記事一覧

美味しいお米は人それぞれ。ご飯好きな我が家のお米事情

お米、ご飯が大好きです。

夫と長男が。

 

ご飯が大好きなわりに、こだわりがありません。

 

炊きたてご飯よりレンジで温めた前日のご飯を好んで食べたりします。

炊き立てだと熱すぎて食べにくいし、ベタついている感じがするそうです。

特にカレーや丼物に炊き立てご飯は嫌がります。

 

スポンサーリンク


 

また、高価なお米だろうと、安いブレンド米だろうと気にならないようです。

実家から送っていただく美味しいお米からスーパーで一番安いお米に変えても全く気が尽きません。

 

古米から新米に代わっても全く気がつきません。

私も「今日は新米だよ~」なんて言わないからかもしれませんが、言わないと気が付かないならそんなもんです。

 

 

毎日お弁当にご飯を詰めますが、それも全く気がつきません。

美味しいお米は冷えたら全然違うよ、と聞いたことがありますが、我が家は冷えても同じようです。

 

 

そんな我が家、先日、夫の実家から玄米30キロを送っていただきました。

ありがたい、ありがたい。

お米はあっという間に無くなるので、とっても助かります。

 

夫と二人で精米機に持って行って30キロ一気に精米。

精米は食べる直前にするのが一番おいしいらしいのですが、もちろん我が家はそんなの関係ありません。

30キロも1か月くらいでなくなっちゃうしね。

 

そして、精米した30キロを持って帰って米櫃に入れようとしたら夫が

 

「混ぜたらブレンド米になって味落ちるじゃん!」

 

と、突然怒り出す。

 

私「・・・え?・・・えっとー、お米の味ってそんなに気にする人だっけ?」

 

 

どうやら、米櫃に残っていたお米とつきたてのお米を混ぜるとお米の味が落ちるので気に入らないらしいです。

 

 

 

いやいやいや、あんたぜったい気が付かんでしょ?

(;´Д`)

 

とりあえず夫の前で混ぜるのはやめとこ。

言わなきゃ分かんないっしょ。

 

お米はふるさと納税で購入がオススメ

WordPressを更新したら超使いにくくなった

  • 雑談

このブログはWordpressというのを使っています。
独自ドメイン取って、サーバー借りてって。

 

ブログを書いている先駆者たちが口をそろえてWordpressがいいよ、と言うので、そんなもんかなとあまりよく考えないで使っています。

 

WordPressのことはほとんど(いや、ぜんぜん)分からないのですが、時々、「更新」してました。

 

で、おととい、久々に更新してみるかな、なんて適当に更新ボタンを押したところ、編集エディタが超使いづらくなってて、慌てた私はなんとか打開策を検索しましたが、どれも今一つ。

 

いろいろいじくっていると、ブログ自体が消えちゃって「このページは動作していません」ってなっちゃって
(;-;)

 

今まで使っていたKaetenというテーマをStingerというのに変えたらなんとかブログは復活しました。
なので、Kaetenで使っていたコードが記事途中に残ってますが、消すの大変だし、そのまま放置
(--;

 

WordPressのこと、もうちょっとちゃんと勉強しないとダメなのかな、とも思った。
メンドクサイな・・・

 

 

(2018.12.22追記)

Kaetenに問い合わせしたところ、Kaeten作者さんが直接見てくださり、直りました。

ほんと良かった、ありがとうございます。

 

WordPressもVer5からVer4に戻しました。

とりあえず、マニュアルが世に出てくるまで更新ボタンは押さないようにします。

 

怖い怖い。

 

 

 

母が忘年会で出かけるときの家の晩ご飯を大学生の長男にお願いしてみた

今度、職場の忘年会があります。

 

あまり行きたくないのですが、総務なので忘年会と言えど半分仕事みたいなもの。

「行かない」とはっきり言えないので、右に習えで参加します。

当日の晩ご飯は大学生の長男に頼んでみました。

 

スポンサーリンク


母
今度、母は仕事で忘年会に行かないといけないから、晩ご飯は長男頼むね

 

長男
長男
えーーご飯は炊いてもいいけど

 

母
得意の豚丼とかそぼろの材料があるから。あとお味噌汁作れば十分!

 

長男
長男
次男にやらせよう。

 

母
次男は勉強があるから(次男は大学受験生)

 

ということで、交渉成立してませんが、きっとやってくれることでしょう。

なんだかんだ言って、頼られるの嬉しそうなんですよね
(*^^*)

歯の治療期間は長いのでコツが必要。今度こそ挫折しないでしっかり通院する方法

先週末、奥歯の被せ物がとれちゃいました。

奥歯にすっぽり穴が。

 

しかし、特に痛くありません。

放っておいても大丈夫かな、と思いましたが、念のためかかりつけの歯医者に電話してみました。

 

私のかかりつけの歯医者は祝日以外は診療しているので、とても助かります。

 

 

私「詰め物が取れてしまったので、診ていただきたいんですけど・・・」

 

スポンサーリンク


 

歯医者ってどこも予約で埋まっているので、飛び入りはよっぽど深刻でないと後回しにされちゃうかなと思いましたが、隙間時間に見てくれる先生でよければと言っていただきました。

 

隙間時間ができる時間がはっきりしないので待ち時間がいつもより長くなってしまうかも、というのと、

 

私の主治医が開くかどうか分からないのでいつもの先生ではなくなるかもしれませんがよろしいですか?

 

とのことでした。

 

休みの日だったので待つのはOKだし、歯さえ治れば問題ないので、ドクターにこだわりはありません。

 

 

抜歯は逃げた

 

歯ってね~痛くなったりしないと、ついほったらかしにしがちです。

 

小学校低学年の時、変なところに生えてた歯があって、歯医者さんに「次回、抜きましょうね」と言われ、そのまま怖くて逃げました。

 

だって、全然痛くなくてしっかり生えている歯を抜くなんて、すっげー痛そうじゃないですか!

 

低学年の幼い私にはとてもとても怖くて。

 

結局、高学年のときに抜いたんですけどね。

確か3年は要した気がします。

 

ペンチみたいなのを使ってぐいぐい抜かれた記憶があります。

 

 

初めての歯の激痛

 

あと、歯の治療ってすっごく長い期間が必要です。

1本一本、ちょっとずつ、ちょっとずつ治療します。

 

6年前に歯の激痛に襲われたことがあります。

この時、歯の激痛は初めての経験でした。

 

このときばかりは

 

「これかから歯は大切にしよう!歯がしっかり治るまできちんと通院しよう!」

 

と心に誓ったのですが、この駆け込んだ歯医者さんが人気の歯医者さんで、次の予約が取れるのが3週間後とかだったので、すっごく長い期間がかかりました。

 

あんまり間が開くと予約取ってるの忘れちゃったりするんですよ。

 

予約をすっかり忘れてすっぽかし、再度電話しにくくなって、2か月とか開けちゃったり。(結局、電話するんですけどね)

 

結局、この治療には1年~2年近くかかった気がします。

 

 

今度こそ

 

いつも歯の治療を始めるときは

 

「次はしっかり行かなくちゃ!」

 

と心に誓うのですが、しばらくするとメンドクサクなっちゃう。

 

今回の治療は被せ物が取れただけで痛くないので、意志の弱い私がきちんと通えるか心配・・・

 

うん、でもきっと今度こそ大丈夫。

今回担当してくれたドクター、めっちゃタイプ♪