おにぎり大好きです。

 

休みの日は、朝おにぎりを5~6個作ってテーブルに置いておき、家族それぞれ好きなときに食べる、というやり方してます。

 

そんなおにぎり、炊き立てごはんで握ると熱くて握れなーい(><)なんてときは、「軍手」を使うという技を見つけました!

 

何で今まで気が付かなかったんだろー(´・ω・`)

 

スポンサーリンク



 

熱々おにぎりの握り方

 

ラップを引いて塩をまんべんなく巻きます。

 

 

塩、見える?

だいたい、ひとつまみをパラパラと巻きます。

 

料理本に「ひとつまみ」ってよく書いてあって、「ひとつまみってどのくらいかよく分かんないよ!」って思ってたのに、それを今自分がやっている・・・表現って難しい

 

 

ご飯を乗せ、具を真ん中に置く。

今日はたらこ。

 

 

上にご飯をかぶせ、タラコを閉じ込めます。

そして、上から塩をひとつまみパラパラ巻きます。

↑また出た「ひとつまみ」(^^;

 

握って出来上がり♪

 

握る時、ごはんが熱いと手が火傷しそうになります。

ごはんを少し冷まして握ればいいのですが、待つのが面倒だったので、無理くり握っていました。

 

タオルで包んで握ったり、服の袖口を伸ばして握ったり。

 

しかしある時ふと気づきました。

 

あ、軍手つけて握ればいいじゃん!(手袋でも可)

 

おにぎり握って20年超、やっと気が付きました。快適です。

 

 

休みの日の家族のご飯

 

休みの日は家族の朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんと、私、ごはんのことばっかり考えてるーーー(;-;)

 

という主婦の方も多いかと思います。

 

しかし、我が家は朝と昼は各自勝手に食べてね、というスタンスです。

子どもも夫も私も。

 

子どもが大きくなったからできる技ですね。

 

総菜パンや菓子パンがあればそれを食べたり、納豆ご飯食べたり、玉子焼き焼いたり、チャーハン作ったり、パスタ茹でたり、カップラーメンだったり

 

買い物に行くのがめんどーなので、家にあるものでなんとかするパターンがほとんどです。

 

時々、どーしても食べたいものがあるときは、食べたい人が買い物に行きます。

 

お腹が空いたなーと思ったら各自好きな時に好きなものを食べる。

おにぎりはそんな「適当に食べていいよというメニュー」の一つ。

 

もう、本当に各自自由。

これも、子どもが大きくなったからできる技ですね。