• 投稿 2017/07/14
  • 料理

暑いーーーー

(;´Д`)

 

「ざるそば」とか「ざるうどん」とか「冷やし中華」とか冷たいものがすっごく美味しい。

 

スポンサーリンク



 

ざるそば・ざるうどんのおかず

 

ざるそば、ざるうどんはスーパーでお惣菜の天ぷらを買っておきたいところなんだけど、私のような考えの人が多いせいか、夕方スーパーに行くと天ぷらは売り切れてることが多。

 

自分で揚げるのは暑くて到底無理なので、天ぷらじゃなくてトンカツとかコロッケとか買って、それをおかずにする。

 

豚肉を焼いて、焼き肉のたれで味付けたものをおかずにすることも多い。

 

さるそば、ざるうどんは、めんつゆに七味とかしょうが(チューブタイプ)を入れて食べる。

 

 

冷やし中華

 

冷やし中華は添付のタレだと味が濃いなぁ~と思っていたけど、まあいいか、と何年もそのまま食べていた。

 

おかげで、我が家ではそんなに人気メニューではないので、暑くなると年に1回位食べる程度だった。

 

それが、去年、夫が冷やし中華食べたいと言い出し、作ってくれた。

その冷やし中華がすんごく美味しくて!!

 

どうやって作ったの?と聞いてみたら、いつものタレにタレの倍くらいの冷たい水を足して薄めただけという。

 

夫のこのアイデアのおかげで夏の冷やし中華は我が家で一気に人気メニューになった。

なんでこんな簡単なこと今まで思いつかなかったんだろ?

 

冷やし中華の袋に書いてある【作り方】には、「タレをかける」としか書いてないから、水で薄めるなんて思いつきもしなかったよ💦

 

 

冷やし中華の手間を省く

 

それでも、冷やし中華を作るのはちょっと面倒なんだよね、私にとって。

 

冷やし中華の上に乗せる「具」、きゅうりやハム、卵を千切りにして乗っけて・・・という作業が以外に面倒。

 

そこで、トッピング形式にしてみたら、思わず簡単ですっごく良かった。

自分が好きな具を好きなように入れられるし。

 

冷やし中華の具は残ったら全部混ぜて、サラダにするとおいしい。

私のおすすめのドレッシングは中華ゴマドレッシングかイタリアンドレッシング♪

 

 

お弁当にざるそば

 

先日、職場に持って行くお弁当のご飯がなかったので、残ってたざるそばをお弁当に入れて持って行ってみた。

 

お弁当箱にざるそばを入れ、麺の上に七味をかける。麺つゆをタレ瓶に入れた。

 

 

幸い、職場には冷蔵庫があるので、冷蔵庫でざるそばを入れたお弁当箱を冷やしておいた。

 

そして、いざ昼ごはん。

お弁当で持って行った冷えたざるそばが上手いのなんの!!

 

やっぱりこの季節はこういものが美味しい

(*´▽`*)