないんですよ。

 

 

 

髭は似合う人と似合わない人がいる

 

確かにワイルド系男子は髭が生えていて似合うかもしれないけど、長男ははっきり言って似合わない。ただただ、だらしないだけ!!

 

そんな長男にやきもきして母が先走り、良かれと思っていろいろ用意してみるんだけど、子どもって大きくなると親の言うことなんか聞かなくかるので、大抵失敗する訳です。

 

それでも、一応ネットで調べて肌に優しい髭剃りを見つけたんだけど、ちょっと高くて、使ってもらえないとさすがに悲しすぎる金額だったので保留にしてました。

 

 

 

髭剃りでは肌が荒れてしまう人にはいいかも

 

その間も、長男の髭はちょろちょろ。う~ん、気になる。

そこで長男にアドバイス!

 

私「そんなに髭剃りが嫌ならいっそのこと切っちゃえば!母の眉ハサミだったらそこそこ切れると思うよ!」

 
こういうの
uxcell マユハサミ マユはさみ 眉毛はさみ 眉毛カットはさみ メタル製 シルバートーン

 

 

言ってみたら、これは納得したみたい、即実行!

 

んで、やってみたらこれがなかなかのヒット!

まだ髭も薄いので切るだけでそこそこ小サッパリ!

 

私「あ!いいじゃんいいじゃん、それならギリセーフ!」

 

思わず安上がりに長男の髭問題が解決♪

荒れるのは鼻の下だけで、あごは父の髭剃りで大丈夫なんだって。

 

なので、髭剃りを使うとどうしても肌が荒れてしまうという方にハサミはオススメです。

髭はさみという髭専用のハサミも売ってる♪1000円位ととってもリーズナブル♪

 

これくらいの金額なら先走って買ってもいいかな♪

 
ステンレス髭はさみ
ステンレス髭はさみ

 

 

母のようになりたい大学生の息子

働いたら敗け

みたいな感覚の持ち主、大学生の長男。

 

 

ハードスケジュール幼少時代

 

子どもの頃、忙しく過ごしすぎちゃったかな。

その反動が今あるのかもしれない。

 

未就学児の時は我が家は共稼ぎだったので毎日保育園。

年中になって土日は地域のサッカークラブに入った。

 

小学生に上がると、毎日学校+学童。

土日は年中の時に入ったサッカークラブ。

 

中学生になると学校+週2塾+地域のサッカークラブ(週4)

高校生1、2年は学校+部活(週6)+バイトしてた時もあった。

 

高校3年は学校+予備校

浪人時代は9時20時、週6で予備校

 

うん、確かにゆっくり過ごした学生時代が一時もないかも。

 

でも、子どもってこんなもんかと思ってた。

忙しくてもゲームはしっかりやってたし、友達と遊びに行ったりもよくしてたし。

 

私自身、予定がびっしり詰まってる方が楽しいタチだったので(今は違うけど)、きっと長男も充実した毎日を過ごしているんだろうと思っていた。

 

それなのに、その反動か、大学生になった今、大学の授業以外はほとんど自宅に引きこもっている。

 

ペンタブで絵をかいたり、動画を見たりの毎日。

 

母は大学生活って、バイトして、サークル活動して、彼女とかできて、ドライブして、というもんだと思ってたのに、一向にその気配を感じさせない。

 

好きなこと=引きこもり

 

になってしまっている。

 

 

仕事は定時で帰れる仕事

 

そんな長男は、就職をとても恐れている様子。

夫のように毎日10時過ぎに帰ってくるような生活は考えられないらしい。

 

どんな仕事ならできるかなぁ・・・ときどきボヤいている。

 

就職は給料は高くなくてもいいから、有名企業とかじゃなくて、そこそこのところに就職して、仕事はそこそこやって定時に帰れる仕事がいいなぁと言っている。

 

そう、今の私がそんな感じ。

どうやら私のような働き方がいいらしい。

 

確かに私の今の働き方は定時で帰れるし、休みも多い。日曜祭日は必ず休みだし、土曜日に仕事があるときは平日に振り替えで休みが取れる。おそらく、長男からすればのんきに仕事しているように見えるのかもしれない。

 

まあ、一概に間違ってはいないけど・・・
(--;

 

ただ、私の職場だって、毎日毎日残業で、休日出勤もままならない働き方をしてる人もいる。いや、毎日残業している人の方が多いかもしれない。

 

たまたま私が配属されたところは私にピッタリの仕事内容で、残業しなくてもこなせる内容。しかも上司に恵まれている。上司は厳しい人だけど、たまたま今の私と感覚が似ている人なので、とても接しやすい。

 

確かにとっても恵まれているけど、これは私が20年以上働き続けたから取得できた技であって、全くの経験がない今の長男では私と同じ職場に配属されたとしても定時で帰れないよ、と思ってしまう。

 

仕事を分かってないなぁ・・・甘いなぁ・・・

 

就職して働くようになったら考え方が変わるかな。

変わってほしいんだけど。

 

ゆとり世代、草食男子、どうしたらやる気になる??

 

 

元祖おふくろの味に挑戦

私は料理があまり得意ではない。

おふくろの味代表のような料理はあまり作らない。

 

おふくろの味代表で私がここんとこ作ってないメニューが以下の4つ。

 

筑前煮

サバみそ

里芋とイカの煮物

ほうれん草の胡麻和え

 

これらを久々に食卓に並べたくなった。なんでこんなことを急に思ったんだろ?

 

 

筑前にと里芋とイカの煮物

 

筑前煮と里芋とイカの煮物は私は大好きなんですが、家族がそんなに好きじゃないのでだんだん作らなくなってしまった。

 

 

サバみそ

 

サバみそは多分、新婚の頃作ったきりだから、子どもたちは私のサバみそは知らないと思う。

 

新婚の頃、サバみそを作ったけど、夫は飲み歩いてばっかりいたのであんまり食べず、私の中でサバみそは悪いイメージがインプットされている。

 

そんな夫が先日、サバみそ食べたいって言ってたけど、あまり乗り気になれない。

 

しかし、長男が合宿免許に行ったときにサバみそが出てきて、すごくおいしかったと言っていたので今度作ってあげようと気持ちが傾いている。

 

子どもの一言は母には効果あるねぇ。

 

 

ほうれん草の胡麻和え

 

ほうれん草の胡麻和えも多分、10年は作ってない。

ほうれん草より小松菜の方が栄養分があると聞いたことがあるし、胡麻和えよりバター焼きの方が好きなので、胡麻和えはいつしか作らなくなってしまった。

 

子どもたちがほうれん草の胡麻和えを知らないのはどうかなと思い立ち、先日作ってみた。

 

現在、葉野菜は高く、一束198円もした。

たまにはいいかと大盤振る舞い。

 

ほうれん草をレンジで茹で、胡麻和えソース(砂糖、しょうゆ、すりおろし胡麻)と和えれば出来上がりと、とても簡単な料理。

 

だけど、ほうれん草をレンジで茹でてビックリ!

茹でる前はボールにこんもりあったほうれん草が、握りこぶし位の大きさになってしまった。

 

なんだかすっごく少ないぞ(--;

 

そうだったそうだった、ほうれん草の胡麻和えを作らなくなったのはこういう理由もあったなと再確認。

 

久々でおいしかったけど、また暫くほうれん草の胡麻和えは作らなくなりそうだ。

 

 

 

ワーママ子育て-子どもと一緒にいれる幸せ

私は長男が0歳の時からワーママやってます。

赤ん坊と1日二人っきりでいるより、保育園に預けて働いて、夜は子どもと過ごす、という育て方があってました。

 

子どもが未就学児の時は子どもと一緒にいるより職場で大人と一緒にいる方が楽でした。そのくらい小さい子どもって疲れるんですよ(;´∀`)

 

でもそれは未就学児まで。小学生になると基本的な手がかからなくなります。大きくなればなるほど親の手はかからなくなり、中学生くらいになると親が留守にすると喜ぶ位になります。

 

だけどね、私は子どもが大きくなったからと言って、残業して夜遅く帰ることはしたくありませんでした。

 

私は本来、仕事好きで仕事で認められたいという気持ちが強かったのですが、その気持ちは捨てました。子どもと一緒にいる方を取りました。

 

子どもって大きくなると手はかからないんだけど、傍にいることって大切だと思うんです。

 

学校であったことを話したり、一緒に晩ご飯食べて一緒のテレビ見たり、例え子どもが自分の部屋に入りっぱなしだとしても「家」という同じ空間に一緒にいるだけ、という環境って大切なんじゃないかな~って。

 

なので、あんまり夜、私が家にいない状態を作りたくない。

 

 

でも、そんな生活は子どもが小さいころは辛かった。

毎日毎日飲み歩いている夫が羨ましくて、ひがんで、ケンカして。

 

「なんで夫ばっかり!私だって朝までカラオケしたい!子どものこと考えずに仕事思いっきりやりたい!」

 

こんな感じ。

 

だけどね、20年近く子供と過ごす生活を続けているとそれが慣れてきちゃって、カラオケとか仕事より子どもと一緒にいる方が楽しい自分がいる。

 

子どもと晩ご飯食べてるのが楽しいの。あんまり飲み会とか行きたいと思わなくなってる。

 

それは、子どもが大きくなってしっかりした会話&コミュニケーションが取れるようになったからって言うのもあると思う。

今、子どもが未就学児だったらそんなことはきっと思わない。

 

今はそこそこ仕事して、そこそこ好きなことしている生活がとっても心地いい。