ハンバーグをよく作ります。

 

玉ねぎは20年前に買ったみじん切り器でみじん切り、

ニンジンは結婚式の引き出物でいただいたすりおろし器でおろします。

 

スポンサーリンク


 

玉ねぎは大きめを2個みじん切りにし、ニンジンは1本すりおろします。

 

 

この作業、力を使うのでしんどいです。

なので、夫か長男か次男にやってもらいます。

 

私は出来上がった玉ねぎとニンジンをひき肉に入れて混ぜるだけ。

長男はひき肉に手を突っ込んでコネコネする感触が気持ち悪いからニンジン擦るほうが好きなんだそうです。

 

私は全く気にならないので、うまく役割分担できています。

 

 

一人でハンバーグ作りはキツイよ

 

先日、晩ご飯をハンバーグにしようと思い、長男を待っていたけど、全然帰ってこない。

この日は夫も次男も遅いのは分かっていたので、長男頼りです。

 

しかし、長男も一向に帰ってきません。

 

ふー仕方ない・・・

 

 

仕方ないので、私が頑張って全部やりました。

ホント、一人だときつい~

(><)

 

ある程度ハンバーグの種は出来上がり、最初の3個を焼いている途中で長男が帰ってきました。

 

 

私「遅いよーーーもう作っちゃったよ~」

 

長男「火曜はいつもこんな時間なんだよ」

 

私「母、これ、全部一人でやったの!頑張ったでしょ。ありがとうは?」

↑恩着せがましい

 

長男「え、あぁ、ありがと。」

 

私「そうじゃなくてもっと感情込めて『うぉ~すげー一人で作ったんだ~助かるぅ~ありがと~うまそーー』って褒めて」

↑恩着せがましい

 

長男「・・・・いや、口で言っても味変わんないし」

 

私「いやいや、言葉って大切だよ。ちょっとした言葉一つで他人は気持ちよく働くんだから!」

 

 

言葉って本当に大切だと思います。

ちょっとしたことでも「ありがとう」って言えると、人間関係が円滑に進みやすくなると思うの。

 

最初はぎこちない「ありがとう」でも、恩着せがましく言わせた「ありがとう」でも、何回も使ってると自然に「ありがとう」って言えるようになると思うんですよね。

 

今回、長男は私の相手がめんどくさくなって放っておかれましたが、いつか「母が言ってたのはこれか!」と分かる日が来ると嬉しいな。