昨日は寒かった。

仕事を終え、いつも通り駐車場に行くと、車に雪が3センチほど積もってた。

やっぱり雪が降ると身に染みる寒さになるよう。

 

こんなに寒いせいか、いきなりおでんが食べたくなった。

おでんは割と短時間で作れ、食卓はおでんだけでも十分なので、兼業主婦の私にはなかなか重宝するメニューです。

 

スポンサーリンク



 

おでんを短時間で作る方法

 

おでんを短時間で作るには、道具に頼っちゃいます♪

 

それは、

 

 

パール金属 圧力鍋 3.5L IH対応 3層底 切り替え式 レシピ付 クイックエコ H-5040

 

パール金属 圧力鍋 3.5L IH対応 3層底 切り替え式 レシピ付 クイックエコ H-5040

 

圧力鍋♪

 

兼業主婦の味方♪

 

圧力鍋は、カレーやシチューにも大活躍!

流しの下にすぐ取り出せるところに置いてあります。

 

火の通りにくい、味の染みにくい大根とコンニャクを切って圧力鍋に入れ、水を具材の半分位、麺つゆを大さじ2~3位入れて、圧力鍋を火にかけます(中火)。

 

圧力鍋がシューシューって言いだしたら、弱火で5分、火を止め、シューシューが治まるまで待ちます。

 

治まるのが15分位かな。

待っている間に、洗濯したり、着替えたり、お風呂に入ったりといろいろできるのが、兼業主婦にとって圧力鍋は助かります(*´▽`*)

 

圧力鍋にかけている間にゆで卵も作ります。

ゆで卵はガス代が節約できる「フライパンでゆで卵」を利用。

 

 

さて、圧力鍋が治まったら、味の染みた大根とコンニャクが出来上がってます。

それを汁ごと土鍋に投入!

 

 

萬古焼 銀峯 土鍋 (深鍋) 9号 4-5人用 花三島 21091

 

萬古焼 銀峯 土鍋 (深鍋) 9号 4-5人用 花三島 21091

 

そして、ゆで卵、練り物を入れ、あと、我が家では鶏肉の手羽中も一緒に入れ、土鍋を火にかけます。

 

 

本だしや醤油、お酒、麺つゆを適当に調整しながら入れて、ぐつぐつしだしたら出来上がり♪

 

この方法だと、30分位で味の染みた大根入りのおでんができます。

 

大根を冷凍しておくと、簡単に味が染みる!というのもあるようですが、我が家では大根は冷凍してないので、冷凍するのに時間かかるじゃん(--;となってしまうため、やっぱり圧力鍋がいいんですよね!

 

圧力鍋って使うのが難しそう・・・と思ってる方も多いと思いますが、ちょっと慣れれば素敵な兼業主婦ライフが遅れるかも?(;´∀`)