歯医者に行くの面倒だなぁ・・・

 

歯が痛くなってどうしようもなくなったら飛んでいくくせに、痛くなくなったら行くのがめんどくさくなります。

 

スポンサーリンク



 

 

歯痛で耐えられない

 

私が歯痛でどうしようもなくなったのが4年前の夏。

 

私は「痛い」と言う経験がほとんどなかったのですが、この時は痛みに耐えられなくなり、初めて痛み止めの市販薬バファリンを飲みました。(痛み止めと言えばバファリンしか知らなかった)

 

最初の2~3日はバファリンで治まったのですが、暫くすると飲んでも歯痛が治まらなくなりました。

 

薬を使わないといけなくなった時点で、すぐ歯医者に行けばよかったのですが、その時丁度お盆時期で、かかりつけの歯医者が長期の休みに入っていたため、それまで薬で我慢しようと思いました。

 

そうしたら薬も効かなくなって、仕方ないのでお盆でもやっている歯医者を探したところ、徒歩2分のA歯医者が開いていたので電話して駆け込みました。

 

 

私「痛くてどうしようもないのでとりあえず薬だけでも・・・」

 

A歯医者「予約の患者さんの合間に診れますよ。ただ、合間合間なので時間がかかりますが、それでもよければ」

 

 

おぉ~天の声

(;▽;)

 

私「時間なんて全然大丈夫です。お願いします。」

 

そして、A歯医者さんで無事治療をしてもらい、痛みは治まりました。(ヨカッタ)

この時ばかりはA歯医者さんが神様のように感じたなぁ。

 

 

痛み止めの代表ロキソニンで年越し

 

A歯医者で治療後数年経った去年の年末、今度は別の歯が痛み出しました。

 

この時、年末でA歯医者はお休みに入っていたため、駆け込めませんでした。(何で私の歯はお盆とか年末とかロングな休みの時に痛くなるんだ!?)

 

このときはロキソニンの存在を知っていたので、ロキソニンで何とかごまかしました。

バファリンよりロキソニンの方が痛み止め効果は高いようで、年明けまで何とかごまかせました。

 

ほんとに痛みが酷くなってきたけど、A歯医者の年初めは1月5日。1月5日までロキソニンでごまかすの辛いなぁ・・・と、1月4日から開いている歯医者を探したところ、駅前のB歯医者が見つかりました。(車で10分)

 

そして、A歯医者に駆け込んだときと同じようにB歯医者に電話すると、やっぱり同じお答え。

 

「お待ちいただく時間が長くなるかもしれないですけど、それでもよければ」

 

と言ってもらえました。

もちろん、歯が痛くて他に手が付かない状態だったので、ぜひぜひと治療していただきました。

 

治療していただいたおかげで痛みは引き、今度はB歯医者で治療開始、現在もB歯医者で通院しております。

 

スポンサーリンク



 

このように、歯が痛くてどうしようもなくなった時は歯医者さんにその旨を訴えれば、予約なしでも診てもらえるようです。

もちろん全ての歯医者さんがそうだとは限らないですが・・・

 

歯医者もさすがに辛そうな患者を放っておくことはできないのかな。

 

歯医者って予約で埋まっていて、駆け込んでも診てもらえないというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはない歯医者さんもいっぱいあると思いますので、我慢しすぎず、駆け込むのもいいかもしれませんね~