カテゴリー:仕事の記事一覧

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

カテゴリー:仕事

事務員の仕事が暇な時の過ごし方

相変らず仕事が暇です。

そして、やっぱり私の周りの人たちは忙しそうです。

 

私の仕事は事務で、納期によっては忙しい時もありますが、定時で終わるので大したことはない。

毎月決められたことを淡々とこなすだけ。

 

↓イメージ(こんな美人ではありません)

 

スポンサーリンク



 

最近はその決められたことをわざと時間をかけてやっている状況です。

 

いいのか?自分、こんなんで。

半面、今に痛い目見るんじゃないかとビクビクしているところもあります。

 

「仕事が暇」で検索すると補助機能で「仕事が暇な時の過ごし方」というキーワードが出てきます。

 

私だけじゃないのね~と気持ちが少し楽になる(ダメ人間)

 

事務職は、例え暇でも仕事してるふりをしなくてはなりません。暇な時間にゲームとかやってたらダメでしょうね、きっと。

 

「だって暇ですることないんですもん」って開き直って、仕事与えてくれるのを期待した方がいいのか?

 

いや、これって社会人としてダメでしょ?

仕事は自分で探すものですよね。

そして、会社で必要とされる自分になって行くもの。

・・・そうは言ってもねぇ

 

悪いのは仕事を適切に配分できない会社です。暇なのを自分の責任に思うのはやめて、気楽で役立つ時間を過ごしましょう。

 

↑すっごい責任転嫁な考え方ですが、今の私には心に響く考え方です。

 

 

仕事が暇な時の過ごし方

 

先ほど検索した「仕事が暇な時の過ごし方」を見ると、参考になりそうな記事がいくつか見受けられました。

 

私がイチバンできそうなのは「スキルアップ」かな。

 

ワードやエクセルは結構奥が深いので、操作に習熟するようにいろいろといじってみてはどうでしょうか。将来、きっと役立つと思います.

 

私はワード&エクセルはそこそこ使いこなせます。

分からないことがあればネットで調べればなんとかなります。

 

ワードはそんなに熟知しているほうではありませんが、「できるワード」シリーズくらいは理解しているので、ワードはこれで十分かなと。

 

しかし、エクセルは、「こんな機能あったんだ~」と他の人から教えられることがまだあります。ということはまだまだです。

 

と思い、「YESを引き出す! 実践エクセル書類術 (TJMOOK)」という本を購入してみました。

 

YESを引き出す! 実践エクセル書類術 (TJMOOK)

 

コンビニで見つけて購入してみました。

 

すっごい節約家(ケチ?)の私がこの手の本に手を出すのはかなりまれなことなのですが、買ってみました。(よっぽど「仕事が暇」に切羽詰まってるのかもしれない)

 

が、これはちょっと新入社員向けかもしれません。

知っている内容ばかりで、全く物足りませんでした。

 

こうなったら、マクロかな。

昔取った杵柄で、プログラミングはそこそこできるので、マクロを作ってあそんでようかな。

 

そう言えば、今の会社に入った最初の半年も暇で暇で、こんな本を購入して単調なエクセル作業をマクロ化したのを思い出しました。

 

ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

 

 

毎月やっている単調な仕事を、マクロ化でもするか~

 

本当は出世したいのか?あまりプレッシャーをかけてもね。夫の転がし方

夫は仕事人間です。

田舎の専門学校を卒業後、東京に出て中小企業へ就職しました。

今でもその会社で働いています。

 

夫は重要感を与えてくれる仕事が大好きです。(本人は否定しています)

朝出かけるのは8時過ぎと遅いですが、帰ってくるのはほぼ毎日夜中の12時近く。

土日も休日出勤当たり前。

 

ブラック企業バンザーイ!

みたいな?(^^;

 

スポンサーリンク



 

こんだけ働いていたら出世もするよな、という時代です。

今は働き方改革とかでマイナスになりそうですね。

 

お酒も好きで、30代は週の半分は飲んで帰ってきていました。

金曜日に夜中まで飲んで、土日に仕事がない時は子どものサッカーの車だしとかもしてました。

 

すごい体力ですよね!

 

私達バブル世代は「飲みニケーション(改めて文字にすると古っ)」が普通の時代で、飲んだ次の日もフラフラになりながら仕事、仕事、仕事じゃあーーー!!

 

いやいや、飲んだ次の日こそ平気な顔して仕事じゃぁあーーーと教えられました。

 

 

ザ!体育会系。

 

これが体育会?

そう、運動部は水を飲んではいけない時代で育ったので、まさしく体を痛めつけている人が偉いみたいなところがどこかにありました。

 

そう言えば、不健康自慢とかよくしたなぁ(遠い目)

 

そうやって育ってきた夫は頑張ることが、無理することが偉いみたいに思われているので、意気揚々と仕事してたのかもしれません。

 

 

管理職より現場が好き

 

こんな感じで20年以上も仕事しているので、そこそこ出世もします。

ずいぶん前から管理職です。

 

でも、夫は現場の仕事が好きなので、給料が安くてもいいから現場に戻りたいと言います。

 

夫が現場仕事が好きなのは知っています。

知っていますが、これって本気かなぁ?と思ってしまいます。

 

本音は出世したいんじゃないの?

 

出世したいって自分から言ってしまうと出来ない時に言い訳できないから、誰かに背中を押して欲しいだけなんじゃあ?とか。

 

夫「これ以上出世したくないんだよね」

 

私(出世したくないのに出世しちゃう方がカッコイイとか思ってる?)

 

 

夫「役職降りせば給料下がるけどいい?」

 

私(私にダメって言ってもらいたい?)

 

 

本当の本音は私に「もっと出世して給料アップ♪」って言ってもらいたい。

んで、ダメだったときに「妻が出世しろって言うから・・・」なんて言い訳を準備してる?

 

 

私「別に出世なんかしなくてもいいよー。そうね、月20万くらい稼いでくれればなんとかなるんじゃないかなー。学費は奨学金って手もあるし。」

 

私に責任転嫁されそうなので、こんな言葉しか言いません。

それに、もし私の言葉で無理して病気にでもなったら私のせいにされそうだし。私も責任転嫁です。

 

そんな会話がここ4、5年繰り返されています。

いや、もしかしてずっとかも。

夫は常に「出世したくない」と言っていた気がします。

 

 

発破をかけてみる

 

先日、同じような会話がなされ、面倒なのでちょっと言ってあげました。

 

私「老後資金、3千万円貯めよう!定年までに3千万円位貯めるのが普通みたいよ。3千万円の前にとりあえず学費と、あと家のリフォーム代。その後3千万円かな」

 

夫「俺にもっと出世しっろってこと?」

 

私「そうそう、んで3千万円貯めるのだーーー!」

 

 

さて、夫、どう出るかな。

 

悶々とする毎日。仕事が暇です。

毎日毎日こんなんでいいのかなーと感じるくらい暇です。

 

対照的に私以外の人は忙しそう。

かといってお手伝いできる状況でもないし。

 

 

私が誰かほかの人のお手伝いをする場合、直属の上司の許可を取らないといけないのがイチイチ面倒。

 

直属の上司の言うこと以外に手を染めると、いい顔しないし、結局私は上司に言われたことだけを黙々とこなしている毎日。

 

最近、こんな毎日がつまらない。

 

 

私の職場では、半年に一度、自己評価表を上司に提出します。

これに今期の評価を自由にコメントできる枠があるので、「異動希望」でも書いてみようかなぁと思いました。

 

しかし、自己評価を採点するのは上司で、異動希望を見た上司は良く思わないと思います。

何かいい表現はないかなとずいぶん考えましたが、結局浮かばず、書けませんでした。

 

 

ふと見渡すと、私の周りは忙しそうな人ばかり。

どうして皆、そんなに忙しいんだろう?

 

ワーママを長く続けるコツ。ハードすぎず、やりがいのある仕事って?

ワーママ歴20年以上、子どもたちは21歳と17歳。

こんなに大きい息子の場合、ワーママの中には入れてもらえないですね。

 

ワーママって子どもの年齢がいくつまでならワーママって言っていいんでしょう。

一番下が中学生になったらワーママおしまいかな?(私の個人的な感覚です)

 

スポンサーリンク



 

子どもが生まれて専業主婦なんて考えられませんでした。

子どもを産む前も後も。

 

子どもはメッチャかわいかったし、すんごく大切だったけど、ずーーーっと一緒にいるのは苦痛かもってなんとなく思ってました。

何言っても通じない赤ちゃんと二人っきりの時間がほとんどを占める生活なんて考えられない!ってね

 

子どもを保育園に預けて仕事場にいると「大人サイコー!」なんて思ってましたもん。

 

子どもを保育園に預けるときは、最初の1週間くらいは泣いてましたが、迎えに行くとすっげー楽しそうだったし。

預けるときに泣いてたのも最初の1週間くらいだったかな、母と二人きりの生活より楽しそうでした。

 

世間のママは何で仕事しないんだろー?なんて思ってました。

 

そう、私は仕事して小銭をちまちま稼ぐのが好きなんです。

 

 

ワーママ開始、そして挫折

 

最初に子どもを産んでから、生む前に働いていたIT系の職場で時短&時給で働かせていただきました。

当時、時給1400円だったかな。

給料は月20万くらい。

 

何が起こっても5時には帰らなくちゃいけなかったので、あまり責任ある仕事は任せてもらえません。

それは仕方がないです。

 

自分の立場は職場の仲間をフォローし、役立てる仕事をこなすべきです。

今なら分かるし、できます。

 

同僚を盛り立てたり、若い新人さんのバリバリ働ける人をフォローすることも、今なら難なくこなせます。

 

しかし、当時の私にはそれができませんでした。

独身の同僚がどんどん力をつけていくのが羨ましかった。

 

「私だってできるのに・・・」

 

そんな負の感情が起こり、結局転職。

今思うと、もったいなかったな。そうは言っても、あの時の私にはできませんでしたけどね。

 

 

扶養範囲の仕事はすっごく楽

 

その後、小さな事務所の事務の仕事に就きました。

時給900円、月8万ちょっとくらい。そう、扶養範囲ってやつです。

 

もうね、IT系の仕事してた時より、数段「楽」でした。

納期に追われることもなかったし、日々の仕事をこなしてればいいだけだったし。

 

肉体的にも精神的にも楽。

IT系の時は通勤もきつかったのですが、今度は近所で車で通えたのが私にとってまたベスト!

子どもはもちろんそのまま保育園。

 

夫も私もそんなに稼ぎがあるほうじゃなかったので、保育園代も二人で4万円くらいだったかな。

 

しかし、この事務所で働いて3年目くらいになると、いろんな「粗」が見えてきます。気づくと一番古株になってました。

 

今思うと、たった3年で一番古株って凄い会社ですね。

そこで、私は空回りして職場の雰囲気を悪くしてしまいました。良かれと思ってやったことが、経営者は気に入りませんでした。

 

私は経営者の方にお金をもらってる立場なので、経営者が気に入らないことをするのはダメです。

経営者的にはもっと別の考え方があったんだろうし。

 

それは今ならわかります。

雇われている人間と雇う側の人間の考え方や見方は違うし、雇われるほうは雇うほうに従うのが会社ってもんだし。

 

それがうまくできなかったんですよね。

古株になって調子に乗っちゃったんでしょうね。

 

結局、この事務所も去りました。

 

 

事務の仕事を長く続けるコツ

 

さて、次が今の事務の仕事です。

子どもも大きくなってきたし、学費もかかるし、そろそろ正社員で働こうかな~と思っていたところに決まりました。

 

月19万円、賞与あり、9時5時、残業無し、休み多、制服支給、車通勤可

 

安月給ですが、私にとってこんなに恵まれた会社もなかなかないです。

もちろん嫌なこともありますが、根本的にはいいひと達が多いので、なんとか続いています。

 

ここで働くにあたって、私が気を付けていることは

 

「余計なことはしない、言われたことだけをやる」

 

です。

気を利かして先回りするのはNG、ということです。

 

立場が役職なら先回りして自分のやりたいことを主張するのもアリかもしれません。

しかし、一番下っ端の、しかも事務員なんて現場ではお荷物以外のなんでもありません。←という気持ちで働いていいると丁度いい気がします。

 

今までの経験から、良かれと思ってやったことって、上の人からするとうっとうしく感じるようです。

 

多分、相談しながら、上の人のご機嫌を伺いながらやるんだったらいいんだと思います。

しかし、私にはそれが上手くできない。だったら言われたことだけを完璧に熟してればいいのかな、と考えています。

 

考えていましたが、最近、それだけではダメなのかもーーーと思うこともしばしば。

 

毎月毎月同じことの繰り返しに飽きています。

仕事内容からすると、上の人はその繰り返しを間違いなくやってくれればOKなのかなとは思いますが・・・

 

これでいいのか、私?