息子二人の母の子離れまでの道

息子二人の母の子離れまでの道

大学生と高校生の息子の母です。ワーママ歴20年超!手がかかる子育ては終わりましたが、心配事はエンドレス。

記事一覧

大学での友だち作りは難関

長男、大学生活4ヶ月目に突入しました。
未だに友達はできない。
それでも大学は真面目にちゃんと行ってるし、課題もやってる様子。
友達がいないので、自分でなんとかするしかないと頑張っているんだと思う。

 

友達ができないということに最初はずいぶん心配したけど、そんな長男の様子を見ていると、まあ、大丈夫かなと最近は思ってます。
なんとかなるかなって。

 

そんな長男、最近は友達が欲しいなと本気で思い始めてる気がします。
最初は友達ができない、と言いながらも、自分の中で殻を作ってるように見えたんですが、最近はその殻を破ろうとしてるように見える。

具体的にどんなところがそう思うのかと言われると分かんないんだけど、なんとなく言葉の端々にそう感じるんです。

 

今のところ、後期にある学祭に参加したい!という目標を立ててるっぽい。
学祭なんて、どこかの部活かサークルに入ってないと参加できない気がするんだけど・・・どうなんだろ?

 

目標達成できるといいねー(^_^;)

長男が学祭に参加しようがしまいが、私は次男と学祭に行くつもりーー♪

 

長男は小中学生の時にできた友だちが本当に濃くて、今でも一緒にいることが多くて、彼らと同じくらい仲良くできる人じゃないと友だちとは呼べないと思っている節がある。

学生時代の友だちなんて、同じクラスになってちょっと顔見知りでちょっと雑談したら友だちでもいいんじゃない?と軽く考えればいいと思うんだけど(*´з`)

 

それでも、高校時代も予備校時代も基本「ぼっち」で過ごし、友だちが欲しいなんて言わなかったのに、大学になって欲しいな、と思うようになっただけでも上出来。

そう思うようになったならきっと大丈夫。

 

・・・と思う(;´∀`)

 

高校の保護者会に参加する意味

高校の保護者会みたいなのに行ってきた。
保護者会みたいなのとは、カウンセラーの先生と保健室の先生と1~3年生の親が雑談という感じ。
1~3年、全校生徒が1000人位いる中、集まった保護者は全部で10人位。
驚きの少人数(;・ω・)

各言う私も、長男のときもこのイベントはあったらしいけど、行ったことがないので、そんなもんかもしれない。(このイベントの存在すら知らなかった)

 

長男のときは保護者会は一度も行ったことはなかったし、それでいいと思ってた。
代わりと言っちゃーなんだけど、体育祭と文化祭は必ず行ったし。(行きたくて)

 

と、御託を色々並べてますが、私は保護者会は好きじゃないけど、保護者会に行かないことが後ろめたいようだ。
ママ友が「保護者会で仕事休みまなきゃ」と言ってるのを聞くと、気持ちがザワザワする。

 

行くの面倒だなぁー
強制じゃないし、○○さんも行かないって言ってたし、私も行かなくてもいいかあー
と、何年も続けていると、そのうち子ども達が私の思う通りに動かないことや、何か問題が起きたりして

 

あぁ、ちゃんと保護者会、行っておけば良かったなぁ

 

と思うことが多々ある。
例え保護者会に行っていたとしても、その問題は勃発したかもしれない。いや、きっと勃発したと思うんだけど、後ろめたいくらいなら、行っとけば良かったなと。

 

現在の私はそんな思考回路をしているので、今回の保護者会みたいなのに参加した。

あわよくば、誰か仲良くなれるかな、なんて思いましたが、残念ながらそんなことは全くなく、別に行かなくても良かったかもな(^_^;)

 

話ベタで、人間的魅力がない私がたった数時間一緒にいただけで友達ができるわけがない。こういうのは何度も顔を出して、相手に顔を覚えてもらって・・・という努力が必要。

 

いい加減な性格の私にはなかなかキツい( ;´Д`)

 

自宅で環境を整えても勉強はできない

高校生の次男、期末テストに突入しました。
今回は7/1(金)~7/6(水)の4日間。土日挟んでの定期テストは時間に余裕ができてしまいます。

明日から、じゃなくて「今から」でしょ!

昨日(土曜日)は1日ほとんど勉強せずに過ごした次男。

次男「明日からやる~」

って一番ダメなパターンじゃん(--;

次男「だって暑くて全然やる気おきないんだもん。クーラー買って♪」

確かに昨日は暑かった。
次男の部屋にはクーラーはない。
クーラーがないとサウナのような部屋だ。
だけど、クーラーがあるリビングと隣接しているので、ふすまを開ければそこそこ過ごせるようになる。

そう、クーラーをつけることで、次男がその部屋に引きこもりそうで嫌なのだ。
それに、たとえクーラーをつけたとしても、勉強なんかできないと思うんだよね(長男談)

自宅だと、集中して勉強できない。
ネット見たり、ラノベ読んだり、昼寝したり。

ということで、次男の部屋にクーラーどうしようかな、と一瞬考えましたが、やっぱり却下。

結局、昨日は勉強を全くしなかった次男、今日は近くの図書館へ出かけていきました。
図書館でスマホいじってないといいけど
(;´∀`)

 

偽善者の話「弱い人に親切にできる私を見て」

長男は中学生時代はやんちゃで、学校ではいつも騒いで、勉強もぜんぜんしない、できない子でした。

 

優等生タイプにちょっと煙たがられるタイプ。

真面目な子が授業やイベントを一生懸命やってるのに、チャチ入れてふざけられるとイラッとしますよね。

 

スポンサーリンク



 

ダメな人にも優しくできる私

 

そんな不真面目な長男に話しかけてくれる優等生もいるらしい。

長男はそういった優等生に話しかけられるとちょっとうれしいらしい。

 

 

私「あ~いるいる、そういう優等生。ダメな人にも優しくできる私を見て♪タイプでしょ?こういうタイプの人って、道にゴミが落ちていて拾うとき、必ずだれか見てないかなって確認しちゃうらしいよ。」

 

長男「え?自分のゴミでもないゴミを拾うなんて、他人の目がなければ普通やらないでしょ?他人の目がなくてもやれるほどの偽善者の方が怖いけど」

 

 

おっと、長男のこんな意見を聞いてちょっとビックリ!

 

んんん?そうなのか?

いやいや、私は他人の目を気にしてゴミなんか拾わないよ。拾いたいから拾うだけ。でも私自身は偽善者だなんてこれっぽっちも思わない。何か違う気がする。

 

 

だれもが偽善者になる本当の理由
だれもが偽善者になる本当の理由

 

 

あぁ~そうか私は他人の目なんかほとんど気にならないタイプで、自分のやりたいことを全うするからだ。

 

ゴミを拾うのもゴミが落ちているのが嫌だから拾うだけ。落ちているのが嫌な状況じゃなかったら人が見ていようが何しようが拾わない。

 

 

しかし、長男は周りの目をものすごく気にするタイプなんだと思う。

 

だからゴミが落ちていたら、他人が見てれば拾うけど、見てなかったらほっとく、いや多分、ゴミを蹴っとばすくらいするかも、なんだって。

 

ほぉ~長男は我が道を行くタイプ、どっちかというと私に近いタイプなのかと思ってたから、すっごく意外でした。

 

20年近く一緒にいるけど、まだまだ分からないことがあるんだなぁ。

 

いや、分からないことはこれから増えてく一方なんだろうな。

 

ちょっと寂しいけど、こうやって少しずつ親離れするんだろうな・・・
(´・ω・`)