息子二人の母の子離れまでの道

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

記事一覧

希望大学が決まらないときは大学ランクで決めちゃえ

受験シーズン真っただ中ですね。
去年の今頃は長男の大学入試と次男の高校入試が重なっていたので、気が気でない毎日を送っていました。

 

インフルエンザになったらどうしよう

怪我したらどうしよう

 

そんなことばっかり考えてた気がします。

 

受験生の親のモヤモヤ感が伝わって来そうです。

 

スポンサーリンク



 

 

志望大学が決まらない

 

長男は何がやりたい、どんな学部に興味あるか?どこの大学に行きたい、など特にありませんでした。

 

それは大学入試時期になっても決められませんでした。

 

決まってたのはとりあえず大学生になりたい、ということ。

 

今思えば、ビリギャルみたいに最初は適当でいいから「ケーオー(慶応)」とか目標設定しとけばよかったかな💦

 

※ビリギャルでは主人公の女の子が志望校を慶応に決めたとき、慶応を知らなかった主人公は志望校蘭に「ケーオー」って書きました。

 

 

特にやりたい学部がないなら、大学名で選択してみては?

という予備校のアドバイスに賛同。

 

それぞれの大学の一番偏差値が低い学部を受験しよう、ということになりました。

 

そして、今までの模試の結果から受ける大学を決めます。

 

Cランク校がAorB判定。Bランク校がCorD判定です。

 

受験はセンター利用が2校、一般受験が5校受けました。

 

センター利用ではC、Dランク大学2校受験。

結果はDランク合格、Cランク不合格。

 

一般受験はCランク2校、Bランク3校受験。

結果はCランク2校合格、Bランク2校不合格、1校合格でした。

 

 

この結果を見ても分かるように、センター利用で受かる大学は、一般受験で受かる大学よりワンランク下の大学です。

 

こんなこと、知らないよね?

私は知りませんでした。なんとなく聞いてはいたけど、長男の結果を見て、やっと納得した感じです。

 

Bランク校は、模試の結果が良くてC判定だったので、いわば記念受験だと思っていたのですが、たまたま長男にとってやりやすい問題だったらしく、合格することができました。

 

Bランク校に受かったときは、家族中で驚きだったのですが、長男曰く

 

判定Cってことは30%合格ってことだから、3校受けて1校受かったってことは確率通りじゃん!

 

お~なるほど。

高校受験だとC判定って諦める範囲だけど、大学受験は30%受かるって考えなんだ!

 

と、確率論を目の当たりにしたのでした。

 

長男の場合はこんな感じでしたが、受験は人それぞれ。

都会に住んでるとか、田舎に住んでるとか、国立にするとか私立にするとか、文系とか理系とか、絶対医学部!とかもありますよね。

 

子どもによって考え方も環境も人それぞれ。

だから余計に不安になる。

 

もう、何でもいいから早く終わらないかなぁ~(;´∀`)

 

去年の今頃、私はこんなことを考えていたのを思い出しました。

 

 

合宿免許にしてよかったこと

典型的なバブル世代、昭和生まれの私にとって車ってちょっとしたステータスみたいなところがあった。

 

車に乗りたくてバイトして免許とって車買ってと、そんな大学生活を過ごしていた。

 

特に私は田舎出身だったので、車がないと不便な地域だったため、車に対する執着心は都会人に比べると強いのかもしれない。

 

そして、そんなバブル世代を母に持つ長男は典型的なゆとりっ子。欲がないし、向上心がないの。今あるものに十分満足しちゃってる。

 

免許なんていらないって言う。車の運転なんてしたくないらしい。

車なんてお金かかるし、渋滞するし、危ないし、無くても困らないし。

 

スポンサーリンク



 

確かにそう。

我が家は大都会東京の外れ、交通の便はかなり充実している。

車で移動するより電車を使う方が早いし確実です。

 

しかし、親としてはどうしても車の免許を取って欲しい。

 

長男が免許を持っていれば、送り迎えとか、送り迎えとか、送り迎えとか・・・

(^-^;

 

何かと便利なわけですよ。

 

とまあ、こちらの勝手な利便性ばかり並べましたが、一番の本音は「車の免許は取っておけば将来役に立つだろうから」です。

 

もちろん、車の免許なんて一生使わないですむ方もおられると思います。

特に東京に住んでると、車って必要なの?と思う人も多いと思う。

だけどね、やっぱり持ってる方が何かあった時、役立つはず!

 

その考えは私も夫も一致していて、長男をなんとか説得して免許を取ることを納得させました。

 

そして、長男の免許取得には合宿免許を選択しました。これ→免許合宿ライブ

 

 

合宿免許はだいたい2週間位、拘束されます。

 

教習所が用意してくれる宿泊先で寝泊まりし、それ以外はずーーーっと教習所にいるの。

 

拘束日程は取得免許に種類によって多少、差はあります。

 

長男の場合、オートマ限定だったのできっちり2週間。マニュアルだと2週間プラス2日位です。

 

2日位ならマニュアルでとっちゃえば?と思いましたが、本人がオートマがいいというのでオートマにしました。

 

まあ、これからマニュアルを運転する機会なんてまずないだろうしねぇ。

もしマニュアルが必要になった時は、後にとりに行けばいいしね。

 

 

 

合宿免許はなかなか快適だったようです。

ご飯は美味しいし、合宿所は一人部屋でWiFiもあるからネットし放題。

ちょっとした一人暮らし気分も味わえました。

 

合宿所の部屋は、一人部屋、二人部屋、四人部屋、など選べました。

人数が多くなればなるほど、ちょっと安いんですが、ここは奮発して一人部屋にしました。(奮発、と言っても1万円位)

 

人見知りの長男がよく知らない他人と2週間も同じ部屋で過ごすなんてストレス溜まるだろうな~と思ったので。

 

同士が一緒に過ごせば、仲良くなって心強い、ということもあるとは思いますが、長男にはおそらくそれは合ってない。

 

基本、一人でいることの方が苦痛ではないので、この選択肢はドンピシャでした。

 

結果、2週間、快適に一人暮らし気分を味わい、無事に教習所を2週間で卒業。

 

長男曰く、「運転技術はかなり酷いんじゃないかな?合宿じゃなかったら卒業できなかったかも」と、怖いことを言う。

 

なにはともあれ、合宿免許にしてよかったです。

多分、自宅から教習所に通う方を選択してたら、途中で挫折した気がする(^^;

 

 

免許合宿の人気ランキングが地域別、職業別、性別、プランごとに見れます

 

 

子どもは信頼はするけど信用はしない

我が家の息子は二人ともわりと近めの学校に通っています。

 

長男が自転車で45分、次男が自転車で30分位のところ。

 

スポンサーリンク



 

この時間が長いと感じるか短いと感じるかそれは個人差があると思いますが、息子たちは公共の交通機関をの選択肢もある中、自転車で通ってます。

 

私は自転車で30分なんてムリ(^-^;

 

 

次男はだいたい朝8:50頃出ていきます。

私は8:45頃。

 

ちょっとだけ私の方が早いです。

 

でも、できれば私より先に出て行って欲しいんです。

ほんとは次男が学校に行った、というのを確認してから仕事に行くのが理想です。

 

だけど、学校が近いのでどうしても私の方が先になってしまう。

もうちょっと遠い学校のほうが良かったかも、なんて時々思います。

 

 

私、基本的に子どもって信用してないんですよね。

信用はしてないですけど、信頼はしてますよ。だけど信用はしてない。

 

信用: 確かなものと信じて受け入れること。それまでの行為などから、信頼できると判断すること。

信頼:信じて頼りにすること。頼りになると 信じること。

 

ビミョーな違いで分かりにくいかもしれないですね。

 

親の目がなくなったら子どもなんてサボるもの、と思っています。

 

中には親が見てなくても頑張れる子もいると思います。親が放っておいても自分のことは自分できっちり出来る子ももちろんいると思いますが、我が家の息子たちは絶対サボると思う。

 

特に高校生くらいになると親の目が行き届かなくなるので、よいしょよいしょ子どもたちの行動をチェックしないと、どんどんどんどんぐーたらでだらしなくなると思う。遅刻とかしまくりなんじゃないかな

 

 

子育てママの話の中に、子どもが小さいときは「いってらっしゃい」と「おかえり」を言ってあげたい、ということがよく出てきますが、私は大きくなった子どもこそそれが必要なんじゃないかと思っている。

 

 

子どもは大きくなったら手をかけるんじゃなくて目をかけないといけないよ、って。

 

 

で、何が言いたいかと言うと、もうちょっと遠い学校が良かったかも、なんて時々思う。

 

 

ついでに長男のことを言うと、長男は大学生で、出るのが昼近いこともよくあるため、ちゃんと学校に行ってるか心配は心配。

 

だけど、なるべく気にしないように頑張っている。さすがに大学生は本人次第だろ、と頭では分かっている。

 

どこまで過干渉なんだ私は(--;反省