月別:2018年05月
ホームPage 1 / 3123
  • スマホ

夫のスマホが壊れました。

1年8ヶ月前に購入したXperia Z5 compact。

たった2年で壊れるなんて早くね?

 

壊れたのは音声だけだそうで、電話すると声が聞こえないんですって。

私と夫はスマホで電話することはまずないので、まったく困りません。

しかし、夫は私以外の誰かとよく電話しているので至急に対応が必要なんだって。

 

docomoショップに持っていき、修理見積を出してもらう手続きをしました。

1週間から10日かかるそうです。

たかが見積もりに10日?ずいぶんかかるな、という印象です。

 

夫のスマホは会社から配布していただいているスマホで、保険には入っておらず、見積もり次第で新しいのにするか修理するか検討するそうです。

 

購入して2年経ってないため、まだ月割りで機種代を払っているので、修理したほうが安いのかもしれませんね。

 

会社のスマホなので我が家の家計は痛くもかゆくもないので、私はどーでもいいですが

(^^;

 

どーでもいいのに・・・

 

スポンサーリンク


 

早々にdocomoショップに行ったそうですが、会社帰りだったのでショップに入ったのが7時過ぎ。

それから店員さんとあーでないこーでないやりとり。

終わったのが9時半。結局直らず。

 

トータル2時間半もかかって修理見積を出してもらう手続きをして、代替機を貸してもらってきました。

 

帰ってきてからdocomoショップでの文句を聞かされました。

 

 

夫「7時過ぎに店に入ったら嫌な顔された」

 

夫「『初期化すれば直るかも』なんて言いやがって、全然ダメじゃん」

 

夫「さっさと代替機貸してくれればいいのに」

 

夫「この代替機くれないかな」

 

 

言ってることがどんどん自分勝手になってる。

こんなことなら最初から見積もり手続きだけにすればさっさと終わったのにね。

半分寝ながら聞いてましたけどね。

ほんと、いい迷惑。

 

 

代替機のフィルム買わされました。

↓ ↓ ↓ ↓

 

  • 教育

現在、

長男は私立理系大学3年生、大学は数理英の3教科で受験しました。

次男は私立文系大学を目指す受験生、国数英の3教科で受験する予定です。

 

長男が受験生だっころから3年が経ってます。

大学に入ってから1、2年生の時は英語が必須でありましたが、3年生になってから英語の授業は無くなりました。

なので、長男はここんとこ英語に触れていません。

 

次男は今、単語の暗記にすっごく力を入れています。

夏休みまでに語彙力を付けておかないと、夏以降に本格的に始まる読解を少しでもスムーズに行うためには、まずは「英単語暗記」だそうです。

予備校オリジナルの単語本片手に頑張ってます。

 

スポンサーリンク


 

そんな受験生の息抜きがドラマ。

今クールは「コンフィデンスマンJP」「正義のセ」「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」「ブラックペアン」の4本。

受験生のわりに大すぎ?

 

録画しておいて、予備校から帰り(だいたい10時以降)晩ご飯を食べながら見てます。

 

 

夫「コンフィデンスってどういう意味?」

 

次男「・・・なんだっけ?」(スマホで調べる)「あ、これ、今度のテスト範囲の単語だった。これパッと出てこないのはまずいなぁ(^^;」

 

 

しばらくして、長男がリビングに来たので、試しに同じ質問をしてみました。

 

 

私「コンフィデンスの意味は?」

 

長男「信頼とか信用とか?」

 

 

お、当たり!

スゴイ!さすが大学生~

(^-^;

 

英単語力はまだ長男の方があるみたい。

 

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
宮川 幸久
旺文社
売り上げランキング: 394

先日の体育祭で久々に走った次男。

短距離はそこそこ自信があったのに、リレーで走ったたった100Mが最後まで体力が持たなかったっぽい。

 

スポンサーリンク


 

それは私が撮ったビデオを見返しても顕著に表れていて、最後の10Mくらいでバテて失速してました(;´∀`)

 

部活現役の頃は200Mもほぼ全力で走れたのにね。

部活を辞めたのが高1の3月。

辞めてから運動と言えば自宅から学校までの自転車通学と体育くらい。

そりゃあ、体力落ちるよね。

 

自分でも体力が無くなっていることはなんとなく分かっていたようですが、やはりショックだったみたい。

 

次男「オレ、やっぱり真面目に走ろうかな」

 

部活を辞めてから、時々思い立ったように走っていた次男。

時々とは本当に時々で、1~2ヶ月に1回位。

私のホットヨガより少ない。

 

去年あたりは10キロくらい走ってたようだけど、今は半分も走れないと言っていました。

 

そんな「時々」を改め、「週2~3位走ろうかな」と言うことらしいデス。

 

 

次男「だからランニングシューズ買って♪」

 

私「え・・・とりあえず家にあるのでやればいいじゃん。ろくに履いてないシューズが何足かあるじゃん」

 

次男「だって、家にあるのはかかとがあたって痛かったり、ちょっと小さかったり」

 

 

そうやって気に入らないと言っているシューズは、次男と一緒にスポーツショップまで出掛け、履いてみて次男が選んで買ったもの。

それなのにろくに履かずに放置されてます。

 

こういった前科があるので、きっと続きっこない「走る」ためにシューズなんて買ってあげたくないんだけど・・・

 

 

とうとう、とうとう息子の最後の体育祭です。

私は、子どものイベントの中で体育祭(運動会)が一番好きなんです。

 

振り返れば保育園の時。

パタパタ走ってる我が子に感動し、長男が年長の時の組体操は号泣してしまいました。「うちの子が真剣にやってる~」と、それだけで涙が止まりませんでした。

 

スポンサーリンク


 

遊戯系は毎年学年ごとにいろんな遊戯を披露します。流行りの曲にだったり、親向けにちょっと懐かしい曲にしたり。

先生のセンスで学年ごとにずいぶん変わります。

 

そんな中、息子の小学校は4年生だけ地域の伝統のダンスをするという決まりになっています。

なので、長男も次男も4年生の時は同じダンスをやります。

長男の4年の時のビデオを見ていた次男は、自分も4年になったときに同じダンスを踊るということで、超はりきっていました。

遊戯系は興味なかったのに4年の時だけは家で練習してましたもん。

 

この張り切り具合、親としてはしっかり録画しなくっちゃ!

と、私もはりきって出かけたところ、当日ビデオ壊れる

(;-;)

 

何も今日壊れなくてもーーー

 

とまあ、こんな事件も楽しい思い出です。

 

小学生の時のかわいい運動会も好きなんですが、中高生になった体育祭はもっと好き~

息子たちがどんどん力強くパワーが増して足も速くなってと、すっごくカッコイイ

(*^^*)

 

リレーで200Mを走り切る男子はとても輝いています。

 

長男は部活で毎日走っていた高2のときは大活躍でした。あんなに大人数の人に注目を浴びるのはもう一生ないと思う。

 

これは次男も一緒に見ていて、我が家では伝説の話になっています。

 

このときの映像は、なんと電池が無くなって取れていないという・・・ここぞという時に失敗ばかりの私です💦

映像がないからか、話がどんどん美化されてる気もします。

 

 

そんな楽しい思い出ばかりの体育祭、この楽しみは二度と味わえないなぁ。

寂しいけどこれが成長&子離れの第一歩ですねーーー

 

  • 雑談

台所の水道のハンドル部分が壊れました。

キュッと閉めたらハンドルの引っかかり部分がパキッと折れ、永久に回転。

開けた時じゃなくてよかった。

開けたときに永久に回転だと、水が出続けて元栓を閉めに行かなくてはいけませんから~

 

スポンサーリンク


 

我が家の水道は捻るタイプのハンドルです。

 

これ⇒

 

最近はこういったタイプの水道を使えない子どもも多いって「ほんまでっかTV」で言ってました。

捻れば水が出てくることを知らないんですって。

自動とかハンドルをクイッと下げるタイプのしか知らないんだって。

 

 

家の修理はお父さん

 

水道のハンドルが壊れたので、夫に伝えました。

私はこういった家の修理は夫にやってもらいたい。

お父さんというのはそういうのが出来るもんじゃない?いや、出来て当然だよね?という勝手な価値観を私は持っています。

 

最近はネットを探せば修理の仕方が動画付きで説明したものがあるので、自分で調べれば何とかなりそうですが、面倒だし、最悪、壊しちゃって私のせいにされるのも嫌だし。

 

夫はちょいちょいと何かいじって「治ったよーー」と。

しかし、使ってみまると、確かにとりあえず閉めたり開けたりは出来るようになりましたが、何か引っかかる。

ちょっと力を入れたらまた同じ現象になりそうな予感。

 

で、予感は的中。

3日後にまた同じ現象

(--;

 

ネジをちょいちょいと閉めるだけでは治りそうもありません。

この時は夫は仕事で遅くなりそうだったので、自分で何とかするしかありません。

 

 

「めんどくさいなぁ・・・どうしよう」

 

「そうだ、洗面台の水道も同じタイプだから、ハンドル部分を洗面台のと交換しちゃおう!」

 

 

私ってば天才!

台所の水道は無事治りました♪

 

 

私「とりあえずこれは応急処置。今度の休みの時でいいからちゃんと直しておいてね~」

 

夫にそう伝えて2週間ほど経っています。

このまま放置?

 

 

マンガで読み解く 人を動かす
D・カーネギー 歩川 友紀
創元社
売り上げランキング: 13,884

職場にはお弁当を持って行っています。

弁当箱は100円ショップで買った500ml容器です。

今の仕事を始めた8年前に購入したお弁当箱が未だに現役!気に入ってます。

 

スポンサーリンク


 

500mlのお弁当箱にご飯とおかずをいっぱい詰め込むと、カロリーが高くなるので、1/3ほど枝豆を入れるようにしたのが今から2年ほど前。

 

 

 

お弁当箱を小さくせずにカロリーを落とす

 

枝豆をお弁当に入れると、色がきれいだし、体に良さそうだし、保冷材にもなるしと、とても重宝しています。

(冷凍の枝豆をそのまま入れて、昼に食べるころにはイイ感じに解凍されています)

 

そんな枝豆とそっくりで枝豆より美味しくて体にいいという茶豆にすることもあります。

茶豆の方が少し割高なんですが、確かに枝豆よりおいしい。

 

ので、最近もっぱら茶豆にしています。

 

そしたらね、お弁当に入った茶豆を食べるとすっごく便通がいいの!

 

お弁当を食べ終わって30分位すると催す。

んで、トイレに行くとスル~って。

仕事柄、トイレにはすぐ行けるので、茶豆のおかげで最近、便秘知らず。

 

便秘でお悩みの方、ぜひお試しあれ。

 

どちらかと言うと理数系が得意かなと思っていた次男。

そんな次男が文系大学を選んだのは驚きでした。

 

私も長男もどちらかと言うと理系科目が得意なので、血は争えないな、なんて思っていたのに、文系を選んだのはビックリでした。

 

日本史がんばる!と言ってはいるけど、あんまり得意そうじゃなかったし。

凄く時間をかけて平均点ちょい超えくらいの成績だったし。

 

スポンサーリンク


 

私「え、文系にするの?次男ってば文系科目そんなにできたっけ?」

 

次男「日本史の先生についていけば塾に行かなくても大丈夫だと思うんだよね。それにオレって国語がそんなに悪くないし」

 

私「国語が悪くない?そうだっけ?文系は国語ももちろん大事だけど、英語が出来ないと致命的だよ?」

 

 

英語が極端にできないので、文系を選んだときは本当に心配しました。

大してできもしない日本史と、出来るんだか出来ないんだかよく分からない国語、超苦手な英語の3教科で勝負って大丈夫なの?って。

 

結局、高2の3学期で受験科目を日本史から数学に変えたときは、ちょっと安心しました。

今更?とも思いましたが、落ちつくとこに落ち着いたかなって。

 

 

それに、次男が言っていた「国語が悪くない」って話、本当だったみたいで、確かにそんなに悪くなさそうです。

 

国語って成績を上げるには長い年月がかかりそうなので、心配でしたが、何とかなるかも?

私も長男も国語は超ニガテたっだので、次男の「そんなに悪くない」って言葉、あんまり信用してませんでした。

 

私と夫の息子で国語が苦手じゃない子ができるなんて不思議。

義母に似たのかな?

 

  • 雑談

私が運転免許を取ったのが19歳の時でした。

今から30年前ーーー恐ろしく時が過ぎている

(--;

 

免許は現在、5年ごとの更新。

昔は3年ごとでした。

免許の更新は、更新期間に違反をしなければ近くの警察署で更新できます。

違反をした場合は試験場に行って更新です。

 

スポンサーリンク


 

私は30年間、一度も警察所で更新したことがありません。

そう、更新期間に1回、何かしら違反してしまいます。

スピード違反とか、駐停車禁止とか、通行禁止違反とか。

 

普段から違反しないように気を付けているのですが、ちょっと気を抜いた時に捕まってしまいます。

 

それが、今回は1回も違反してません!今のところ。

今年、更新月なのですが、このままいけば警察署で更新できそうです。

念願のゴールド免許まであとちょっと♪

 

私は毎日通勤で車を使うので、油断できません。

気を付けねば!

 

 

職場へは優雅に山道を通っていく

 

先日、職場に向かう時、山道で後ろから白バイが2台私の後ろに見えました。

 

「え?私ってばまた何かやらかした?」

 

免許更新時期が近付くと何かしら捕まっていた私。

ドキドキドキドキ

 

「やだーーずっとついてくる

(><)何かしたっけ??」

 

緊張が走りましたが、白バイは別の場所に移動しているだけのようで、私とは別の方向に走っていきました。

 

よかったよかった。

夢のゴールドまであと少しです。

 

ホームPage 1 / 3123