節約主婦の試行錯誤日記

節約主婦の試行錯誤日記

大学生と大学受験生の息子の母です。ワーママ歴20年超!節約、ポイント、貯金、お金好きな主婦のブログ。教育費がすごいことになっています。

記事一覧

A4サイズのカラーボックスでファイル類をスッキリ収納

長男の部屋には収納がないので、教科書やノートがぐちゃっと置いてあります。

 

 

こういった教科書やノート類は、以前は勉強机に収納してましたが、最近は、勉強机は使わなくなりました。

 

そこで、少しでもスッキリさせたくてカラーボックスを購入することにしました。

 

購入するにあたって、注意したいのが「一般的なカラーボックスはB5サイズ」ということです。

 

スポンサーリンク



 

 

一般的なカラーボックス(B5)は小さい

 

ホームセンターなどで売っている一般的なカラーボックスはB5サイズのものが多いです。

 

B5サイズというのは、大学ノートとか、ジャポニカ学習長とか。

学校のプリントもB5サイズが多い。

 

だけど、最近はA4サイズのものが多いです。

クリアファイルやパソコンで使うプリンタの紙もほとんどA4です。

それに伴って最近のランドセルは「A4も入る~」が売りだったりしますよね。

 

A4サイズはB5より一回り大きいです。

なので、普通にカラーボックスを購入すると、A4サイズのものは横に収納しないといけなくなります。

 

ノートやファイルを横に収納すると取り出しにくいし、使いにくいです。

 

そこで、あまり一般的でないA4サイズのカラーボックスをアマゾンで購入することにしました。

 

カラーボックス A4

 

A4サイズのカラーボックスの方が4~500円高いかな。

それでもカラーボックスは数千円で買えるのでとってもリーズナブルです。

 

組み立て式でしたが、私一人で完了。とってもカンタン♪

 

A4のカラーボックスはB5より少し大きいはずですが、全然気になりません。

 

これで少しはスッキリするかな~

(*^^*)

 

 

カラーボックスで物がスッキリ?

 

長男の部屋にカラーボックスを置いたのが5月頭。

 

私「あとは自分で片づけてね」

長男「おう!」←いいお返事

 

そして現在、1ヶ月が過ぎました。

こんな感じ。

 

 

なんか・・・全然活用されてない

(--;

 

部屋がスッキリするかしないかはハード的な問題ではなくソフト(長男)の問題だったみたい。

 

これらがきれいに片付く日は来るのだろうか?

 

高校生の息子に察してちゃんは通じるのか?

次男が中学生になってから、私はほぼ毎朝お弁当4個を作っていました。

夫、私、長男、次男の4人分です。

 

スポンサーリンク



 

 

お昼はお金を使うよりお弁当

 

私はお弁当を作ることは家事の中であまり苦にならない方です。

 

 

夫は都心に通うサラリーマンなので、お昼を外で食べるとなると、1000円近くかかってしまいます。そんなにお金をかける方がストレスです。

 

なので、お昼を外食したいなら家計から300円まで出すことにしています。足りないなら自分のお小遣いから出してね、と。

 

300円!足りるの?Σ(゚д゚lll)

と思うかもしれませんが、コンビニで腹持ちのいいパン2個買えるしね。

多分、私のお弁当のコストが300円位だと思うし。

 

で、ずーーっとお弁当だったんですが、高2の次男が高2になってから学校の購買でパンにしたい!と言いだしました。

 

育ち盛りの高2にパンかぁ・・・

 

と思いましたが、本人の意思を尊重。

すぐ飽きるかな、とも思ったし。

 

 

既製品が好き

 

現在、次男がお昼をパンにしてから2か月ちょっと経ちましたが、全然飽きない様子。購買のパンが結構気に入っているみたい

(´・ω・`)

 

長男はご飯が好きだけど、次男は既製品が好きだからなぁ・・・

 

コンビニのポテトとかサンドイッチとかお菓子とかが大好物。

しかもいつも同じもの食べてる。

 

最近、コンビニでバイトも始めたので、晩ごはんもコンビニで残ったお弁当がもらえるらしく、嬉しそうに食べてくるんですよね。

 

こんなんで栄養的にどうなんだろ?

ちょっと失敗したかな、と思っています。

 

だけど、強制的にお弁当にしたくないんですよね。

できれば次男本人から「お弁当作って」って言ってもらいたい。

 

 

現在、次男がお昼はパンなので、お弁当は3つ作ってます。

お弁当作りはあまり苦にはなりませんが、4個作ってた時はさすがにちょっときつかった。

 

なので、次男がパンになったことで助かってはいますが、母としてはちょっと寂しいって気持ちもある。

 

こんな複雑な心境は次男には届かないだろうなぁ。

 

「栄養的に大丈夫かなぁ?」

「肌に悪いかも~」(ニキビを気にしてるので)

「大きくなれないかも?」(背が小さいので)

 

なんて遠回しな言い方しちゃってます。

 

今の私は正に「察してちゃん」ですね。

私自身、察してちゃんはすっごくキライなタイプなんですが、やっちゃってますね

(^^;

 

はっきり言った方がいいのかな(悩)

 

大学の寄付金の控除額が高くてビックリ!

長男の通う大学から「寄付金のお願い」という手紙が届きました。

1口5万円で「2口以上の寄付をお願いします」だそう。

 

スポンサーリンク



 

 

寄付金にかかわる税制上の優遇処置

 

所得税の控除

 

税額控除制度または所得控除制度のいずれかの制度を選択できます。

 

税額控除制度:税額控除は税率に関係なく所得税額から直接控除するため、所得控除と比較して多くの方において、減税効果が大きくなります。

 

(年間の寄付金合計額※1) - 2,000円)× 40% = 所得税控除額※2

⇒ 所得税から控除

 

※1:年間の寄付金合計額が年間総所得の40%を超える場合には40%に相当する額が限度額となります

※2:所得税控除は、所得税額の25%が限度となります。

 

所得税還付金の目安

寄付金額 10万円 20万円 50万円 100万円
課税所得金額 税額控除制度 所得控除制度 税額控除制度 所得控除制度 税額控除制度 所得控除制度 税額控除制度 所得控除制度
500万円 39.200 19,600 79,200 39,600 143,125 99,600 143,125 199,600
700万円 39.200 22,540 79,200 45,540 199,200 114,540 243,500 229,540
1千万円 39.200 32,340 79,200 65,340 199,200 164,340 399,200 329,340

※上記還付額目安は参考としてください。

 

 

住民税の控除

東京に住んでいる個人の人は、個人住民税の寄附金税額控除を受けることができます。詳しくは所轄の税務署へ。

 

 

寄付金を払わないと不利益になる?

 

 

一般的なサラリーマンは税額控除制度の方がだんぜんお得です。

一部、高額所得者は所得控除制度のほうがお得なので、「選べる」という制度にしています。

 

このような寄付がサクッとできる家計ならいいんですけどね。

サクッとできる人が「所得控除制度」を選ぶんでしょう。

 

 

こういったお便りが届くと、

 

●寄付金、払わないと子どもに何か不利益があるのかな?

●払った方が何か優遇してもらえるのかな?

 

などと考えるかもしれませんが、

そういったことは一切ないようです。(ネットで調べてみた)

 

寄付金によって単位がとり易くなるとか、卒業しやすくなるとか、いい就職先を推薦してくれるなら、寄付金ではなく賄賂のたぐいになります。

 

「できれば2口からお願いします」と書かれていても、もちろん、1口の寄付でも構いませんし、寄付しなくても問題ありません。

 

「寄付」だから、大学も「依頼」しているのです。
「寄付」はあくまで「寄付」です。
「依頼」はあくまで「依頼」です。

 

もちろん、「お世話になる大学だから寄付したい」という純粋な気持ちがあるなら、寄付をすれば良いと思います。

 

上の表を見ると、年収500万のサラリーマンが税額控除制度で10万円寄付すると39,200円戻ってくる計算になります。

 

10万円で39,200円戻る還付金ってすごいなぁ~と思ったのですが・・・

 

しかし、今のところ、我が家は学費だけでいっぱいいっぱいなので、寄付は遠慮させていただきます。

 

いつかは私もサクッと寄付できるタイプの人間になりたいとは思っているんですけどね

(^^;