食にあまり興味がない長男。

1食1食、おいしいもの、食べたいものを食べたいという欲求が人より薄い。

 

スポンサーリンク



 

例えば、自宅にいる時、ラーメンが食べたくなったとする。

 

自宅には長男の好きな生ラーメンに、もやし、チャーシューがすべて揃っている、

あとはラーメンを茹でて作るだけ。

 

しかし、冷蔵庫を見ると、ご飯と納豆がある。

ご飯と納豆ならご飯を温め納豆をかけるだけ。

 

この二つを天秤にかけると、手がかかるのは明らかにラーメンの方だけど、大した手間ではない。洗い物は長男の頭の中には無いんだし。

 

それでも食べたいラーメンより簡単な納豆ご飯を選択するのが長男。

要はお腹が膨れればそれでいいのだ。

 

次男だったら絶対ラーメンを選択する。もやしが無かったら買いに行くだろうな。

 

 

 

先日、長男がカレーの作り置きを食べようとご飯とカレーをお皿に盛ってレンジで温めた。トッピングのゆで卵が置いてあったので、それに手を伸ばすと、ラップがかけてあった。

 

ラップを外すのが面倒だったので、トッピングのゆで卵は諦めたらしい。

 

ラップを外すのが面倒って・・・
(*´Д`)