月別:2018年04月
ホームPage 1 / 41234

コロコロの斜めカットテープが見切り品で安かったので購入してみました。

 

 

 

見た瞬間、「すっごく使いやすそう!」と思ったのですが、見切り品だったし、あんまり売れてなさそうだったので、意外と不便なのかも?と疑心暗鬼で購入。

 

使ってみたところ、すっごくすっごく便利でした!!

何で今までこのカットのものが無かったんだ?と思うくらい。

 

普通に直線のカットのものは、半分だけめくれたり、ミシン目で切る時にまっすぐ切れなかったりとちょっとストレスでしたが、この斜めカットはスゥーと剥がれます。ミシン目で切る必要もないの。

 

なんで売れないんだろ?

薬局では普通のコロコロより安かったんですよ。

(´・ω・`)

 

スポンサーリンク


 

私がコロコロと出会ったのは今から30年前。

大学進学で田舎から一人暮らしを始めたころ、絨毯に落ちた髪の毛を拾うのが面倒で購入してみました。

 

一人暮らしを始める時にいろんな生活用品を買ってくれましたが、実家はコロコロを使う文化がなく、自分で買いました。

 

その時に購入したコロコロ本体は今でも我が家で現役です。

 

ロゴを見るとnitomsって書いてあります。

コロコロの老舗ですね。

 

大学生のころ、掃除機をかけた後にコロコロを使うと髪の毛やほこりがいっぱいとれ、ビックリした記憶があります。

 

見た目はキレイに見えるんだけど、コロコロをやってみると髪の毛がいっぱい。

 

「まだこんなに汚れてるの!!」って。

 

それから掃除機よりもコロコロを使う頻度が多いため、コロコロは必需品。

髪の毛って見た目以上にすっごく落ちてます!

 

春は何かとお金がかかる月です。

 

長男私立理系大学学費前期分 80万円

長男の年金1年分 19万円

次男予備校2ターム分 14万円

自動車税 4万円

お風呂のガス給湯器交換 14万円

 

計131万円

 

ははっ

こうやって並べるとすごい金額。

毎月かかる生活費以外にこれだけ払わないといけません。

 

我が家は普通のサラリーマン家庭なので、この金額を捻出するのは結構大変。

 

今のところ奨学金のお世話になっていません。

できれば借金なしで息子たちを社会に送り出したいので、引き続きがんばる。

 

ただねぇ~夫の行動がまたちょっと怪しい

困ったもんだ(--;

 

GPSでも持たせて常に監視したいくらい

 

  • 雑談

ゴールデンウィークです。

特に予定はありません。

私の母が田舎の広ーい実家で一人暮らしなので、顔を出そうかなと思っているくらいです。

多分、日帰り。

 

 

子どもも高校生と大学生なので、親とどこかにお出かけ、という年ではありません。

 

ありませんが、多分、誘えば一緒に行ってくれると思う。

なんせ、二人とも暇だから。

 

スポンサーリンク


 

大学生の長男はバイトもないし、ゴールデンウィークだからと言って友だちとどこかに出かけることもなさそう。

 

我が家の中ではアウトドア派の次男は受験生で予備校が本格的に始まり、周りもお勉強モードになっているようで、友だちと遊びに行く雰囲気ではなさそう。

だけどゴールデンウィークの後半は予備校も休校で暇なんだとか。(←勉強しろよ)

 

つまり、ゴールデンウィーク後半は家族全員が暇。

 

こうなると「引きこもり」大好き家族なので、放っておくと4人でずーーーっとお家にいることになりそう。

 

それではあんまりにももったいないので、何かできないかと、長男と私でプチ会議。

 

まず上がったのが「映画」と「ボーリング」。

これはゴールデンウィークでなくてもよく行くけど、家でゴロゴロしてるよりはいいか。

 

次に「漫画を借りてきて溜め読み」

これは引きこもりを増長させないか?

 

何か運動がしたい!じゃあ「テニス」

 

長男「テニスできるの?」

母「ぜんぜん素人だけど」

長男「素人同士のテニスって酷いことになるよ」

母「知ってるーーー」

(^^;

 

「卓球」は?

 

母「卓球はそこそこできるよ!素人だけど」

長男「家族で卓球って楽しいか?」

母「あんまり盛り上がらなそうだね」

 

「ゴルフ」とかは?

 

母「ゴルフはあんまり好きじゃないんだよね。何が楽しいのかわからん」

長男「わかる~」

 

ここは思い切って「スキューバーダイビング」とか!

 

長男「海潜るのってコワイ」

母「母も全く興味がわかないわ~」

 

じゃあ海がダメなら山?「高尾山」でも登ってみる?

 

母「高尾山なら登ったことあるよ。10年くらい前かなぁ。」

長男「ぜんぜん登りたいと思わない。」

母「母も」

 

 

超インドア派の長男と私の会議では全く前に進みません。

 

さて、何すっかな

(´・ω・`)

高3次男、はりきって予備校に通っています。

まだ2週間ですが・・・このやる気はいつまで続くかしら?

 

スポンサーリンク


 

予備校に入ると、最初にテストをします。

そして、テスト結果と志望校によってクラス分けします。

 

次男は一番下のクラスです。

クラスのメンバーは次男と同じように予備校に入ったばかりの生徒が多いようです。

まだまだ勉強慣れしていなくて、単語の暗記もどうやればいいのか試行錯誤している状態です。

 

次男はテストの点数は取れませんが、母塾で5か月ほど自己学習をしているので、単語の暗記は他メンよりもできる!と自慢します。

 

今まで勉強で他メンより秀でたことがなかったので、すっごくうれしそう。

 

 

家の息子は無理してレベルの高いクラスに行って「なにくそーー」って頑張るより、レベルの低いクラスで上位にいる方がやる気が出るようです。

 

 

子どもの頃からやっているサッカーも、上手な子の中で本格的にやるより、クラスの素人集団の中でちょっと上手いくらいが一番楽しいんだって。

なんとも情けない話ですが、分からなくもない

(^^;

 

次男と話している時、ちょっと間が空いて(5秒くらい)、続けて次男がタイトルのことを言い、全然違う話をしだしました。

 

スポンサーリンク


 

私「○○○でさ、○○じゃん」

次男「○○だし、○○○なんだよ」

 

(5秒ほど間)

 

次男「って言うかさ、△△は△△だし」

私「ん?『って言うか』って何?○○と△△って何の関係もないじゃん」

 

次男「え?『って言うか』って話題変える時に普通に使うじゃん。何でそんなところに引っかかるの?」

私「いやいや、『って言うか』というのは前の話を続ける時に使う言葉だよ!『しかし』とか『言い変えると』とか」

 

次男「違うよーー話題を変える時に使うんだって!」

 

 

今となっては○○と△△の話の内容はすっかり忘れましたが、次男の『って言うか』の使い方にすっごく違和感を感じました。

 

『って言うか』ってそんな使い方でしたっけ?

私の方が間違ってる?

 

長男に聞いてみると次男と同じ意見だし。

 

グーグル先生に聞いてみると、「言い直す時に使う」「一度言ったことを軽く否定し、さらに適切な言葉で言い換える場合に使う」など。

やはり「しかし」とか「だけど」という接続しに近い言葉のように感じます。

 

長男や次男がおかしいだけかもしれませんが、もしかしたら若者言葉なのかもしれません。

あと何年かすると、私も子どもたちと同じように話題を変える時に使っているようになるかも?

 

言葉って変化するし。

 

 

『確信犯』は不正解の意味で使ったほうが相手に伝わりやすい昨今。

不正解:悪いことと分かっておきながら犯罪を犯す
正解:その行為を正義だと思いこんでいる。

とかね。

炊飯器を買い替えました。

ご飯がとっても美味しく炊けるようになって嬉しい限りです♪

 

炊飯器の買い替え時。壊れてないのに購入に一押しされた訳

スポンサーリンク


 

・・・・というのは嘘で、あんまり変わらない、いや、違いが分からない、こんなんじゃ買い替える必要なかったんじゃあ・・・(´・ω・`)

家族一同そんな所感。

 

相変らずバカ舌の我が家です。

 

それでも内釜がキレイになったし、ご飯が炊けたらピピッってお知らせ音が鳴るし、お急ぎ炊飯はボタン1回で済むし、タイマーは時間設定ができるし

 

以前の炊飯器より機能アップが4つもあります!

 

 

長男「お急ぎがボタン1回でって、前のだって『お急ぎ』選択して『炊飯』ボタン押せばできたじゃん」

 

私「いやいや、『お急ぎ』を選択する作業が一つ減ったじゃん」

 

長男「それくらい・・・」

 

 

大した機能UPじゃないことは分かってるよ!

でも、いいじゃん。炊飯器が新しくなって、なんとなくご飯がおいしい気がするだけでも十分じゃん。(←言い聞かせてる?)

 

 

炊飯器の保温機能は使わない

 

ところで、私は炊飯器の保温機能は使いません。

 

保温って以外と電気代かかります。

それに、あまり長い時間保温してるとご飯の質が落ちちゃうし。

 

炊飯器はご飯が炊けたら自動で保温機能に移行します。

なので、我が家はご飯が炊けたら保温機能をすぐ止めるようにしています。

 

炊飯器に一番近い人が保温機能を止める、もちろん手動です。

 

そうすると、何時間も経つと炊飯器の中でご飯は冷たくなります。

冷たいくなったら電子レンジでご飯を温めて食べる、そのようにしています。

 

この作業はもうずーーっと。

息子たちが生まれる前からそうなので、息子たちは炊飯器の保温機能は切るものだと思っています。何の疑問も持たずに。

 

 

保温機能なんか付いてない炊飯器が欲しい!

そう思い、探してみました。

 

 

 

8万6千円かぁ・・・

ちょっと高いなぁ。

( ̄ー ̄)

 

光熱費や税金をnanacoで払うとポイントが付くよ♪

そんな裏技を知ったのは3~4年前。

愛読しているブロガーさんがサラッと書いてくれていたのを読んで知りました。

 

スポンサーリンク


 

節約ブログを読んでいる人はこんなこと百も承知なはずなんだけど、世間ではまだまだ周知されていません。

 

リアル友の節約上手ママさんも知らないし。

説明しても反応が「???」です。

この「ほんのひと手間」を理解するのが面倒なんですね。きっと。

 

nanacoで税金を払ってもポイントは付きません。

nanacoにチャージするときにクレジットカードでチャージすれば、クレジットカードのポイントがつきます。

それを「光熱費や税金をnanacoで払うとポイントが付くよ♪」と言っています。

 

以前は楽天カードでポイント1%つきましたが、楽天カードのこのサービスはなくなってしまいました。
年会費無料のYJカードはnanacoチャージでポイントが付くのでオススメです^^

 


 

予備校代をnanacoで払おうと思ったらできない

 

今回、予備校代をnanacoで払おうと思ったのですができませんでした。

予備校代は14万円。

これをYJカードでチャージしたnanacoで払えれば、1400円700円分のポイントがGetできる計算です。
2018年2月28日以降0.5%のポイントに変更されました(;-;)

 

1400円700円分のポイントって結構嬉しいですよね!

 

しかし、nanacoのクレジットチャージはマックス3万円まで。

14万円もチャージできませんでした(;-;)ザンネン

 

そんなに甘くなかったーーー

 

何回かに分けて支払うことも可能ですが、そこまで面倒なことは私の場合は却下・・・

 

2000年生まれ、現在高校3年生、次男の受験が本格的になってきました。

4月から予備校も通い始めました。

 

去年10月末からやっていた母塾は終了しました。

 

大学受験の英語対策を母塾ではじめました

 

これからは予備校に完全お任せです。

母の出来ることはお弁当作りとお金を用意することですかね。

 

スポンサーリンク


 

先日、高校の保護者会に行きました。

やはり話題は大学の定員厳格化。

今年の受験生はなかなか厳しかったそうです。

 

2~3年前だったら受かってたな、という子が何人もいた、来年はさらに厳しくなるでしょう、とのことです。

 

私も定員厳格化のニュースは気になってました。

 

 

ギリギリ受かってたのに受からなくなる子が何千人もいるなんて!

あーー先行き不安だわ~~

もうちょっと早ければーーー

 

ってね。

でもね、そう言えばちょっと前まで2018年問題で騒がれていたのを思い出しました。

 

2018年問題とは

 

18歳人口が大幅に減ってしまう2018年問題!

 

2018年を目途に18歳以下の人口が減少期に入ることで、大学の倒産や受験生獲得が過熱することです。数字上、2000年生まれの子どもたちから該当します。

 

「少子化」は今に始まったことではありません。これまでにも18歳人口が減少することはありました。しかし進学率の伸びによってカバーされ、大学の経営は成り立っていました。また団塊ジュニアの多くが18歳を迎えたときには、浪人生が増えないようにと文部科学省が大学の臨時定員増を認めたため、大学は「受験バブル期」を迎えました。しかし、2018年には、人口減少期への突入と進学率の頭打ちが重なるため、大学経営が厳しくなることは避けられなくなると考えられています。

 

 

2018年問題で18歳以下が減っている。

 

大学受験ラッキー♪

俺でもちょっと頑張れば上の大学目指せるかも?

 

 

大学の定員厳格化で合格者を減らしている。

 

え!合格者を減らすの?

こりゃあ、競争が激しくなるぞ!!

 

 

現在、全く2018年問題が話題にならないのは、受験生の不安をあおる要素の方が世間的に儲かるから?と、世間に対して疑心暗鬼になってしまいます。

 

あんまり不安になっても仕方がないので、

大学受験はそんなに甘くないし、悲観的になることでもない。今までと変わらないよ、ってな解釈に落ち着かせることにしました。

 

ホームPage 1 / 41234